Blog

posted:2022 11.17

オンライン飲み会で盛り上がるゲーム40選!大人数の会社飲み会にも最適

ともしど
オンライン飲み会で盛り上がるゲーム40選!大人数の会社飲み会にも最適

オンライン飲み会では、Web会議ツールにもよりますが複数人が同時に話すと聞き取りにくく、会話をするだけではマンネリ化しやすいという特徴があります。ゲームを活用することで、大人数で実施する会社の飲み会でもコミュニケーションが活性化し、アイスブレイクやチームビルティングの効果も期待できます。

今回は、飲み会の幹事さん向けにオンライン飲み会で盛り上がるゲームを40種類紹介します。

お問い合わせはこちら

資料ダウンロードはこちら

盛り上がる!大人数でも実施可能なゲーム12選

以下では、大人数でも実施できる盛り上がるゲームを12種類紹介します。

1. リモ謎

リモ謎は、オンラインで謎解き脱出ゲームが楽しめるサービスです。参加者はあるストーリーに沿って協力して空間からの脱出を目指します。専任のMCが盛り上げつつ丁寧に説明し、サポートスタッフがフォローするためオンラインでも円滑に謎解きを楽しめます。

チームビルディングやアイスブレイクの効果が高く、参加者同士のコミュニケーションが活性化するため、新入社員研修や内定者研修などの各種研修、オンライン懇親会や歓送迎会などにも適しています。

やり方

  1. リモ謎システム・Web会議ツールを開く
  2. 専任MCの説明を聞く
  3. グループで協力して謎解きに挑戦する
  4. グループ全員でゴールを目指す

人数目安

  • 30人~500人程度(4~6人1グループ)

費用目安

  • 要見積

サービス詳細:リモ謎 | 企業向け謎解きチームビルディングの決定版 | IKUSA.JP

資料ダウンロードはこちら

2. リモBako

リモBakoは、オンライン会場型プラットフォームの「reBako」とリモ謎システムを組み合わせ、オンラインでも実際に会場内で脱出することを目指しているような体験ができるサービスです。reBakoやリモ謎システムはブラウザアプリケーションのためダウンロード不要で利用できます。

リモBakoは会場型のプラットフォームを使用することで臨場感をもって取り組めます。また、パーティー要素が強く、大人数でのオンライン飲み会に最適です。

やり方

  1. リモ謎システム・reBakoを開く
  2. 専任MCの説明を聞く
  3. グループで協力して謎解きに挑戦する
  4. グループ全員でゴールを目指す

人数目安

  • 30人~500人程度(4~6人1グループ)

費用目安

  • 要見積

サービス詳細:リモBako | IKUSA.JP

資料ダウンロードはこちら

3. 謎パ

謎パは、謎解きとパズルを組み合わせた参加者協力型のパズルゲームです。オンラインでもオフラインでも実施できます。クリアするためには全員で協力することが必須で、コミュニケーションを取りながら全員で達成感を共有できるため、会社の飲み会で実施することでチームビルディングの効果も期待できます。

謎パは、飲み会のほか、新入社員や内定者向けの交流イベントや、忘年会・新年会でも人気のサービスです。

やり方

  1. 問題が書かれたデータを参加者に渡す
  2. 他の参加者と情報を共有しながら謎を解く
  3. 謎解きをしながらミッションをクリアしていく
  4. 最終問題を解けたらゴール

人数目安

  • 30人~500人程度

費用目安

  • 要見積

サービス詳細:謎パ|オンラインでもリアルでも!全員協力必須の謎解きチームビルディング | IKUSA.JP

資料ダウンロードはこちら

4. LINE謎解き

LINE謎解きは、LINEの自動返信機能を活用した謎解きサービスです。ミステリーラインゲーム、ナーゾックからの挑戦状などのプランがあります。ナーゾックからの挑戦状は施設内を歩いて謎解きを行えるように設計されています。

