従業員満足度福利厚生

2021 10.08

その他

「働きやすい職場環境」とは?特徴や事例などをご紹介

よしふみ
「働きやすい職場環境」とは?特徴や事例などをご紹介

企業が働きやすい職場環境であることは、職種・職業を問わず重要です。そのため、多くの企業が働きやすい職場環境を目指してさまざまな取り組みを行っています。しかし、結局のところ働きやすい職場環境とは一体どのような空間なのでしょうか。

そこで今回は、働きやすい職場環境で得られることや特徴、事例などを紹介して働きやすい職場環境がどのような空間なのか探っていきます。
職場環境について改めて考えたい方やどのような職場環境が働きやすいのかを知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそも職場環境はどこまでが範囲?

そもそも職場環境というのは、どこまでの範囲を含むのでしょうか。
あまり知られていませんが、職場環境とはオフィスの広さはもちろんのこと、周囲の騒音や照明の明るさ、働く人同士の人間関係なども含まれます。物理的なもの以外も該当するため、幅広い視点から考えなくてはなりません。

仮に社内で問題が発生したら、きちんと職場環境がどこまで範囲なのか知っておかなければ、根本的な解決に繋がりません。実際、人間関係が問題となっているにもかかわらず、レイアウトを変えるという対策を行っても解決には繋がらないでしょう。
きちんと職場環境の範囲を知っておけば、物理的なものだけではなく、精神的な観点からも問題点を見つけやすいのです。

働きやすい職場環境で得られること

人によっては、「別に仕事ができる場所さえあれば良いので、わざわざ働きやすさにこだわらなくても…」と思う方がいるかもしれません。確かに、どこでも仕事ができる方にとって、職場環境は関係のない話かもしれません。しかし、そのような人は稀な存在であり、多くの方は働きやすい職場環境を求めています。
そのうえで、働きやすい職場環境にすることで得られることとは何なのでしょうか。

離職率の低下

働きやすい職場環境であれば、ずっとこの企業で働きたいと思うようになるものです。結果的に離職率が下がり、定着率が上昇します。優秀な人材の流失や人材のリソース不足などの問題に解消されるため、生産性の低下も防げるでしょう。

一方で職場環境が整備されていなければ、多くの従業員が働きにくいと思うことでしょう。これでは、さらに働きやすい企業へ転職したり、仕事に対するパフォーマンスが低下したりと、マイナスな効果になってしまいます。

仕事へのやる気向上

職場環境は、従業員のやる気にも大きく影響を及ぼします。仮に多くの人が業務をサボっていれば、真面目に仕事をしている従業員はバカバカしくなってしまうかもしれません。段々と仕事へのやる気を失ってしまうでしょう。企業全体の生産性も低くなってしまうため、このような状況はどんな企業も防ぎたいはずです。

従業員のやる気を向上させるためには、職場環境の改革が有効的です。働きやすい職場環境にすることで、集中して業務に取り組むことが可能。職場環境におけるストレスがなくなるため、従業員のやる気が下がりにくくなります。

コミュニケーションの活性化

社内コミュニケーションは、企業で働くうえで欠かせないものです。コミュニケーションが不足してしまうと、スキルアップの機会を失ったり、従業員が仕事をサボりやすくなったりする問題が起きやすくなります。特に昨今はリモートワークを導入している企業が多いため、なおさらコミュニケーション不足に陥りやすくなっています。

社内コミュニケーションを活性化させる方法には、社内イベントの開催やメールや電話などのインフラ整備といったことが挙げられますが、それ以外に職場環境を働きやすい空間にすることも選択肢の1つです。
働きやすい職場環境が気軽にコミュニケーションが図りやすい空間であるため、困ったことがあればすぐに同僚や上司に聞くことが可能。問題が起きたら、迅速な連絡で対処でき、効率よく業務を遂行できます。

人材の確保

働きやすい職場環境は、採用活動においても有効的です。就職活動をしている人にとって、職場環境は待遇同様に重要なポイントであり、実際に多くの企業がオフィスの様子や福利厚生などを特設の採用ページや公式サイトなどで紹介しています。

しっかりと働きやすい職場環境であることをアピールすれば、魅力的な企業だと思われて多くの人が入社したいと思うもの。そのなかには優秀な人材がいる可能性もあるため、働きやすい職場環境への改善は、即戦力を探している場合にも効果的な方法となるでしょう。

働きやすい職場環境の特徴とは?

