地域イベント

posted:2021 09.30

updated: 2022 10.21

大学学祭の人気イベントとオンライン企画のおすすめネタを12選紹介

しゅんぺい@ライター
大学学祭の人気イベントとオンライン企画のおすすめネタを12選紹介

大学の学祭を盛り上げたいならば、意識して人気の高いイベントを導入する必要があります。模擬店販売や女装コンテストなど人気のイベントには、どれも人々が興味を惹かれる明確な理由があるのです。

今回は大学学祭の人気イベントに加えて、オンラインで開催される状況を考慮して、Web上で実施できるおすすめアイスブレイクネタを紹介します。学祭の実行委員会を任された方は、ぜひ参考にしてみてください。

大学の学祭の人気イベントの一覧

7 years old boy in halloween costume with a monster esqueleton mask holding black and orange balloons.

大学の学祭における人気イベントの種類は次をご覧ください。

  • 女装・男装コンテスト
    ・見ていて楽しい
    ・人目を惹く
    ・インスタ映えする
  • 歌うま&歌下手コンテスト
    ・歌が上手い人の歌唱力に聞きほれる
    ・歌下手な人との落差に笑ってしまうこと不可避
  • スイーツ系の模擬店
    ・食べ歩きできる
    ・フォトジェニックに優れる
  • お笑いLIVE
    ・人気芸人を呼べば集客に寄与する
    ・笑ってネガティブな気分を払拭できる
  • バンド演奏
    ・青春のイメージが強い
    ・オタ芸やアイドルグループの仮装などバリエーションを付けられる
  • チャンバラ合戦−戦IKUSA−
    ・戦国をテーマにしたユニークなイベントなので、マンネリ化を防げる
    ・年齢や性別に左右されず誰でも楽しめる
  • 周遊型謎解き
    ・謎解きは人気なので、話題性がある
    ・キャンパス内を周遊し、大学の魅力を知ることができる

大学学祭の人気イベントを考察

Young handsome man wearing traditional bunny rabbit ears is standing over isolated beige background. Funny male is looking with smile on face, natural expression. Happy Easter and spring concept.

ここからは、上で挙げた5種類の人気イベントについて考察していきます。各イベントの概要とともに、人気が出る理由について詳しく分析していきましょう。

女装・男装コンテスト

女装・男装コンテストはキャッチーさやインスタ映えの観点から優れており、多くの集客を見込めるイベントです。ただし実施に当たっては、性的マイノリティの方への配慮が求められます。

女装・男装コンテストの概要や人気の理由について解説します。

概要

その名のとおり、男性が女装し、女性が男性してイケメン度や美女度を競うコンテストです。普段は地味な印象の人でも、女装してメイクをすることで顔立ちが際立ち、まるで絶世の美女のように変化する場合もあります。思いもよらない人が美人やイケメンになる意外性がおもしろいポイントの一つです。

人気の理由

女装・男装コンテストの開催に否定的な意見が出ていますが、依然として人気のイベントであることは確かです。男女が逆転するファッションショーは見ていて楽しいと評判です。幅広い層に対してリーチできるのも魅力の一つ。

またインスタ映えも狙いやすいので、人形のような造形美を構築し、SNSなどでうまくアピールしましょう。

問題点

大いに盛り上がりが期待できるイベントですが、安易な実施は危険でもあります。近年は性的少数者(LGBT)の方への配慮の意識が高まっています。学園祭で予定されていた女装・男装コンテストが、LGBT支援団体から抗議を受け、中止になった事例もあります。地域の方や一般の方が広く参加する可能性もある学園祭や文化祭においてこういったイベントは、その有り方によっては傷つく方々もいます。

また昨今では、ルッキズム(外見にもとづく差別)の観点から、そもそも大学のミス・ミスターコンテストの開催自体が賛否両論なものになってきています。様々な意見がありますが、誰も傷つかない方向性にイベント企画することがこれからは重要になっていくでしょう。

歌うま&歌下手コンテスト

カラオケ大会は、文化祭や学園祭の定番イベントの一つです。歌のうまさを競うだけでなく、逆に下手さを争うイベントを同時開催すると企画に奥行きが生まれるでしょう。

歌うま&歌下手コンテストの概要や人気の理由を解説します。

概要

誰がもっとも歌がうまいか、逆にもっとも下手な人は誰なのか競うコンテストです。女装&男装コンテスト同様、かなりの盛り上がりが期待できるイベントとなります。

ただし実施の際は、事前に参加者に打診しておきましょう。即興で参加者を募っても誰も名乗り出ず、場が大きく白けてしまう危険があります。シミュレーションを入念に行った上で、本番で戸惑うことがないよう準備を進めましょう。

