企業研修

2021 11.16

2022 01.13

コンセンサスゲームサバ研チャンバラ合戦マーダーミステリー研修謎解き脱出ゲーム

社会人基礎力を鍛える!おすすめのグループワーク8選を紹介

IKUSA.jp編集部
社会人基礎力を鍛える!おすすめのグループワーク8選を紹介

さまざまなビジネスシーンで求められる社会人基礎力を身につけることは、今後の社会人生活をよりよいものへと導くでしょう。昨今では、さまざまな企業も社員教育や育成、経営戦略などの観点から、社会人基礎力の醸成に注目を集めています。

本記事では、社会人基礎力の概要、社会人基礎力を鍛えるのに最適な「グループワーク」とその理由ついてそれぞれ解説します。

 

社内イベント・研修の資料はこちら!

資料ダウンロードはこちら

社会人基礎力とは?

Shaking hands of businessmen and building background

社会人基礎力とは、経済産業省が2006年に提唱した「社会人として活躍するために求められる基礎的な能力」のこと。「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つの能力と、それらに付随する12の能力要素から構成されています。

社会人基礎力はビジネスシーンには欠かせない能力です。人々の働き方や働く環境が大きく変化していくなかでは重要性が高まっていることからも、さまざまな企業が社員教育、人材育成などの観点から注目を集めています。

社会人基礎力の「3つの能力」と「12の能力要素」

Word Skills highlighted with marker on paper of other related words.business success concept.

社会人基礎力の「3つの能力」と「12の能力要素」について、それぞれ解説します。

前に踏み出す力

「前に踏み出す力」は、現状から一歩前に踏み出し、諦めないで粘り強く取り組む能力のことです。日々の業務では「一つの正解」が存在しない場合がほとんどであり、成果を出すためには失敗を恐れずに前へと踏み出す力が大切です。

結果として失敗したとしても、物事の解決に向けて試行錯誤を繰り返す、周りの人々からの協力を得るといった経験は、社会人としての今後の活動に活かせる貴重な経験となるでしょう。

「前に踏み出す力」は、3つの能力要素によって構成されています。

1.主体性

自ら進んで物事に取り組む力のことです。リーダーシップを発揮することでメンバーを導いたり、チームに貢献できる役割を見つけたりして目標達成を目指します。

2.働きかけ力

メンバーに働きかけ、物事に巻き込む力のことです。周囲のメンバーに協力を呼びかけ、目的に向かってメンバーたちを動かしていきます。

3.実行力

目的・目標を設定し、それらの達成に向けたアクションを確実に実行する力のことです。失敗を恐れずに粘り強く取り組む姿勢が大切です。

考え抜く力

「考え抜く力」は、何事に対しても疑問を持ち、最後まで考え抜く能力のことです。日々の業務ではいくつもの問題や課題に直面しますが、それらを改善・解決して成果をあげるためにも、何事に対しても問題解決の意識を持って取り組むことが社会人には求められます。

日々の業務をなんとなく遂行するのではなく、より効率的で効果的な方法を探し出し、それらの課題解決に向けて考えて行動を起こすことが、より大きな成果をあげるためには重要です。

「考え抜く力」は、3つの能力要素によって構成されています。

1.課題発見力

チームの現状を分析し、目的や課題を明らかにする力のことです。目標を達成するためにクリアしなければならない課題を解明・提案し、解決を目指していきます。

2.創造力

既存の物事から新しい価値を生み出す力のことです。既存の考えや形式だけに捉われず、物事の課題解決に向けて適切な対策を考えることを目的としています。

3.計画力

課題解決に向けた計画を明確にし、それに沿って物事を進めていく力のことです。解決策のなかで最善な選択肢を見つけ、それに向けて準備をしていきます。

チームで働く力

「チームで働く力」は、さまざまな人と一緒に目標へ向けて協力し、取り組む能力のことです。個人で取り組める仕事量やその成果には限界がありますが、さまざまな関係者と協力することで、より大きな成果を出すことが可能となります。

他者と協力するためには、自分の意見や考えを相手へ明確に伝える力、相手の背景や考えなどを考慮して話を理解する力、チームメンバーそれぞれの立場を客観的にみて物事を進めていく力など、コミュニケーションに大きく関わる能力が求められます。