ここまで働きやすい職場環境という言葉を数多く使いましたが、なかには「働きやすい職場環境って言われても、具体的にどんな空間なの?」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。もう少し具体的に働きやすい職場環境がどのような空間なのか理解できるよう、この項では働きやすい職場環境における特徴をいくつかピックアップして紹介します。

コンプライアンスが守られている

ビジネスの基礎的な専門用語であるコンプライアンス。法令遵守と訳される言葉であり、社内規則や業務マニュアルといった意味で使われることもあります。コンプライアンスは模範的な業務を行ううえで欠かせない存在であり、コンプライアンスを守ってこそ健全なビジネスであるともいえるでしょう。そのことから、コンプライアンスが守られている職場は働きやすい環境とされています。

一方で、粉飾決算やインサイダー取引、個人情報の悪用などコンプライアンス違反があれば、従業員は不快に思います。そのうえ、同じ企業で働くことが危険に思い始めることから、多くの従業員が辞めてしまうかもしれません。実際に倒産の危機がある企業は、倒産する前に優秀な人材やベテラン従業員が大量に退職するケースが多いです。

人間関係や社内の雰囲気が良好

別の項でも述べたように、働きやすい職場環境はオフィスのレイアウトやデスクの清潔感だけではなく、人間関係といった目に見えないことも含まれています。そのため、どれだけオフィスが清潔であったとしても、人間関係がギクシャクしていれば働きやすい環境とはいえません。

人間関係や社内の雰囲気が良好であれば、コミュニケーションも活性化しやすくなるため、自然に働きやすい職場環境となります。極端にゆるすぎる職場は業務の怠慢を招く恐れがありますが、それでもある程度は良好な人間関係や社内の雰囲気づくりのためにも重要です。

働き方が選べる

現代は働き方が多様化しており、なかには国内外を旅しながら仕事を行うワーケーションやアドレスホッパー、海外ノマドといった方もいます。自分の思うままに働ける環境がそろっていれば、従業員一人ひとりが一番働きやすいと思える空間で業務ができるようになります。当然、従業員は良い職場環境であると感じるでしょう。

働き方が選べることは、育児中の従業員にとっても重要です。子どもを育てることと仕事の両立は非常に大変なことです。これを踏まえてリモートワークを許可すれば、家で子どもの面倒を見ながら働く選択肢が得られます。
子どものそばにいるからこそ、万が一のことが起きてもすぐに対応できるため、育児中の従業員にとっては魅力的な働き方です。

業務量が適量

企業にとって生産性の向上は企業全体の成長にも繋がります。そのため、生産性の向上を狙う企業は多いです。しかし、生産性の向上にこだわりすぎて、従業員の業務量を増やしすぎると、残業する従業員や退職を望む従業員が増える恐れがあります。

働きやすい職場環境を目指すなら、従業員一人ひとりの業務量が適量であることが重要です。少なすぎず多すぎない業務量は、仕事に対する不満が溜まりにくくなります。そのうえでスキルアップに繋がる業務が含まれていれば、従業員としても新しい刺激となり、向上心を持って働けるでしょう。

充実した福利厚生

働きやすい職場環境を目指すなら、福利厚生が重要です。そもそも福利厚生には、介護保険や厚生年金といった法律において義務とされているものも含まれており、福利厚生がない企業はまさにブラック企業といえます。そのうえ、福利厚生が少なすぎると、従業員の不満に繋がる恐れがあります。