また音響機器を設置する必要があるため、雨は大敵です。天候不良によって開催が危ぶまれる危険があるため、代替策の芸を準備しておくといいでしょう。

仮装大会と組み合わせたり、踊りやダンスもOKにしたりとバリエーションが豊富なことも、カラオケ大会の特徴です。

人気の理由

歌うま&歌下手コンテストが人気なのは、感情のジェットコースターが起きるためだと考えられます。歌唱力が高い人の歌に聞きほれた後、歌下手の人たちの音程が外れた歌を聞くとガクッと来て、思わず笑ってしまいます。感情が揺さぶられるので、意識せずとも立ち止まり、長時間眺めてしまうでしょう。

歌うまコンテストはテレビ番組でもよく開催されています。歌唱力のある方のメロディはただ歌っているだけでも素晴らしく、観衆を魅了します。

一方、歌下手コンテストはお笑い番組で行われる場合が多いです。歌っている方には失礼ですが、大爆笑を誘発するおもしろいコンテンツです。

エントリーする人はいかにプライドを捨てられるかが成功のポイントです。司会者は歌下手の人をバカにするような扱いはしないよう、注意して進行しましょう

スイーツ系の模擬店

スイーツ系の模擬店はイベントの定番とも言える存在です。スイーツ系の模擬店とはどんなものなのか、またなぜ人気を博しているのか解説します。

概要

アイスクリームやチュロス、ソーダ、ポップコーンといったスイーツ系の模擬店は文化祭の定番です。クオリティを重視してサーティーワンのような高級商品を提供するほか、逆に薄利多売でコストを抑えて商品を販売するパターンに分かれます。

学園祭ではとくに運動系のサークルが模擬店を展開するケースが多いようです。飲食の模擬店は集客を期待できるイベントですが、オンラインでは開催できない弱みがあります。実際、オンラインで開催される学園祭で、飲食物の模擬店を販売していたところは別のイベントへの変更を余儀なくされています。

人気の理由

イベントでスイーツの模擬店が人気なのは、食べ歩きができ、インスタ映えも期待できるからだと考えられます。フォトジェニックを意識するなら、提供するスイーツだけでなく、お店の雰囲気作りから考慮しましょう。

たとえばハワイアンやアメリカンなど特定のテーマを決め、店員さんの衣装やカップの柄まで統一すると撮影スポットとしても人気が出ます。もちろんスイーツもアーモンドやキャラメルソースなど、見た目が生えるようアレンジを忘れずに!インスタ映えするスイーツの写真は、集客にも役立ちます。

お笑いLIVE

学園祭といえば、人気芸人を呼んでお笑いLIVEを開催するイメージを持つ方もいるでしょう。学園祭のお笑いLIVEの現状や人気の理由について解説します。

概要

お笑い芸人を招き、学内に設けたステージでコントや漫才などを行ってもらうイベントです。プロに頼るだけでなく、学内からお笑いに自信を持つ猛者たちを募ってみるのもいいでしょう。

お笑いプロダクションの最大手である「吉本興業」は、ホームページ上で学園祭・文化祭へ芸人を呼びたい学校に対して依頼を呼びかけています。最近は単純なお笑いステージだけでなく、e-Sportsに対応できる芸人も登場しています。吉本興業オンラインイベントに出演できる芸人の数も多いため、依頼しやすいでしょう。

人気の理由

うまくいけば、テレビにも出演するような超人気芸人をイベントに呼べる場合もあります。このため、集客手法として非常に優れていると言えます。

ネタに自信がある芸人に登場してもらえば、場が大きく湧くはずです。笑うということは素晴らしい行為で、ネガティブな感情を吹き飛ばしてくれます。

コロナ禍で日々我慢を強いられ、鬱屈した感情を発散させたいというニーズは大きいはず。お笑いライブに参加したいと感じている人は以前よりも増えているのではないでしょうか。

またお笑い芸人を呼べば、その芸人のファンが来場してくれる可能性も高いです。大学に興味がない方や遠方に住んでいる方も、お笑いフリークであれば学祭に来てくれるでしょう。

