社内イベント

posted:2021 01.30

updated: 2022 10.21

ケータリングとは?デリバリー、仕出しとの違いについて

正木友実子
ケータリングとは?デリバリー、仕出しとの違いについて

人々の価値観やライフスタイルの多様化に伴い、社内イベントのあり方も少しずつ変化を遂げています。そうした中、最近注目を集めているのが「ケータリング」。

最近よく耳にする言葉ですが、具体的にはどのようなものなのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。デリバリー、仕出しとの違いや社内イベントで活用するメリットについてご紹介します。

そもそもケータリングとは?デリバリー、仕出しとの違い

そもそもケータリングとは?デリバリー、仕出しとの違い

ケータリングは英語で「catering」といい、「料理を提供する」「要求を満たす」という意味がある動詞「cater」に「ing」をつけて進行形にした言葉で、顧客の指定する場所に出向き、食事を提供するサービスを指します。

デリバリー(出前)や仕出し弁当などのサービスは、基本的には料理を会場に届けたら終わりですが、ケータリングの場合、料理だけでなく、プランニングから会場の設営、食器類の準備、テーブルや空間の演出、ドリンクのサーブ、後片付けまで、イベントの食事周りを一貫してスタッフが行ってくれるのが特徴です。

デリバリーのほとんどは、使い捨ての容器で届けられるため、テーブルに置いた時にどうしても華やかさに欠けてしまいます。それに対して、ケータリングは見た目がおしゃれでかわいいメニューが豊富で、きれいな器に盛り付けられているのがポイントです。いつもの職場がまるでレストランやホテルのビュッフェのような別空間に様変わりします。

ケータリングには、別のキッチンで作った料理を会場に運んで提供するパターン、プロのシェフが会場まで出張して顧客の目の前で料理を振る舞うパターンがありますが、最近では手軽なケータリングサービスのニーズが高く、ちょっと豪華な料理をデリバリーのように届けるスタイルが増えています。

ですから、一口にケータリングといっても、業者によってさまざまな形態があるのが実情です。想定している社内イベントの雰囲気に合わせたプランを選ぶことをおすすめします。

社内イベントでケータリングを利用するメリット

社内イベントでケータリングを利用するメリット

開催する場所を選ばない

幹事さんにとって、まず頭を悩まされるのが会場選びではないでしょうか。ケータリングなら、わざわざ店へ行かなくても会議室やセミナー会場などの好きな場所で社内イベントを開催できます。

例えば、会議終了後に懇親会を行う場合、ケータリングならレストランや居酒屋に移動する必要がないので、時間のロスがありません。会議が終わったらすぐに始められ、参加率アップにつながります。

幹事の負担が軽減される

社内イベントの幹事に任命されたら、雑用に追われて楽しむどころではないと感じる人も多いでしょう。ケータリングサービスを利用すれば、プロが全部仕切ってくれるので、前もって打ち合わせさえしとけばOK。準備も片付けも不要だから、幹事さんもパーティーを楽しむ余裕が生まれます。

ある程度は自分たちでプランニングしたい場合は、料理のみのシンプルなケータリングを利用することも可能です。どこまでお願いしたいかを考えてプランを選ぶといいでしょう。

本格的な料理が楽しめる

温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいまま提供され、まるでレストランにいるかのような本格的な料理が楽しめます。なかには、マグロの解体ショーや寿司職人が新鮮な寿司を握るパフォーマンスなどを提供してくれるところもあります。

幅広い選択肢があり、歓談が中心の懇親会にぴったりな手軽につまめるフィンガーフード、オンライン懇親会でも同じ料理を楽しめるおひとり様用BOXなど、シーンに合わせて料理を選べるのが魅力です。

参加者の満足度が高い

ケータリングはフォトジェニックな料理が多く、おいしさだけでなく、見た目にもこだわりたいという幹事さんにもおすすめです。フードやドリンクをおしゃれな器やグラスで提供し、テーブルクロスやテーブルフラワーを用いるなどして、映える空間を演出してくれます。

集まりの場が華やぎ、参加者の満足度アップにつながるでしょう。いつもの社内イベントのマンネリ打破にもつながって、幹事さんの株もぐんと上がること間違いなしです。

社内イベントでケータリングを利用するデメリット

ケータリングを利用することでいろいろなメリットを得られますが、さまざまなサービスを付加すればするほど、当然ながら料金は高くなります。結果的にデリバリーに比べると割高になりがちです。

 

ただ、前述したような手軽なケータリングサービスであれば、ちょっと豪華な料理をデリバリーと同じように届けてくれて、デリバリーと同等もしくはよりリーズナブルな価格で提供してくれるケースがあります。各業者のプランを比較検討して、希望に合うプランを選びましょう。

ケータリング(デリバリー)利用で、どんな社内イベントが開催できる?

ケータリング(デリバリー)利用で、どんな社内イベントが開催できる?