働きやすい職場環境を目指すためには、福利厚生の充実化が必要です。事実、大企業ではさまざまな福利厚生が用意されており、その企業の特色や業務内容に関した独自の制度を設けているところもあります。

また、自社で充実した福利厚生を完備することが難しいなら、代行サービスを利用するという方法がおすすめです。福利厚生の代行サービスとは、「ベネフィット・ステーション」や「えらべる倶楽部」、「福利厚生倶楽部」などはさまざまなメニューが用意されている代行サービスであり、旅行や健康、グルメなどに関するサービスがそろっています。
福利厚生の運営も代行サービス側に任せればいいため、手間をかけることなく制度を完備できます。また、比較的安価なサービスが多いため、予算的に福利厚生の充実化が厳しい中小企業にも向いています。

従業員一人ひとりが主張しやすい

業務の効率化や社内コミュニケーションの活性化を目指すためには、従業員一人ひとりが主張しやすい雰囲気が大切です。「上司や幹部の言うことは絶対で反論できない」という厳しい職場環境の場合、徐々に従業員の不満が溜まって辞めていく恐れがあります。そうならないためにも、気になることを主張しやすい職場環境が求められます。

新入社員に対してしっかりと教育

新しい社員や従業員を雇う上では教育が重要です。きちんと教育することで優秀な人材に成長し、企業にとって欠かせない人材となる可能性が高まります。逆に教育が不十分であれば、スキルアップができない企業であると新入社員や従業員が判断し、すぐに辞められてしまうかもしれません。

新入社員や従業員の教育としては研修を開催することが多いですが、自社での計画・実行は大変なことです。そのため、外部に依頼して研修を開催してもらう方法がおすすめです。たとえば、株式会社IKUSAでは、サバイバルゲームの中でOODA LOOPを体感する「サバ研」やリモートワークに関する基礎知識が学べる「リモ研」などさまざまな研修を用意しています。

明確かつ公平な評価制度

評価制度を設けている場合、明確かつ公平なものでなければいけません。そのような評価制度であれば、従業員からも納得してもらいやすくなります。

反対にルックスや上司の好感度など不公平な判断基準で評価されているようであれば、多くの従業員が不満を持つでしょう。不満が溜まれば段々とギクシャクした人間関係となってしまい、働きにくい職場環境となってしまいます。

しっかりしたハラスメント対策

昨今のビジネスにおいて、ハラスメント対策は非常に大切です。セクハラやアルハラ、パワハラなどさまざまな種類がありますが、しっかりとハラスメント対策を行い、どんな従業員でも働きやすい職場環境にすれば、安心して仕事ができるようになります。

ハラスメント対策としては、定期的にハラスメント関連の研修を開催したり相談窓口を設置したりすることが挙げられます。実際に多くの企業がハラスメント対策に取り組んでいるため、それらを参考にしながら自社に合う対策を考えてみるといいでしょう。

働きやすい職場環境の事例

働きやすい職場としては上記のようなことが挙げられるとはいえ、具体的な事例が知りたい方も多いはず。そこで、株式会社ガイアックスやサントリーホールディングス株式会社などの事例を紹介します。

株式会社TBエンジニアリング

株式会社TBエンジニアリングでは、働きやすい環境を目指す一環として育休に注目。男性従業員も育休を取得しやすい制度にするため、担当者が従業員一人ひとりに声をかけて取得を促しています。結果として育休を取得する男性従業員が現れ始め、長期間取得する従業員も増えました。
周知してもらうために、株式会社TBエンジニアリングのトップが積極的に行動していたことがきっかけで、取得を決めた従業員もいます。

また、適度な業務量を目指すために毎週残業を把握し、必要に応じてメンバーを変更。メンバー自体は少人数ですが、こまめに入れ替えることで業務量の軽減や残業時間の削減に繋がっています。