バンド演奏

輝かしい青春の1ページを形成したいと考える学生たちに、バンド演奏は人気を集めています。学園祭におけるバンド演奏イベントの概要や人気の理由について解説します。

概要

学内から参加者を募って、バンド演奏イベントを実施します。メンバー集めは数ヵ月前から開始する必要があります。学園祭の開催時期はだいたい9~10月頃なので、約半年前の5月頃からメンバーを探しましょう。軽音楽部やバンドサークルがあるならば、彼らに依頼するのがベターです。

企画・運営の仕事としては、音響機材の準備やステージの構築などがあります。マイクやケーブル、メインスピーカーなどを準備し、きちんと稼働するか事前に必ずリハーサルを行ってください。

ステージの装飾では、何といっても見た目的な華やかさを意識する必要があります。タイトルバナーやロゴを施し、カラフルな色やストライプなどの目立つ柄を使用します。

大学イベントは目立ってなんぼの世界なので、派手すぎるくらいの装飾がちょうどいいでしょう。

人気の理由

学園祭でバンド演奏が人気なのは、青春のイメージが強いからだと考えられます。誰しも大学生活ではめいっぱい楽しみたいと思っているはず。大観衆の前で一生懸命練習した演奏を披露する経験は、誰もが一度はあこがれる情景です。

参加者が多く募ることが予想されるため、一般的に学生イベントに広く使われるネタです。楽器を演奏するだけでなく、ダンスや踊り、オタ芸などを取り入れてみるのもいいでしょう。

学内でアイドルグループを作り、AKBや乃木坂などの人気グループのモノマネをすると大いに盛り上がります。ビジュアル系のバンドでは獲得できない層にもリーチできるため、アイドルの楽曲はおすすめです。

チャンバラ合戦−戦IKUSA−

チャンバラ合戦−戦IKUSA−は、学園祭などのイベントで、大人数で楽しく盛り上がりたいという方から、注目を集めています。チャンバラ合戦−戦IKUSA−の概要や人気の理由を解説します。

概要

スポンジでできた刀を使って腕につけたカラーボールを落とし合う1000人規模の大人数でも実施可能な参加型アクティビティです。

このアクティビティは戦国時代の戦を平和的にアレンジしたもので、スタッフは戦国武将や忍者の衣装を着て世界観を表現します。

敵軍のボールをより多く落としたチームを、合戦の勝者とします。

人気の理由

戦国時代を基にしたアクティビティは少ないので、学園祭などのイベントに取り入れた際は、たくさんの人に興味を持っていただけます。

ルールがシンプルでわかりやすく、安全に行えるため、男女ともに子どもから大人まで国境を超えて楽しく盛り上がれます。

チャンバラ合戦−戦IKUSA−は、合戦の合間に作戦を立てる時間を設けるため、関係構築がまだできていない参加者同士でも自然とコミュニケーションをとることができます。そのため、イベントなど、親しくない人がいる場でもみんなでアクティビティを楽しめます。

チャンバラ合戦-戦 IKUSA-公式サイトはこちらチャンバラ合戦-戦IKUSA-の資料ダウンロードはこちら

周遊型謎解き

周遊型謎解きはグループで謎解きをしながら遊べるのが好評で、人気を集めています。

周遊型謎解きの概要と人気の理由を解説します。

概要

周遊型謎解きはキャンパス内の訪れて欲しい場所に謎を設置し、それを解いてもらうことで、キャンパスのことを知ってもらうのが狙いです。

各チームで、地図を頼りに好きな順番で謎を探して周遊するため、密の状態になるのを避けられます。

人気の理由

謎解きはテレビ番組でもよく取り上げられていて、話題性があるため、集客を得やすいです。

イベントなどの初対面の方が多い場でも謎解きを通して楽しくコミュニケーションをとることができます。

謎を説きながらキャンパス内を周遊することで、キャンパス内をただ歩いて回るのとは違った魅力を味わえます。

備考

株式会社IKUSAでは、オリジナルの周遊型謎解きが作れるサービスを行なっています。謎解きは年齢や人数は関係なく、誰でも楽しめるゲームで、友達作りのきっかけや、会社のチームビルディングの促進などに繋がるため、とてもおすすめです。

お問い合わせはこちら資料ダウンロードはこちら

大学の学祭でおすすめのオンラインイベント12選

Photographed in Japan.