社内懇親会

居酒屋などでの懇親会は、「面倒くさい」「面白くない」といった理由で若手を中心に参加者が減少傾向にあります。そこで、社内の会議室などのスペースを活用し、歓送迎会や忘年会、新年会などの懇親会を開く会社が増えているようです。ケータリングなら移動の手間なく、参加するほうも気が楽ですし、SNSなどでも話題になっているので、トレンドに敏感な若手社員にも受け入れやすいでしょう。

貸し会議室でのセミナー後の懇親会

緊張感のある研修やセミナー、勉強会のあとは、おいしくて温かいお料理が最大のリフレッシュとなり、心身のリラックスにつながります。いつもの会議室に非日常を取り入れることで、マンネリ打破にも役立ち、話題も広がるでしょう。セミナー後に親睦を深める機会として、ケータリングを利用する価値は大いにあるといえます。

オンライン飲み会

新型コロナウイルスの影響で大人数での飲み会が制限され、テレワークなどの働き方の多様化が進む中、社員間のコミュニケーションを促進する手段として、社内イベントをオンラインで実施する企業が増えてきました。ケータリングなら自宅にいながら外食気分が味わえます。また、全員が同じ食事をとることによって、一体感が生まれ、コミュニケーションを活発にする効果が期待できるでしょう。

オンライン社内イベントで活用できるケータリングサービス5

オンライン社内イベントで活用できるケータリングサービス5選

ここからは、オンライン飲み会向けのケータリングサービスをいくつかご紹介します。ぜひ参考にしてください。

nonpi foodbox(ノンピ フードボックス)

Google Japan Food Team の元総料理長や、外資系ホテルの元シェフなどを中心に構成された、食のプロフェッショナルチームです。料理とドリンクを1箱にしたフードボックスを参加者の自宅まで届けるサービスを展開しています。

フードボックスの中身は、気軽につまめるピンチョスやおつまみに加え、ビールや酎ハイ、ソフトドリンクなど自由に選べるドリンクがついてきます。締めのお茶漬けもついているので、飲み会終了のタイミングも図りやすいでしょう。

面倒な配送先の取りまとめや配送手配を一任できる上、一括請求にも対応してくれるので、幹事さんの負担は最小限で済みます。一部の離島を除き、全国配送可能。

https://nonpi-foodbox.com

MAXPART(マックスパート)

マックスパートは、ケータリングサービスを中心に、企業・団体向けのパーティーやイベントを企画から演出、会場手配までトータルでサポートするケータリング・イベントサービス会社です。

時代のニーズに合わせて、オンライン社内イベント向けに「オンライン懇親会サービス」を新たにスタート。彩豊かなオードブルの盛り合わせから、食べ応えのあるグリル料理まで、ホテルシェフが腕によりをかけて作った本格的な料理を楽しめます。

企業のロゴや代表メッセージなどをあしらったオリジナルパッケージの作成も可能。社内イベントを盛り上げてくれる料理を全国各地のオフィスや自宅へ届けてくれます。

料理の配送だけでなく、企画・配信・運営のすべてをパッケージした「オンライン懇親パッケージ」プランもあり。オンライン社内イベントのやり方に悩んでいる幹事さんにとって心強い味方となってくれるでしょう。

https://maxpart.net/online-party/menu/#menu01

ごちクル

法人・団体に向けたお弁当・ケータリングのデリバリーサービスです。全国で800ブランド8,000種類の商品を取りそろえており、圧倒的なラインナップを誇ります。有名店や行列店のお弁当も注文可能。デリバリーエリアが広域にわたるのも特徴で、全国47都道府県から注文できます。

こちらでは、個別配送に対応したオードブルを多数揃えており、オンライン懇親会・歓送迎会などの社内イベントにもぴったり。オンラインでの研修やランチミーティングにもおすすめです。

初めてのオンライン飲み会・イベントの食事手配に関してはさまざまな不安や疑問がつきものですが、コンシェルジュが相談にのってくれるので安心です。

https://gochikuru.com/feature/online-event-delivery/

東京正直屋

大正13年創業以来、冠婚葬祭を中心としたケータリングサービスから、法人・個人のイベント企画・運営まで幅広い事業を展開している正直屋グループの中核企業です。

そんな東京正直屋の手がける「おうちで贅沢リモート食事会」は、オンライン忘年会、新年会・歓送迎会などの社内イベントに適したプランです。老舗料亭ならではの本格的な料理を、指定された日に参加者の自宅まで届けてくれます。料理の内容や予算など、電話やメールで問い合わせすれば、親身に相談にのってくれます。

料理のチョイスや配送先の住所の連絡はすべてオンラインで完結。料金はすべて全国送料込みなので管理しやすく、幹事さんの負担は最小限に抑えられます。

http://ryouteikoujyou-shop.jp/remote/

DeliPa(デリパ)

DeliPaは、オンライン懇親会や新年会向けの料理宅配サービスです。独自の配送ネットワークを持ち、作り立ての料理を自宅やオフィスへ届けてくれます。1カ所につき1人前1,100円から対応してくれて、最大200カ所まで一斉配送可能。

さらに、ロゴやメッセージが入ったトートバッグやグラス、ドリップコーヒーなどのオリジナルグッズを制作して料理と一緒に届けてくれるほか、オンライン配信のサポートにも対応してくれます。

クレジットカード・QRコード決済はもちろん、法人の場合は請求書対応もOK。一括精算可能なので、面倒な経費精算業務を効率的に行うことができます。

https://delivery-p1.neodining-catering.com

まとめ

人気急上昇中のケータリングサービス

人気急上昇中のケータリングサービスは、幹事さんにも参加者にもメリットがいっぱい。最近増えているオンライン飲み会にもおすすめです。

幹事さんにとって、社内イベントを「どう盛り上げるか」「いかに親睦を深めるか」は頭を悩ませるところ。オンラインであればなおさらです。離れていても心の通う交流会を実施して、社員や従業員の一体感を生み出しましょう。

 

オンラインフードデリバリーサービスをご検討の方はこちら

非公開: 【旧・保存】オンラインフードデリバリーの資料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

正木友実子
福岡在住。大学を卒業後、大手食品メーカー勤務を経て、異業種のライターへ転身。求められている情報をわかりやすく伝えることがモットー
RELATED ARTICLES関連する記事
RECOMMENDおすすめ記事
PAGE TOP