LINE謎解きは施設歩きの要素があるため、施設イベントやレクリエーションイベントなどで人気のサービスです。

やり方

  1. QRコードを読み取ってLINEの友だち追加をする
  2. 送られてくる謎を解いて回答を送信する
  3. 正解すると次の謎が送られてくる
  4. 最後のキーワードを入手して報告できればゴール

※回遊型の場合は施設マップが届きます。

人数目安

  • 30~500人程度

費用目安

  • 要見積

サービス詳細:LINE謎解き | IKUSA.JP

資料ダウンロードはこちら

5. 合意形成研修コンセンサスゲームONLINE

合意形成研修コンセンサスゲームは、オンラインでもオフラインでもコンセンサスゲームを実施できるサービスです。コンセンサスゲームは、まずは個人であるお題に対して物の優先順位を決め、その後にグループで議論して回答を導き出すゲームです。

多くの場合、議論をして答えを出したほうが正解に近づくため、合意形成の重要性を学べます。そのため、新入社員や若手社員研修などで人気のサービスです。コミュニケーションスキル、論理的思考力、ファシリテーションスキルなどが求められます。

やり方

  1. あるお題に対する優先順位を考える
  2. グループで議論をする
  3. グループとしての答えを出す
  4. 解説を聞く・振り返りをする

人数目安

  • 30~500人程度

費用目安

  • 要見積

サービス詳細:合意形成研修 コンセンサスゲーム ONLINE|IKUSA.jp | IKUSA.JP

資料ダウンロードはこちら

6. グルメチキンレースゴチバトルONLINE

グルメチキンレースゴチバトルONLINEは、高級料理の金額当てゲームを活用したイベントをリモートでも実施できるサービスです。グルメチキンレースゴチバトルはオフラインでも実施できます。オンライン飲み会で実施する場合は、食材を個別配送し、動画の流れに沿って金額当てゲームを行います。

やり方

  1. 動画を視聴してルールを確認する
  2. 高級料理を実食する
  3. 予想金額をシートに記入する
  4. 合計金額を一斉送信する
  5. 正解を確認する
  6. 正解者を表彰する

人数目安

  • 5~200人程度

費用目安

  • 要見積

サービス詳細:オンライン飲み会を盛り上げる金額当てゲーム | ゴチバトルONLINE | IKUSA.JP

資料ダウンロードはこちら

7. 格付けバトルONLINE

格付けバトルONLINEは、俳句・紅茶・絵画・牛肉の4つの一流のものを当てるゲームをリモートで体験できるサービスです。格付けバトルはオフラインでも実施できます。一流のものを当てられないと格が下がり、専用の背景画像にするため、オンライン飲み会が盛り上がります。

やり方

  • 動画を視聴してルールを確認する
  • 一流のものがどちらなのかを予想する
  • 動画で正解を確認する
  • 全問正解した方を表彰する

人数目安

  • 5~200人程度

費用目安

  • 要見積

サービス詳細:五感で楽しむオンライン飲み会・懇親会向けゲーム | 格付けバトルONLINE | IKUSA.JP

資料ダウンロードはこちら

8. オンラインクイズ大会

オンラインクイズ大会は、オンラインで実施できるオンラインクイズサービスです。オリジナルクイズを作成でき、問題形式も2択・4択・並べ替えなどを選択できます。独自システムで点数集計を行うため、進行や結果確認がスムーズにできます。

やり方

  • MCが行うルール説明を確認する
  • クイズシステムにログインする
  • クイズに挑戦する
  • 回答をスマートフォンから送信する
  • 結果発表や表彰を行う

人数目安

  • 5~200人程度

費用目安

  • 要見積

サービス詳細:オンラインクイズ・ビンゴ大会 | IKUSA.JP

資料ダウンロードはこちら

9. オンラインビンゴ大会

オンラインビンゴ大会は、オンラインで実施できるオンラインビンゴサービスです。オンラインビンゴカードを使用し、ビンゴマシーンが出した数字が自動で反映されるため、進行や結果確認、表彰までをスムーズに行えます。