コロナ禍では、オフラインによるイベントの開催が難しい状況です。オンラインイベントの場合、画面を通したいわば間接的なコミュニケーションしか取れないため、場を沸かせにくいと感じるかもしれません。

しかしゲームを取り入れれば、声や身振り手ぶりだけでも参加者が没入するイベントを構築できます。今回は大学の学園祭でおすすめのオンラインイベントを12個紹介します。

1.リモ謎

リモ謎はオンライン上で開催できる多人数参加型の謎解きイベントです。参加者はビデオチャットツールを使用し、チームで謎解きに取り組みます。出題される謎はチームで協力しないと解けない仕様となっているため、メンバー間の親睦を深める効果が期待できます。

謎解きというと、小難しいイメージを抱く方も多いでしょう。リモ謎は難易度調整機能も備えているため、初めて謎解きをやる人でも安心して利用できます。

またログイン時やアイスブレイクのサポートなど充実したフォロー体制を備えています。トラブルが生じたとしても基本的にIKUSAの担当者が対応してくれるため、依頼者様は安心してイベントを開催できるでしょう。

リモ謎公式サイトはこちらリモ謎の資料ダウンロードはこちら

2.おみやげ謎

おみやげ謎は自宅に送付される専用キットを使って、家にいながら本格的な謎解きを楽しめるアクティビティです。完全非接触で実施できるため、コロナ禍の適したゲームです。

参加者はイベントを楽しみつつ、自分の机で謎解きに没頭できます。イベント以外にもオンライン懇親会時の余興として利用するのもいいでしょう。

またおみやげ謎は、クリアするための制限時間が設定されていません。自分のペースでゆっくり他の参加者と談笑しながら、謎解きを楽しめます。

謎解きといってもとくに難しい内容ではないので、どんな方でも平等です。専用キットには日付やイベント名の刻印も可能です。一生ものの思い出ができる可能性もあるので、ぜひご活用ください。お問い合わせはこちら資料ダウンロードはこちら

3.オンラインクイズ大会

IKUSAが提供するオンラインクイズ大会では、Web会議システム上で出題される問題をパソコンで閲覧し、回答をスマホに送信するという仕組みです。問題は依頼者が作成できるので、学校や学部に絡めた出題が可能です。学外の方に大学のことをよく知ってもらいたいときや入学希望者の学生にアピールする際に有効なイベントです。

問題作成以外の業務、たとえば当日の進行やイベント全体の運営などすべてIKUSAが代行してくれます。また同時に最大2,000名まで実施できる、収容力も魅力の一つ。大勢が参加するイベントをできるだけ手間をかけずに実施したい方は、オンラインクイズ大会がおすすめです。

オンラインクイズ・ビンゴ大会 公式サイトはこちらオンラインクイズ・ビンゴ大会の資料ダウンロードはこちら

4.オンラインビンゴ大会

オンラインビンゴ大会はブラウザや専用アプリを使用し、ネット上で開催可能なビンゴ大会です。ビンゴはほとんど誰もが一度はやったことがあるゲームなので、ルール説明不要で実施できます。ブラウザを用いれば、アプリのインストールや登録もなく、本当に手軽に行えます。

さらに、IKUSAでも「オンラインビンゴ大会」のイベント企画運営を執り行っております。ビンゴの結果はネット上で自動集計できるうえ、運営や司会進行も承りますので、ぜひともお問い合わせください。

オンラインクイズ・ビンゴ大会 公式サイトはこちらオンラインクイズ・ビンゴ大会の資料ダウンロードはこちら

5.おうち防災運動会

おうち防災運動会

おうち防災運動会は、自宅にいながら防災を体験できる新感覚アクティビティです。大規模な災害にいつ見舞われるかもわからない現代、防災知識は今すぐにでも身につけておきたいところ。

おうち防災運動会では、運動会形式でチームメイトと協力しながら、楽しく防災知識を習得できます。種目としては、制限時間内にルールに沿った物を家の中から集める「非常食体験トライアル」やVTRを見て防災上の間違いを見つける「防災間違い探しオンライン」などがあります。

おうち防災運動会では、家族も一緒にゲームを楽しめます。普段なかなか話し合う機会がない防災について考える学びの場を提供してくれるアクティビティです。

おうち防災運動会公式サイトはこちらおうち防災運動会の資料ダウンロードはこちら

6.絵しりとり

絵しりとりは、その名のとおり、絵を使ってしりとりを繋げていくゲームです。前の人が描いた絵を見て「パンダかな?」と思ったら、「ダ」から始まる絵を描いていきます。ゲーム中は回答のヒントとなるようなことを話してはいけません。

