企業研修

2020 05.01

チャンバラ合戦研修

リーダー・マネジメント研修のおすすめ20選をご紹介

千流
リーダー・マネジメント研修のおすすめ20選をご紹介

リーダー研修やマネジメント研修に取り組まれていますか?

会社の利益や人材育成のカギを握るのは、リーダー層やマネジメント層の社員の方です。そこで今、注目を集めているのがリーダー研修やマネジメント研修です。

リーダーシップやマネジメント力というのは普段の業務だけではなかなか身につくものではありません。

そこで今回はおすすめのリーダー研修やマネジメント研修20選をご紹介します。

リーダー研修とは

リーダー研修とは、これから組織をまとめる立場になる人を対象に、指導者としての統率力や指導力、知識などを習得させるための研修です。

決してリーダーシップは生まれ持っての能力ではないので、社内でリーダーとして育てる社員を見極めて、リーダー研修を企画することが大切です。

リーダー研修おすすめ10選 

リクルートマネジメントスクール

『リクルートマネジメントスクール』のチーム力を向上させるリーダー育成研修の特徴は、「研修グループ」と「職場チーム」の比較でチームづくりを学ぶ点にあります。

グループワークを通して、互いのチームで起きていることの共通点や、相違点を常に確かめながら進めていくことで、チームづくりのポイントを掴むことができます。

プログラムの最後には、全体で「職場のチーム」をよりよくするための具体的なアイデアを検討し、最終的に自身の職場に応用できるプランを一人ひとりが仕上げます。

考えたプランを上司や同僚と一緒に実践につなげることを重視し、職場でのミーティングの開き方、進め方まで指導が受けられます。そのため、研修当日だけではなく、その後のプランを生かし、継続してリーダーシップを身につけていくことができます。

株式会社IKUSA

『株式会社IKUSA』のチャンバラ合戦研修は、スポンジの刀で相手の腕についたボールを切り落とすというシンプルなルールで遊びながら学べる体験型研修です。しかも、ただ戦うのではなく、相手チームに勝つための「戦略」を練ることが大切になります。

チャンバラ合戦は、「軍議」を行ない、合戦を通して実践し、また軍議で振り返り、作戦を立て直すという流れになっています。まさに合戦を通してPDCAサイクルが学べるのです。

合戦内容もチームを全滅させる「全滅戦」から、チーム内に大将をつくり大将を討ち取る「大将戦」、会社内一の剣豪を決める個人戦の「バトルロイヤル戦」とさまざまです。

その中の大将戦では、各チームで大将を決め、大将を中心に軍議を進めます。大将をすることで自軍を統括しなくてはいけない。まさにリーダーシップ性を体験から学ぶことができるのです。

 

チャンバラ合戦には、より研修に特化した「体験型合戦研修IKUSA」プランもございます。

体験型合戦研修IKUSAの開催事例はこちらをご覧ください。

リーダシップ・チームビルディング研修「城攻め」開催レポート

体験型合戦研修IKUSAのお問い合わせはこちら体験型合戦研修IKUSAの資料ダウンロードはこちら

ビジネスコーチ株式会社

『ビジネスコーチ株式会社』のリーダー研修「1on1塾」では、「10年後の日本は世界の中でどんな存在になっているか?」「その時に自分はどんな生き方をしているのだろうか?」という問いが起点になっています。クリティカルシンキングをベースに視野の広さや言動を身に付けることを目標にしたプログラムです。

リーダーシップを単発のセミナーで身につけるのは難しく、日々の行動習慣を変化させることが必要となります。この研修では、行動習慣を変えるための規律が「毎日」「毎週」「毎月」という異なる3つのサイクルで用意されており、参加者はその都度、自分の行動を振り返ることができます。3つのサイクルは以下のように設定されています。