アンシン建設工業株式会社

アンシン建設工業株式会社では、女性従業員の意見を積極的に活かして働きやすい職場環境を目指しています。そもそもアンシン建設工業株式会社は建設業の企業であり、住みやすい家を建てるために女性や子どもの目線も必要だと考えています。そのことから女性従業員の意見を積極的に設計や経営などの場面で活用。各部署の女性従業員が出席する会議も定期的に開催されており、そこから新しいアイデアが生まれることもあります。

他にもアンシン建設工業株式会社は、社員食堂を活用して従業員の健康維持やコミュニケーションの活性化を図っています。健康住宅を販売しているからこそ従業員の健康を重視しているのです。社員食堂を設け、現場の職人や営業担当など、部署が違う従業員同士の交流スペースとして活用されています。

株式会社ソフトウェアプロダクツ

株式会社ソフトウェアプロダクツは、健康経営を推進しているIT企業です。健康経営とは、従業員の健康管理を経営における課題として取り組む経営手法のこと。株式会社ソフトウェアプロダクツの場合、健康診断の受診推進やスポーツクラブの月会費補助、心のケアにおけるサポートなどを実施しています。

結果として、株式会社ソフトウェアプロダクツは従業員の健康診断における受診率が100%を達成。また、喫煙率も20%ほど減少するなど、高い成果を出しています。

株式会社イーライフ

東京都でマーケティングやコンサルティング業務を行っている株式会社イーライフは、創業時からテレワークを実施。従業員全員がテレワークであるため、各々が自分の好きな環境で働いています。

また、テレワークのおかげで女性がキャリアアップしやすくなり、採用コストの削減にも成功しました。
さらに、就業規則にテレワークを明文化したことで、従業員の家族の転勤など、ライフスタイルの変化にも対応しやすくなるとして、満足度が上昇しています。

株式会社ガイアックス

株式会社ガイアックスは、自由すぎる企業とも呼ばれるほど特徴的な企業です。事実、株式会社ガイアックスは社員総会の出席や給与交渉などを自分の意志で決定可能。テレワークも導入しており、従業員の幸福度・満足度の向上はもちろんのこと、離職率の低下にも繋がっています。

サントリーホールディングス株式会社

大手飲料メーカーであるサントリーホールディングス株式会社は、ワークライフバランスに力を注いでいる企業であり、国内企業の中でもいち早くテレワークを導入。育児関連で利用できる制度を複数用意し、育児や介護における休職からの復職をサポートする制度も設けています。

育児に関しては、ウェルカム・ベイビー・ケア・リーブという制度を完備。男性の育児休職の取得を促すものであり、育休を一部有給化しています。結果としてサントリーホールディングス株式会社では、2019年度の男性従業員における育休率が41%となりました。

株式会社サイバーエージェント

働く人の心身の健康が会社の成長に繋がると考えている株式会社サイバーエージェントでは、特定の曜日に全従業員がリモートワークをしたり、勤務時間を毎日モニタリングしたりなど働き方に関する取り組みを積極的に行っています。

福利厚生においてもさまざまな制度を用意。女性活躍促進制度であるmacalonパッケージには、妊活休暇や認可外保育園補助制度などが含まれています。また、メンタルヘルスにおける制度として産業医との面談や希望者限定の臨床心理士資格を持ったカウンセラーとの面談などもあり、従業員の精神的なサポートも行っています。

職場環境を改善するポイント

働きやすい職場環境を目指すためには、いくつかのポイントを覚えておくのがおすすめ。効率よく職場環境を改善できるようになります。

集団分析でチェック

まずは職場環境の改善点を集団分析で見つけることから始めてみましょう。集団分析とは、職場や部署単位におけるストレスチェックの結果を集計・分析し、ストレス負荷の高い部署やその原因を探るというもの。法律で集団分析が義務化されているわけではありませんが、それでも実施したほうがいいとされています。