絵しりとりが成功するかどうかは、参加者の画力や絵心にかかってきます。意外と伝わらない場合もあり、見当違いな方向に進むおもしろさもあります。

最後に答え合わせの時間を設け、ゲーム中に伝えられなかった意図や考えを発表し合うのもいいでしょう。

7.以心伝心ゲーム

以心伝心ゲームはある問いに対して、チーム内の全員が回答を一致させることを目指すゲームです。たとえば「小学生に人気の食べ物は何ですか?」というお題に対し、全員が「カレー」「ハンバーグ」などと答えるように努めます。

実際にやってみるとわかりますが、なかなか答えが全員一致することはありません。ルールはシンプルであっても、難易度は高いゲームだと言えます。全員一致を目指すよりも、チーム対抗形式にして、回答が揃った数を競う方式にしたほうが現実的です。

8.イントロドン

イントロドンは楽曲の冒頭だけ流して、その曲の曲名を早押し形式で当てるゲームです。ゲームを盛り上げるためには、曲の年代やジャンルにも配慮する必要があります。団塊の世代に対して、今はやりのBTSの楽曲を流してもおそらくちんぷんかんぷんですよね。

イントロドンは、曲を決める方や司会のセンスや手腕が問われる部分が大きいです。曲を流しても誰も答えないという危機的な状況が訪れたときに、うまく場を乗り切る話術が求められます。

9.心理テスト

アイスブレイクに適した、かんたんにできる心理テストを一つ紹介します。お風呂の水がいっぱいになり止める必要があるときに、赤ちゃんが泣き出し、同時にチャイムがなり、さらに電話までかかってきたとします。あなたが最初に対応するものは何でしょうか?

お風呂と答えた人は「お金」、赤ちゃんと答えた人は「愛情」、チャイムの人は「外見」、電話の人は「性格」を大切にするようです。やってみると確かにそうだなと思わされるので、おもしろいアクティビティです。

結果については気休め程度に捉えてもいいですが、雑談の話題作りには適しています。他の参加者の考え方や価値観、性格などの把握にも役立つでしょう。

10.超接写クイズ

超接写クイズはWebカメラに物体の接写画像を映し出し、早押し形式でそれが何か当てるゲームです。出題者は物体をカメラから近づけたり遠ざけたり位置を変えたりしながら、ヒントを出していきます。

このクイズは出題者を持ち回りで変えていき、最終的に全員が問題を出すまで続けます。カメラに映すものは片手で持てるサイズにしたほうが動かしやすいです。

ゲームを盛り上げるために、テレビ番組でもよく使用されている〇×が描かれたピンポンブーを使用してみるといいでしょう。

11. 謎パ

謎パはオンラインでもリアルでもできる謎解きとパズルを組み合わせた「全員協力必須」の謎解きパズルゲームです。

参加者全員でチームを組んで、謎のかけらを集めてミッションのクリアを目指します。

参加者同士で交流してパズルを解くことで達成感を味わうことができます。

謎パ公式サイトはこちら謎パの資料ダウンロードはこちら

12. ハイブリッドイベント

ハイブリッドイベントは、会場にいる参加者とオンラインでイベントをしたい参加者が一緒に楽しめるハイブリッド型社内イベントです。

参加者はオンラインで参加するか、またはリアル会場に集合するかの好きな方を選んで、イベントに参加できます。オンラインの参加者と会場にいる参加者が協力して同じイベントを楽しめます。

オンラインの参加者は、リアル会場にいる参加者と同じ空間、同じ時間でゲームを楽しんでいるような臨場感を味わえます。

ハイブリッドイベント 公式サイトはこちらハイブリッドイベントの資料ダウンロードはこちら

まとめ

Communication network concept. Young asian woman in the office. Social networking service. Streaming video.

大学学祭でとくに人気が高いイベントは「女装・男装コンテスト」「歌うま&歌下手コンテスト」「スイーツ系の模擬店」「お笑いLIVE」「バンド演奏」の5つです。

これらのイベントを導入すれば、盛り上がる確率は高苦なるでしょう。さらにイベントの成功率を高めるために、冒頭でアイスブレイクのゲームを実施してもいいかもしれません。

今回紹介した12個のゲームはオンラインでも盛り上がれるネタばかりです。導入も容易なので、場が湧くかどうか不安な方はぜひ取り入れてみてください。

お問い合わせはこちら資料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

しゅんぺい@ライター
1990年生まれ。埼玉県在住。
大学卒業後、官公庁での勤務を経てライターへ転向。
ビジネスや法律をはじめ、幅広いジャンルの執筆を経験。
専門的な事柄をかみ砕き、分かりやすい文章を心がけています。
RELATED ARTICLES関連する記事
RECOMMENDおすすめ記事
PAGE TOP