やり方

  • MCが行うルール説明を確認する
  • ビンゴカードにアクセスする
  • MCがビンゴマシーンを回す
  • ビンゴカードを確認する
  • 結果発表や表彰を行う

人数目安

  • 5~200人程度

費用目安

  • 要見積

サービス詳細:オンラインクイズ・ビンゴ大会 | IKUSA.JP

資料ダウンロードはこちら

10.     おうち防災運動会

おうち防災運動会は、リモートでも簡単に防災について学びながら運動会が楽しめるサービスです。

  • おうち探検!非常食探索トライアル
  • 防災間違い探しオンライン
  • おうちにあるもので防災対策‼防災借り物競走
  • 防災謎解き 崩れゆく会議室からの脱出
  • 全員参加⁉避難所ジェスチャーゲーム

一例ですが、上記のようなオリジナル種目を行います。アイスブレイクやチームビルディングになることを期待でき、3時間程度で行うこともできるため、内定者研修や新入社員研修などでも人気のサービスです。

やり方

  • 開会宣言を行う
  • 第1種目を行う
  • 第2種目を行う
  • 第3種目を行う
  • 第4種目を行う
  • 第5種目を行う
  • 閉会式を行う
  • アンケートを行う

人数目安

  • 50~500人程度

費用目安

  • 要見積

サービス詳細:おうち防災運動会 | オンラインで防災を学ぶ運動会 | IKUSA.jp | IKUSA.JP

資料ダウンロードはこちら

11.     オンライン人狼ゲーム

オンライン人狼ゲームは、リモートで実施できる人狼ゲームです。人狼と人狼以外に分かれ、交渉、探り合いなどを行います。人狼がだれなのかを見破れれば人狼以外の勝ちになります。人狼ゲームに似たゲームとしては少数派探しゲームのワードウルフも挙げられます。オンラインでも気軽に実施でき、大人も没入できることが特徴です。

やり方

  • オンラインで実施できる人狼ゲームサービスにアクセスする
  • 人狼ゲームを行う
  • 結果確認・振り返りを行う

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

12.     マイノリティゲーム

マイノリティゲームは、自分が少数派になるように答えをだすゲームです。一方、多数派になるほうを目指すゲームはマジョリティゲームと呼ばれます。たとえば、「肉派か魚派のどちら?」がお題であれば、自分が少数派になるように仕向けます。少数派のほうを選んだ人にポイントが入り、最も多く稼いだ人の勝ちです。

やり方

  • お題を決める
  • 参加者(グループ)全員で議論をする
  • 各自が同時に発表する
  • 少数派だった人に1ポイントが入る
  • 最後にポイントを集計する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

 

アイスブレイクに最適!少人数の飲み会向けゲーム28選

以下では、少人数向けのゲームを28種類紹介します。

1. オンライン絵しりとり

オンライン絵しりとりは、Web会議ツールのホワイトボード機能やイラスト共有アプリなどを活用し、絵でしりとりをつなぐゲームです。絵を描くことで普段は見えない部分が垣間見え、アイスブレイクになることが特徴です。

やり方

  • 共有して絵を描けるオンラインツールを用意する
  • 参加者を4~5人程度のグループに分ける
  • グループ内で順番を決める
  • 順番を絵でしりとりをつなげる
  • 答え合わせをする

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

2. おうちにあるものしりとり

おうちにあるものしりとりは、家にあるものでしりとりをつなぐゲームです。制限時間を設け、参加者は時間内にしりとりをつなげるものを持ってきます。参加者の私物が見え、パーソナルな部分を知ることができるためアイスブレイクになることが特徴です。

やり方

  • 参加者のグループ分けをする
  • グループ内で順番を決める
  • しりとりの最初の言葉(お題)を決める
  • 制限時間を決める
  • 家にあるものでしりとりをつなぐ
  • 失敗することなく長時間続けられたグループの勝ち