集団分析を用いることで、どのような部分から優先的に改善すべきなのか把握できます。たとえば、ある部署だけストレス負荷が高い場合、その部署に絞って原因を追求すれば効率よく改善点を見つけられます

労働環境やレイアウトも改善のポイント

労働環境も職場環境を改善するうえで重要なポイントです。優秀な人材であって、も労働環境が悪ければ、高いパフォーマンスを発揮できません。これは会社としても従業員としてもあってはならない問題であり、きちんと快適に働ける環境を作る必要があります。

レイアウトも働きやすい職場環境を実現できる際にチェックしておきたいポイント。おしゃれで快適に働ける職場であれば、従業員の満足度が高まり離職リスクを避けられます。また、一部の企業では自由に働く席が選べるフリーアドレス制を導入。その日の気分に合わせてデスクを選べる点が、従業員から好評です。

アンケートで従業員の声を集めるのもおすすめ

具体的にどこから改善していくべきか悩んだ場合には、従業員にアンケートを実施し、回答してもらいましょう。アンケートに答えてもらうことで、従業員が職場環境として求めている方向性を把握できます。従業員のニーズに応えた職場は、働きやすい職場環境の実現に近づくため、集団分析とは別にアンケートの実践が大切です。

なお、アンケートは、職場環境を改善した後に行うこともおすすめです。改善方法に問題はなかったかを確認できるうえに、新しい課題点が見つかることもあります。PDCAサイクルを回すことでより良い職場環境を目指せるため、ぜひ定期的にアンケートを実施し、理想的な職場環境を実現してみましょう。

働きやすい労働環境を目指す際に重視すべきこと

働きやすい労働環境を目指すためには、2つの重要なポイントを把握する必要があります。安易な取り組みで失敗しないためにも、重視すべきことを理解したうえで取り組みましょう。

育成はサポートとスキルアップを重視する

新入社員や従業員への教育は、サポートとスキルアップが重要です。この2つを重視してこそ、効果的な教育を実現できます。

サポートに関しては、メンター制が挙げられます。メンター制とは1人の若手従業員に対して年次の近い先輩従業員を1人付けるというもの。先輩従業員は若手従業員の業務支援やメンタルサポートといったことを行い、従業員の離職防止やエンゲージメントの向上を目指します。若手従業員も気軽に相談できる先輩がいるため、安心して業務に取り組めるという利点があります。

スキルアップに関して挙げられるのは、仕事をするうえで重要な資格取得への補助や外部研修への参加など。実際に新入社員や従業員の中には専門的なスキルや資格を習得したいと考えている方が多くいます。そのことを踏まえて資格取得への補助や外部研修への参加などを促すことで、新入社員や従業員が持つニーズを満たせます。

人事制度は待遇と評価を重視する

人事制度に関しては、待遇と評価を重視しましょう。
待遇は、従業員が感じている職場環境や業務などへの不満や改善点をしっかりとキャッチすることが大切。ここが間違っていれば、従業員のニーズに応えられません。反対に不満や改善点をしっかりとキャッチして待遇を改善すれば、安心して働ける職場であると従業員に判断されます。

評価においては平等であることが求められます。不透明感があれば従業員の不信感に繋がり、働きにくい職場という印象を与えます。だからこそ、360度評価のような制度を設けるなど、従業員が納得できる取り組みを行いましょう。

現状を改善して働きやすい職場環境へ

今回は、働きやすい職場環境で得られることや特徴、事例などを紹介しました。職場環境の働きやすさは離職率の低下や人材の確保などの効果があります。ただ、どのような職場環境が働きやすいのかは従業員や職種・職業などで変化するため、まずは集団分析や従業員へのアンケートを通じて理想的な職場環境が何なのか知ることから始めてみましょう。

この記事を書いた人

よしふみ
旅行系からビジネス系に至るまで、幅広いジャンルを執筆するWebライター。国内外を旅しながら、記事を書いています。

RECOMMENDおすすめ記事

PAGE TOP