企業研修

2018 03.22

チャンバラ合戦研修

新人研修の簡単ゲーム形式ネタ12選!オリジナリティ満載で全員全力!

ともしど
新人研修の簡単ゲーム形式ネタ12選!オリジナリティ満載で全員全力!

新人研修で行うゲームのネタ選びはとても大切です。定番すぎるものや幼稚なものを選んでしまうと、参加者に「つまんない」「やる意味あるの?」などと思われたり、アイスブレーク(雪解け)できずにビミョーな空気が流れてしまったりすることも。そのため、ゲームのネタ選びは新人研修を企画する幹事さんの腕の見せ所。ゲームとして面白いだけでなく、研修として意義のあるものをチョイスしたいですよね。そこで今回は、オリジナリティと参加者の盛り上がりを重視した新人研修のゲームネタを紹介します!

 

体験型合戦研修IKUSAの資料ダウンロードはこちら

 

ベストショットを狙え!キメ顔選手権

心当たりのある方も多いと思うのですが、ナルシストな人はイジりやすいですよね。大手SNSの流行などにより、自撮りや写真を撮られることに慣れている人も多く、けっこうノリノリで撮影に臨んでくれる人が多いと思いますよ。自分的に最もカッコよくてイケてるキメ顔だけでなく、面白い写真を撮るために頑張ってもらうのもいいですね。「ほら~、本気だしてくださいね~」などと煽りながら、バチっとキマった1枚を撮らせる流れを作りましょう。これはけっこう、幹事さんも楽しめるはず♪

恋愛観ぶっちゃけゲーム

「修学旅行で最も盛り上がったネタは何だったっけ……」と考えてみると、やっぱり思い浮かぶのは恋愛話。加えて、飲み会などでも彼氏彼女や意中の人との恋愛ネタは盛り上がりますよね。その点を利用して、恋愛絡みのネタを取り入れるとゲームが盛り上がりやすくなります。また、恥ずかしいことを言葉にすることにより、「自分のカラを破る」、「心を開く」といった効果も期待できます。ゲームの最中には、幹事の方は積極的に合いの手を入れて、参加者がぶっちゃけやすくなる空気を作ってあげてください。

私ってこうなんです!自分クイズ

新人研修のように初対面に近い人たちが集まる場では自己紹介をすることが多いものですが、それに対して真剣に取り組む人はあまり多くないのではないでしょうか。でも自分自身を他者に紹介することは、社会人として重要なスキルのひとつですよね。また自己紹介をすることは、参加者の意外な良さを引き出す効果もあります。そのため自己紹介をひとひねりした「自分クイズ」はオススメゲームのひとつ。二人一組でもいいですし、参加者全員に対してクイズを出す形式にしてもOKです。恥ずかしいことや意外な一面を発表すると参加者が「お⁉」と興味を持ちやすくなるので、そのように促すのもアリでしょう♪

ゲーム形式で仕事を知る!仮想店舗運営

金八先生状態とまではいかずとも、新人の方々には各々の強い志のある方もいますよね。そういった方は、自分の見せ場や、頭を使う機会を欲しているでしょう。仮想店舗運営のように互いに意見を出し合いながらリーダーシップを発揮する場を設けてあげることにより、やる気のある人の見せ場を作ってあげられます。また仕事を通してPDCAを主体的に行える人材を育てる機会にもなりますよ。組織の中では、リーダーシップを発揮して周囲を引っ張る人の存在が大きいですよね。仮想店舗運営を通してディスカッションをするだけでなく、成功や失敗の要因などをプレゼンする時間も取れればさらに良いですよ。

叫べ!今朝の本音ゲーム

研修初日は、期待だけでなく不安もあって緊張している人も多いものです。中には「気が重い」、「行きたくない」と思っている方もいるでしょう。そこで研修のときに「今朝に何を考えていたか」という本音を言葉にすることにより、「つらい気持ちを清算する」、「仲間も同様の気持ちを抱えていたことを知って仲間意識が芽生える」といった効果を期待できます。人は、不安を抱えているときこそ仲間が欲しくなるものです。センチメンタルになりやすい新人研修の機会を利用して、周囲との関係を築かせるためのゲーム選びをするのも良いですよ♪

最強は誰だ!全力ほふく前進対決

ほふく前進対決は、学生や社会人コミュニティのイベントなどで行われているのをよく見かけます。全力でほふく前進をしている姿は思いのほか面白く、なおかつ迫力もあるので盛大に盛り上がること間違いなしですよ。ゲームの参加者の中には「人生の中で一度もほふく前進をしたことがない」という人も多いですよね。ほふく前進が得意という人がほとんどいないからこそ、意外な人が優勝する機会になるかもしれませんね。賞品などを用意し、参加者に全力で取り組んでもらいながらしっかりと盛り上げましょう!