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

3. ジェスチャーゲーム

ジェスチャーゲームは、参加者がお題に関するジェスチャー(身振り手振りで表現する)を行い、その他の参加者が正解を目指すゲームです。ユニークなジェスチャーや、的確で上手なジェスチャーなどが見られて、参加者が自然と笑顔になれて楽しめることが特徴です。

ジェスチャーゲームはオンライン飲み会のほか、オンライン新入社員研修やオンライン内定者研修など、参加者の馴染みが薄く、緊張しやすい場合にもよく活用されています。

やり方

  • グループ分けをする
  • ジェスチャーを行う順番を決める
  • お題を20~30個ほど各グループに共有する
  • 制限時間を伝える
  • 制限時間内の正解数をカウントする
  • もっとも正解数の多いグループを表彰する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

4. 子どもの頃の写真当てゲーム

子どもの頃の写真当てゲームは、参加者が子どもの頃の写真をWeb会議ツールで画面共有し、だれの写真なのかを当てるゲームです。司会・進行役の人に事前に写真データを送付しておき、順番に写真を画面共有します。大人になった現在とは違った面を見ることができ、アイスブレイクになりやすいことが特徴です。

やり方

  • 参加者の写真データを集めておく
  • 子どもの頃の写真を画面共有する
  • 参加者はだれの写真なのかを予想して回答する
  • 正解者に1ポイントが入る
  • もっとも正解数の多い参加者を表彰する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

6.         お顔がだんだん大きくなるゲーム

お顔がだんだん大きくなるゲームは、顔の一部をアップにした写真を画面共有し、だんだん拡大していく過程で早く正解した人にポイントが入るゲームです。参加者同士が互いのことを想像し、考えることができ、アイスブレイクやチームビルディングになりやすいことが特徴です。

やり方

  • 参加者の個人写真を集めておく
  • 画像をアップにした状態で画面を共有する
  • 画面共有した写真データを徐々に拡大する
  • 正解者に1ポイントが入る
  • 正解数のもっとも多い人を表彰する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

6.5秒お絵描きクイズ

5秒お絵描きクイズは、参加者が制限時間5秒で書いた絵が何なのかを当てるゲームです。事前に各々の参加者にお題を伝えておき、参加者は一斉に制限時間5秒以内にお題に対する絵を描きます。短い時間で描いた絵が何なのかを考えるためには論理的思考力や想像力が求められ、ビジネスパーソンも気軽に楽しめるゲームとしておすすめです。

やり方

  • 事前に参加者にお題を伝えておく
  • 参加者にお絵描きアプリを共有する
  • 各々の参加者が一斉にお題に対する絵を描く
  • 順番に参加者が描いた絵を画面共有する
  • 正解者に1ポイントが入る
  • もっとも正解数が多い人を表彰する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

7.         面白バーチャル背景ゲーム

面白バーチャル背景ゲームは、ユニークな画像を用意し、Web会議ツールの背景画像を変更する機能を利用して行う大喜利ゲームです。創作性が高く、参加者が遊び感覚で楽しめます。自由に選んだ結果として不適切な画像を参加者が選んでしまうことを避けるために、背景画像にはビジネスパーソンとして適切なものを使用することを事前に伝えておきましょう。

やり方

  • 参加者が事前に背景画像を選ぶ
  • 背景画像を変更する参加者の順番を決める
  • 参加者が順番に背景画像を変更する
  • 最後にもっとも面白かった人に投票する
  • 投票数がもっとも多い参加者を表彰する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

8.         お宝探しゲーム

お宝探しゲームは、家のなかにあるお宝を参加者同士で見せ合うゲームです。オンライン飲み会が開始してから探すと時間がかかってしまう可能性があるため、参加者に対してお宝をピックアップしておくように事前に伝えておくことが大切です。意外なものや本当に高価なものなどを見ることができ、盛り上がりやすいことが特徴です。