 株式会社日本能率協会マネジメントセンター

『株式会社日本能率協会マネジメントセンター』のリーダー研修「リーダーシップ開発コース』は、自分の考えで人を動かして実現するリーダーを育てるためのプログラムです。

部下・同僚へのリーダーシップに限らず、あらゆる関係者を巻き込んで人を動かすためには何をすべきか。そのための考え方や方法を身につけることができます。

研修内容としては、リーダーの役割と心がまえから始まり、問題解決能力の強化や傾聴実習を通して、コミュニケーションの基本を学びます。

そのうえ、自己開発計画を立てるので、研修当日で終わりではなく、その後の業務に生かしていく継続型の研修になっています。

LEANING AGENCY

『LEANING AGENCY』のストーリーで学ぶビジネスリーダー研修は、あるビジネスリーダーの行動をストーリーで追いかけながら、ビジネスリーダーとしてすべきことを体系的に学んでいきます。

この研修の特徴はオンライン研修も行えるということです。オンライン研修だとWi-Fi環境さえ整っていたら移動することなく、時間を有効活用した研修ができます。

ビジョン設定や仕事の構想、チームビルディング、部下の動機付け、PDCAサイクルや、セルフマネジメントなど、ビジネスリーダーに必要要素の全体像を学ぶことができます。 

そして、組織を率いるビジネスリーダーに必要な要素が理解でき、部下の仕事に対する動機付けのやり方や、部下への影響を鑑みた上司としての立ち居振る舞いを学ぶことができます。

 みらい創世舎

『みらい創世舎』のEQ!リーダーシップ実践講座では、リーダーである参加者が自分事として理解できること、そして自分が行動しているイメージを創り出すことを、講座内での体験を通して実現させます。講座受講後の行動促進につながる特典もあるので、行動の先にある望む結果をきわめて手に入れやすい状況を生み出します。

リーダーシップ講座のメリットは物事を俯瞰して見る視点の作り方が理解できる。リーダーとして人を動かせている姿が具体的にイメージできる。講座の内容をツールとして社内やチーム内で共有できる。

リーダーシップの定義から、リーダーシップを発揮するためのポイントまでしっかりと学び、自分の願望を明確にするコーチング体験まですることができます。

株式会社ZAC

『株式会社ZAC』によるリーダーシップ研修は、マネジメントするのが未経験の方や、経験はしたものの、苦手意識を持っている方もセンスではなく、技術でリーダーシップが発揮できるようになるプログラム構成になっています。

社員の育成の基本から実践まで、事例を交えながらそのポイントを学ぶことができ、現場リーダーとして後輩を育成するためのコミュニケーション力の向上へとつながります。

また、「Zプロセス」や「Fサイクル」など独自のツールを使い、目標達成、自己理解や他者理解、効果的な育成方法への理解を促します。

 株式会社ネオキャリア

『株式会社ネオキャリア』の研修サービスは、主に講師派遣型がメインでリーダーに必要なスキルをワークやロープレなど、実践形式での研修スタイルです。

カリキュラムはそれぞれの企業課題にあわせて柔軟に対応することができます。

少人数からでも実施できるため、比較的安価で行うことができるメリットがあります。

共感力や他社理解、「相談・連絡・報告(ソウレンホウ)」について実践を交えながら楽しく学ぶことができます。 一般的なのは「報連相」の順ですが、最近では「報連相」を「相連報」に変える方が上司からの信頼を得られるとも言われています。先に相談することで上司は部下が抱えている問題を把握することができるので、その後の連絡や報告を安心して待つことが可能となるのです。

ACHIEVEMENT HR SOLUTIONS

『ACHIEVEMENT HR SOLUTIONS』のチームを目標達成に導くリーダーシップ研修では、課題に合わせて一つひとつ設計するカスタマイズプログラムを提供しています。

リーダーシップの原則を学び、組織に対する責任感・当事者意識を醸成します。

研修で学びを得るだけでなく、その学びを現場に活かし、その実践から経験を得ることでリーダーとして成長していきます。リーダーシップに必要なマインド・スキル・ナレッジを習得し、それが現場に活かされる仕組みがあるからこそ、達成と成長につながる効果的な研修の実施が可能です。