大喜利!吹き出し言葉入れゲーム

研修などで行うゲームとしては、インプロゲームがお馴染みとなっています。インプロゲームとは絵や演劇を扱うゲームのことを指し、参加者の創造性を発揮させるゲームです。吹き出しに言葉を入れる大喜利対決もインプロゲームのひとつ。大喜利にはセンスが求められるので難易度は高いですが、だからこそしっかりと頭を使って取り組まないといけません。また吹き出し言葉入れゲームを通して笑いが生まれれば、参加者のアイスブレークを図ることもできます。最近では大喜利アプリなどをしている人もけっこういるので、最高に笑える言葉が飛び出すかもしれませんよ♪

目覚めろ自意識!好きなもの10個ゲーム

「趣味は何ですか?」と質問をして、すぐに答えられる人は意外と少ないですよね。同様にして「好きなものは何ですか?」と聞いてもなかなか答えられない人が多いです。自己分析をすることで自分を知る機会を作り、それをその後の社会生活に活かしてもらいましょう。また好きなものが共通していると、人間関係を築く助けにもなります。共通の趣味をもっている人とは仲良くなりやすいですよね。そのため好きなものを挙げるゲームは、研修者同士の距離を縮めたいときにも最適です。好きなものを10個もあげることが難しければ、好きなものの個数を決めずにゲームを行ってもいいと思います。ひとりが好きなものを発表したときに、共通している人に手を挙げてもらう方法もアリです。

一歩先へ!万歩計早振り対決

グラビアアイドルなどがテレビで万歩計を早振りしているのはよく見る光景ですよね。万歩計を身に着けて素早く動くというのはとてもシンプルですが、見ている人にとっては面白く、勝敗もわかりやすいのでしっかり盛り上がります。万歩計を服に付けて体を動かす形式でもいいですが、それではなかなか回数が伸びないこともあります。場合によっては万歩計を手にもって振る形でもいいと思います。ただ女性には万歩計の早振りに抵抗のある人が多いと思いますので、服に付けて行う万歩計早振り対決を行う場合には、「男性を応援する」という立場で参加してもらったほうがいいかもしれません。黄色い声援があれば、多くの男性は本来の自分以上の力を発揮できるかも♪

輝け!インスタ映え選手権

なんてことのない空間を素晴らしく美しい写真に変換できたら、感動が生まれます。インスタ映え選手権は、研修を行う会場の中から光る素材を見つけ出し、その写真を撮って加工して、その出来栄えを競うゲームです。きれいな夜景や迫力のある場所で撮影すれば、誰が撮っても一定以上の凄みが出るでしょう。しかし何の変哲もない場所を作品にするのは難しいですよね。そのためインスタ映え選手権は、かなり難易度の高いインプロゲームになります。それにチャレンジしてもらうことで、参加者はゲームを通して高いハードルを越えるための努力をする機会を得られます。

アイスブレークに最適!パートナー探しゲーム

研修で行う定番ゲームといえば、パートナー探しゲームです。同じカードを持っている人を探すといった簡単なものから、互いの共通点を探すといった難しいものまで様々なルールで行えます。パートナー探しゲームはパートナーとマッチングするまでに多くの人と話すことになるので、人見知りをしがちな方も会話に参加しやすくなります。なかなか自発的に話すことのない人がいても、アイスブレークさせる機会を作れますね。またパートナーを見つけてから、一緒に何らかの作業に取り組んでもらってもいいと思います。互いに協力し合うことにより、より関係性を良くする効果を高められますよ♪

大人ならではの頭脳戦!白熱するチャンバラ合戦 -戦IKUSA-

同期は仲間とはいえ競争相手でもあるので、新人研修はある意味でサバイバルのような一面もあります。そう、それは戦のようなもの。強い者が勝つ、そう、IKUSAです。というのは冗談で、新人研修にはスポーツとしてのチャンバラを改良したチャンバラ合戦 -戦 IKUSA-がオススメです。スポンジ製の柔らかい剣を使用し、腕に着けたボールを落とせば勝ち。個人戦もありますが、新人研修で親睦を深める場合にはチーム戦のほうが適切でしょうか。チーム戦は、相手を全員討ち取れば勝ちというものと、相手の大将を討ち取れば勝ちというものがあります。チーム戦では互いに戦略を立てて工夫しながら戦えるので、男女混合でも運動の苦手な人が居てもみんなが楽しめるようになっていますよ。アイスブレークさせる効果も抜群

 

チャンバラ合戦-戦 IKUSA-公式サイトはこちら

 

まとめ

新人研修で使えそうなゲームネタは見つかりましたでしょうか。新人の方には様々な不安もあり、なかなか本来の自分を表に出すこともできない人もいます。コミュニケーション不足が続いていたとしても時間が解決してくれる場合もあります。しかし新人研修は、会社の一員としてスタートを切る大事な場面。スタートの切り方が悪く、会社を辞めてしまったり、成長が遅れてしまったりするかもしれません。新人研修のゲームを通して参加者のスタートをアシストしてあげれば、より大きな力を発揮できる人材に育つための機会になる可能性もあります。みんながより楽しめて意義のあるゲームを企画し、研修の参加者にとってより貴重な時間にしましょう!

 

体験型合戦研修IKUSAの資料ダウンロードはこちら

 

参考サイト:

この記事を書いた人

ともしど
好きな武将は真田信之。東京私大経営学部卒のおとめ座。元板前サラリーマン。副業でライター・編集者として数千本の記事を制作し独立。だいたい色々書いている。Web漫画と馬と水の流れる音が好き。たまに料理人。まさかの既婚。ツイッター(@tomoshido)あります。

RECOMMENDおすすめ記事

RECOMMENDおすすめサービス

PAGE TOP