やり方

  • 参加者が事前にお宝をピックアップしておく
  • お宝を見せる順番を決める
  • 参加者同士でお宝を見せ合いながら盛り上がる

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

9.         メッセージリレーゲーム

メッセージリレーゲームは、次の人に対してポジティブなメッセージを伝えるゲームです。メッセージは個人に対してだけではなく、全員が聞いている状態で発表します。メッセージリレーを行うことで日頃の感謝を伝えられたり、参加者の良い部分を知ることができたりするため、チームビルディングにつながったり、心理的安全性が高まりやすいことが特徴です。

やり方

  • メッセージを伝える順番を決める
  • 参加者が順番にポジティブなメッセージを順番が次の人に伝える
  • ポジティブな話を共有しながら盛り上がる

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

10.     雰囲気で出身地当てゲーム

雰囲気で出身地当てゲームは、参加者同士で出身地を当て合うゲームです。出身地がどこなのかを知っている人がいる場合には、その人に対する回答権をなしにします。お互いのことを知らない場合が多い新入社員研修や内定者研修などに適しています。簡単に実施できるアイスブレイクとしておすすめです。

やり方

  • 参加者同士で順番に出身地がどこなのかを当てる
  • 参加者は出身地のヒントを出す
  • 全員の出身地がわかるまで行う

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

11.     NGワードゲーム

NGワードゲームは、NGワードを事前に割り当てておき、それを言ってしまった人から脱落になるゲームです。参加者が自分以外の人のNGワードがわかるように、参加者それぞれのNGワード表を事前に作成しておきます。参加者は自分以外の人のNGワードがわかるため、その言葉を言わせるように仕向けます。準備の手間がややかかりますが、ドキドキ感があり、オンライン飲み会で盛り上がりやすいゲームの1つです。

やり方

  • NGワード資料を参加者の人数分作成しておく
  • 参加者各々にNGワード資料を共有する
  • 参加者が制限時間内にNGワードを他者に言わせるように仕向ける
  • 最後までNGワードを言わずに残った人の勝ち

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

12.     じゃんけん出さないゲーム

じゃんけん出さないゲームは、負けそうなときに出さないことを選択できるゲームです。じゃんけんでグー・チョキ・パーを出さない権利には上限を設けておきます。出さない人数が多いときにはあいこになる可能性が高いですが、権利を使い切ってしまうと負ける可能性が高まります。シンプルなゲームに考える要素が加わることで、より楽しめるようになり、盛り上がることが特徴です。最後まで勝ち残った人を表彰するための賞品を用意しておきましょう。

やり方

  • 出さない権利の回数上限を決めておく
  • じゃんけんをして負けた人は画面をミュートにする
  • 参加者は権利を使用した回数を指で出した状態で続ける
  • 最後まで勝ち残った人が決まるまで行う
  • 最後まで勝ち残った人を表彰する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

13.     ビジネスパーソン川柳

ビジネスパーソン川柳は、ビジネスパーソンあるあるで川柳をつくって発表するゲームです。考えるのに時間がかかる場合があるため、オンライン飲み会の時間が短い場合には参加者に事前に考えておいてもらいましょう。創作を通じて盛り上がれることが特徴です。

やり方

  • 事前にビジネスパーソン川柳を考えておく
  • オンライン飲み会でビジネスパーソン川柳を発表する
  • もっとも良いと感じた川柳に参加者が投票する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

14.     面白写真ゲーム

面白写真ゲームは、参加者自身が写っている面白い写真を共有し合うゲームです。参加者に事前に共有し、面白い写真のデータを用意しておいてもらいましょう。大喜利感覚で笑いながら楽しめるため、アイスブレイクになることが特徴です。

やり方

  • 参加者が事前に面白い画像を用意しておく
  • 順番に写真データを画面共有する
  • もっとも面白かった写真に投票する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