日本プロジェクトソリューションズ株式会社

『日本プロジェクトソリューションズ株式会社』の研修プログラムは双方向型の講義、グループ討議、対話、体験実習、演習を行いながら進めます。

講師はNLP(Neuro Linguistic Programing(神経言語プログラミング)の略称で、別名「脳と心の取扱説明書」とも呼ばれる最新の心理学)をもとにファシリテーターとして、参加者から多様な気づきや学びを引き出してくれます。

最新のトレンド情報を参考にしながら、チームを動かし新たな成果を作るリーダーシップについて、体験しながら学ぶことができます。

また、リーダーとして成長し成果を作るための自己のブレイクスルーポイントを発見することができます。研修を学び終えると自分自身の今後のビジョンが明確になることでしょう。

マネジメント研修とは

マネジメント研修とは、主に管理職向けの研修を指します。

個人プレーヤーからマネージャーへの役割転換には、組織や企業で起きている事象を俯瞰的に見つめるスキルが求められます。

マネージャーの役割を理解し、マネジメントスキルを高めることがマネジメント研修なのです。

産業能率大学総合研究所

『産業能率大学総合研究所』のマネジメント基本研修では、マネジメントを担う立場への意識転換をさまざまな演習を通じて図ります。

初級マネージャーとしての4つの役割「目標達成のマネジメント」「職場の問題解決」「メンバーの指導・育成」「活力ある職場づくり」について学びます。

参加者が持っている課題をもとにした演習に取り組み、日々のマネジメント活動に役立つスキルが身につき、業務ですぐに実践できるヒントが得られる研修となっています。

フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社

 『フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社』は7つの習慣® SIGNATURE EDITION4.0のフレームワークをマネージャーの視点で学び、ビジネスシーンで活用するための研修プログラムです。「7つの習慣®」のフレームを使って、個人として組織の貢献を明確にしながら、マネージャーとして、チームの可能性を最大限に引き出し、組織を成功に導くためのアプローチを学びます。「7つの習慣®」を新しい視点から捉えた、新たなマネジメントスタイルの研修です。すべてのビジネスマンにおすすめですがマネジメントにも有効な研修となっています。

ANAビジネスソリューション株式会社

『ANAビジネスソリューション株式会社』のマネジメント研修は、リーダーに求められる要素を自ら考え、身につける研修内容となっています。

法人向けの少人数研修や個人向けのスキルアップ研修を指定の会場で行う「公開講座型」と会社の要望に合わせて研修プログラムをカスタマイズし、指定の会場に講師を派遣して研修を行う「講師派遣型」が選べます。

講座は、課題解決やチームビルディング、リーダーシップ、そして従業員満足度など、様々なニーズに合わせて用意されています。身につけたい力や学びたい内容に合ったものを選び、マネジメントスキル向上に役立てましょう。

日本能率協会

『日本能率協会』のトップマネジメント研修は、社員時代からの様々な教育(研修)を経て、その集大成、最上位概念として位置づけています。

行動変革を促すプログラムでは講師の講演、他社参加者とのディスカッションを通して、他社からの視座や持論、心構えなどを学ぶことができます。

実務家、専門家の講義では、経営戦略や組織づくりなど実務に直結した知識やコミュニケーション能力などの人間力に関する視点が学べます。

また、他社参加者との交流を通じて、自分自身や自社への客観的な理解に気づくことができます。

みずほ総合研究所

『みずほ総合研究所』のマネジメント能力診断研修(アセスメント研修)は各職階・職務ごとに、起こりうる状況を設定した演習に取り組み、どのような行動をとるのかを検証します。その結果に基づき、個別にフィードバックする研修となっています。

マネジメント能力診断研修(アセスメント研修)を行うことで個人の弱みや強みを把握することができます。また、その弱みや強みを踏まえた課題が明確化されることがこの研修のメリットだといえます。