15.     好きなひらがな当てゲーム

好きなひらがな当てゲームは、参加者が好きなひらがなが何なのかを予想するゲームです。参加者は3つのヒントを出し、他の参加者はそれをもとにどのひらがななのかを考えます。簡単に実施できるアイスブレイクゲームの1つです。

やり方

  • 参加者各々にひらがな1文字を割り当てる
  • ひらがな当てを行う順番を決める
  • ひらがなの特徴を表すヒントを参加者が考える
  • ヒントを他者に伝える
  • 一斉に回答する
  • 正解した人に1ポイントが入る

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

16.     イケてるボイスゲーム

イケてるボイスゲームは、自分にとってイケてると思う声でお題を読み上げるゲームです。事前にお題を用意しておき、参加者に割り当て、参加者はお題を読み上げます。素敵な声の読み上げを行うことで、笑い合いながら参加者同士で楽しめます。

やり方

  • 事前にお題を決めておく
  • 参加者は素敵な声でお題を読み上げる
  • 参加者同士で楽しみながら順番に行う

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

17.     柿の種移しゲーム

柿の種移しゲームは、お皿からグラスに柿の種を割箸で移す時間の短さを競うゲームです。小さい袋の柿の種、グラス、割箸を用意して一斉にスタートし、最初にすべてを移し終えた参加者の勝ちです。

やり方

  1. 参加者の各々が柿の種、グラス、割箸を用意する
  2. 一斉にスタートする
  3. 最初に柿の種を移し終えた人が勝ち

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

18.     ものまね当てゲーム

ものまね当てゲームは、だれのものまねをしているのかを当てるゲームです。事前にお題を用意しておき、参加者はそのなかから自分ができそうなものを選択してものまねを行います。用意するお題の数が少ないと簡単になってしまうため、50100個ほど準備しておくと良いでしょう。また、お題を用意せずに、参加者が自分の得意な人物のものまねをする形式で実施することもできます。

やり方

  • ものまねのお題を事前に用意しておく
  • ものまねを行う順番を決める
  • 正解した人に1ポイントが入る
  • もっとも正解数の多い人が勝ち

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

19.     鼻歌ゲーム

鼻歌イントロゲームは、鼻歌で表現している曲を当てるゲームです。参加者は自分の好きな曲を鼻歌で表現し、その他の参加者は何の曲なのかを考えます。有名な曲を選択しやすいように、事前に年代別のヒット曲リストを作成しておくと良いでしょう。

やり方

  • 年代別ヒット曲を準備しておく
  • 鼻歌を行う順番を決める
  • 鼻歌で表現する曲を選択する
  • 正解できた参加者に1ポイントが入る

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

20.     社員クイズゲーム

社員クイズゲームは、社員に関するクイズを事前に作成し、正解数を競うゲームです。同僚のあるあるに関するクイズを作成でき、全員がよく知っていることをクイズにすることで、オンライン飲み会がより盛り上がりやすくなります。全員が楽しく社員クイズゲームを行えるように、ポジティブなクイズを作成しましょう。

やり方

  • 事前に社員に関するクイズを準備しておく
  • クイズに正解した人に1ポイントが入る
  • もっとも正解数の多い人が勝ち

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

21.     だれも勝てない変顔ゲーム

だれも勝てない変顔ゲームは、もっともやり切った変顔をしている人の勝ちになるゲームです。参加者は順番に変顔をし、全員が終わった後にもっともやり切っていたと思う人に投票します。投票数がもっとも多かった人に賞品を用意すると参加者のやる気が上がり、より盛り上がりやすくなります。

やり方

  • 参加者がどのような変顔をするかを考える
  • 変顔を行う順番を決める
  • もっともやり切っていた人に投票する
  • 投票数がもっとも多かった人を表彰する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

22.     もしも願いが叶うならゲーム

もしも願いが叶うならゲームは、もしも何でも叶うとしたら何をお願いするのかを発表するゲームです。パーソナルな部分が垣間見えるため、アイスブレイクになりやすいことが特徴です。会社のオンライン飲み会で行う場合には、「会社で成し遂げたいこと」、「目標にしていること」など、仕事に関することに限定しても良いでしょう。

やり方

  • 願いが叶うならお願いしたいことを考える
  • 参加者が順番に発表する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

23.     あのとき恋したゲーム

あのとき恋したゲームは、初恋について発表するゲームです。何歳のときに、どのような人に恋をして、どうなったかを発表します。初恋を覚えていない人がいる場合には、覚えている限りもっとも若いときの思い出を振り返ってもらいましょう。また、初恋について話したくない人がいる場合には、「人生で一番怖かったこと」、「人生で一番うれしかったこと」などのお題に差し替えましょう。

やり方

  • 初恋について思い出す時間を設ける
  • 初恋について話したくない人に他のお題を伝える
  • 思い出した人から順番に発表する
  • 楽しく話しやすいように全員で盛り上げる

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

24.     ABCゲーム

ABCゲームは、ランダムに選択した3つのアルファベットを頭文字にして、お題に合う言葉を考えるゲームです。たとえば、お題が「休みの日の過ごし方」で、アルファベットがHONであれば、「昼過ぎに、起きて、のんびりする」のような言葉を考えます。

やり方

  1. 事前にお題を用意しておく
  2. アルファベットを選ぶ人を決める
  3. ゲームにチャレンジする順番を決める
  4. お題を発表する
  5. アルファベットを選ぶ
  6. 言葉を考えて発表する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

25.     そんなまさかゲーム

そんなまさかゲームは、自分の過去の経験や実績などのなかで意外そうに思えることを考えて発表するゲームです。たとえば、「親戚が有名人」、「7か国語話せる」など、意外性のあることを発表します。意外な部分を知ることができ、アイスブレイクになることが特徴です。

やり方

  • 参加者が意外性のあることについて考える
  • 発表する順番を決める
  • 意外性のあることを発表する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

26.     好きなお菓子ゲーム

好きなお菓子ゲームは、お気に入りのお菓子を発表するゲームです。参加者同士のパーソナルな部分を知ることができ、好きなものについて明るく話せるためアイスブレイクになることが特徴です。

やり方

  • 発表する順番を決める
  • 参加者が順番に好きなお菓子を発表する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

27.     コーヒーショップゲーム

コーヒーショップゲームは、コーヒーショップやコンビニエンスストアなどのお題に対し、もっとも好きなチェーン店とその理由を発表するゲームです。参加者同士が好きなお店やその魅力を知ることができるため、アイスブレイクになりやすいことが特徴です。

やり方

  • お題を決めておく
  • 好きなチェーン店とその理由を順番に発表する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

28.     ハマっているゲーム

ハマっているゲームは、最近のマイブームを発表するゲームです。参加者同士が意外なことやポジティブなことを共有できるため、アイスブレイクになりやすいことが特徴です。

やり方

  • 参加者が最近のマイブームについて考える
  • 順番にマイブームを発表する

人数目安

  • 5~20人程度

費用目安

  • 無料

 

まとめ

オンライン飲み会を盛り上げるには、ゲームを活用することが有効です。

株式会社IKUSAは、オンラインでもチームビルディングやアイスブレイクになるゲームを実施できるサービスや、レクリエーション感覚で楽しめるフードサービスなどを提供しています。

オンライン飲み会の実施を検討している方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

資料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

ともしど
コンテンツ制作ディレクター/IKUSA編集部ディレクター。寿司板前時代には魚をさばくパフォーマンスを毎日行い、マグロの解体ショーも積極的に実施。「お客様に感謝され喜ばれること」をモットーとして寿司板前の仕事をするなかで学んだ経験を生かし、Web業界で奮闘中。
RELATED ARTICLES関連する記事
RECOMMENDおすすめ記事
PAGE TOP