また能力診断の結果で、会社としてフォローすべきスキルも把握することができます。

アチーブメント株式会社

マネジメントをする立場に立っていると、部下から嫌われていないか気になる、辞められると困るので厳しく指導できないなどの悩みや不安を抱く方もいるのではないでしょうか?けれど、人間関係ばかりを気にしていると、仕事の質に対してのフィードバックや話し合いが行われず、業績不振の原因や部下のスキルが上がらないといった結果になります。

『アチーブメント株式会社』のマネジメント研修は、言うべきことを伝えるためにどうするべきなのかを現場で実際に起こりうる問題を想定して、実践的トレーニングに取り組み、マネジメントの基本を学びます。心理学的なアプローチを用いてマネジメントを学べるのもこの研修の特徴です。人間関係と好業績どちらか一方ではなく、両方を実現するマネジメントの技術を習得することができます。

研修を終えた後には人の気持ちに配慮した接し方ができるようになるでしょう。

SMBCコンサルティング

『SMBCコンサルティング』のマネジメント研修では、管理職として必要なマネジメントの考え方と手法の基礎を学ぶことができます。

管理職に求められる役割を理解し、目標達成のための業務マネジメントと部下育成の進め方を学ぶことなどを研修のねらいとしています。

研修内容としては、自身のあるべき管理職像とその課題や、目標達成のためのPDCAマネジメントなどをワークに取り組んで学びます。ほかには、自部署の問題解決を図るための個人ワークやディスカッションも取り入れた研修となっています。

Schoo

『Schoo』の研修の特徴は時間や場所を選ばないオンライン研修です。

その中でも、効果的な管理職・マネージャー向け研修は、部下とのコミュニケーション向上に必要な研修や組織のマネジメントに活かせる研修など、幅広い研修動画の中から、自分の課題に合ったものを選ぶことができます。

加えて、社員一人ひとりに合わせて対象とする研修動画を変えることができるため、個人のスキルレベルや職種などの関わるビジネスシーンに合わせてピンポイントで社員の能力を育成する研修を組むことも可能です。

Schooの動画学習をマネージャー研修に活用し、ビジネスの場で活躍できる管理職の育成を目指しましょう。

株式会社ビジネスコンサルタント

『株式会社ビジネスコンサルタント』のマネジメント基礎研修では、チームマネジメントの概念と、職場リーダーに期待される役割を理解し、PDCAのマネジメントサイクルを身につけることができます。

また、チームの協働性を高めるマネジメント力や、効果的なリーダーシップ性が身につきます。

研修を通して、仕事の管理や職場活性化、社員育成などについての手立てを習得することができます。

株式会社社員教育研究所

『株式会社社員教育研究所』の中級管理職研修~エクセレント・マネジメント~様々な事例のディベート訓練を実施し、議論を通じ、マネジメント能力の強化が促されます。

実際の職場で起こりうる様々な事例への対処法をテーマに、参加者は主体的に考え発言することが可能です。

他の参加者とのディベートを通じ、管理職としての思考法が体得できます。

また部下だけでなく業務に関係する全ての方を惹きつける、スピーチ力が身につきます。

独自の思考法「魔法の5項」を活用し、参加者自らがスピーチを組み立て、テーマの掘り下げ方、内容の組み立て方を学び、実践していきます。

研修スケジュールは8:00~18:00(内休憩約2時間)の実働8時間制。(※初日は10:00〜19:00)の5日間です。研修終了時には見違えるほど、わかりやすく伝わるスピーチができるようになります。

まとめ

リーダーシップ性やマネジメント力は学ぶことで身につきます。

リーダー研修やマネジメント研修に丁寧に取り組むことは、参加者だけではなく、指導される部下や周りの社員にとっても業務が円滑に進み、社内の空気も変わります。

ぜひ、会社の課題やスタイルにあった研修を選んで、リーダーやマネージャーとしてのスキルを高めていってくださいね。

この記事を書いた人

千流
くノ一『千流』でごじゃる!!
まだまだ見習い中の身でごじゃりまするー。
忍びとして得た情報を皆々様にお届けするでごじゃりまするよー!!

RECOMMENDおすすめ記事

RECOMMENDおすすめサービス

PAGE TOP