「チームで働く力」は、6つの能力要素によって構成されています。

1.発信力

自分の意見を相手にわかりやすく伝える力のことです。相手の考えや価値観をしっかりと理解した上で、自分の意見をわかりやすく伝えることが必要です。

2.傾聴力

相手の意見や話をしっかり聴く力のことです。相手が話しやすい環境を作り、適切なタイミングで受け答えをすることで、相手の意見や考えを引き出します。

3.柔軟性

メンバー内での意見や立場の違いを理解する力のことです。一つのやり方に固執せず、メンバーの意見や考えを尊重して物事を柔軟に理解し、最善策を見つけます。

4.情況把握力

メンバー内の関係性を理解し、その状況を把握する力のことです。関係性を把握することで、自分やメンバーがどのような役割を果たすことでチームに貢献できるかを考えます。

5.規律性

ルールや他者との約束を守る力のことです。何事にもルールや決まりがあり、社会人としてそれらを遵守した上で物事を進めることが前提といえるでしょう。

6.ストレスコントロール力

ストレスに対応する力のことです。ストレスを避けるのではなく、ストレスの受け方や考え方を変えることで成長の機会として捉え、対応することが求められます。

人生100年時代における社会人基礎力の「3つの視点」

Business and life style concepts, ranking

2018年に開催された「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」では、人々の働き方や働く環境などの変化に合わせて社会人基礎力をアップデートした「人生100年時代の社会人基礎力」が新たに定義されました。

人生100年時代の社会人基礎力では、3つの能力と12の能力要素を軸に、「能力を発揮するにあたって、自己を認識してリフレクション(振り返り)しながら、目的・学び・統合のバランスを図ることが、自らキャリアを切りひらいていく上で必要」と位置付けられ、学び・統合・目的の3つの視点が加わりました。

3つの視点について詳しく見てみましょう。

【学び】何を学ぶか

学びの視点では、「自分が何を学ぶことで、仕事や人間関係などへ付加価値を与えられるか」「強みを伸ばし、弱みを克服するためには何を学べばいいのか」など、社会人自身が学ぶものについて考える視点です。

単に日々の仕事に取り組むだけではなく、自分自身が仕事を通じて学ぶべきものについて考えることで、より高い学習効果や能力の習得へと繋がります。

【統合】どのように学ぶか

統合の視点では、今までの経験や他者との関わりから何かを学びを得る意識を持つことで、より多くの物事を統合し、そこから学びが得ることを目指しています。

より大きな学びを得るには、独自で学習に励むだけではなく、自分の視野を広く持ち、多様な人々と関わる機会を創出することが大切です。

【目的】どう活躍するか

目的の視点では、学びや経験を通じて、自分がどのような形で自己実現・社会貢献に向けて行動していくかを考える視点のことです。自分が起こすアクションのそれぞれに目的意識を持つことで、社会的価値のある創出に向けた行動へと繋がります。

社会人基礎力を鍛えるおすすめの方法

社員総会を盛り上げるために欠かせない「実行委員会」

社会人基礎力を鍛えるためには、どのような方法があるのでしょうか?

研修(グループワーク・ゲーム)

社内研修としてグループワークやゲームを実施することは、チームワーク、コミュニケーションといった能力を鍛えることに繋がります。グループワークやゲームは楽しみながら参加できるため、参加者も普段の業務とは違う形で、気軽に参加できることが特徴です。

また研修は、その目的や対象とする人材層によって内容を変更できることからも、社会人基礎力を効果的に身につける方法として活用できます。

プロジェクトへの参加

社内で活動しているプロジェクトに参加させることは、研修や講座よりも社会人基礎力の醸成として高い効果が期待できます。プロジェクトを通してさまざまな成功体験・失敗体験を得ることは、参加者自身の成長へと繋がり、その経験を実践へと活かすことにも効果が期待できるでしょう。

社会人基礎力を鍛えるためにグループワークが適している4つの理由

top view asian ux developer and ui designer brainstorming about mobile app interface wireframe design on table with customer brief and color code at modern office.Creative digital development agency

社会人基礎力を鍛えるにはいくつかの方法がありますが、そのなかでも特におすすめの方法が、グループワークによる研修です。グループワークは、楽しみながら参加できるという点以外にも、より実践に近い形で研修を行うことができ、ビジネスシーンで求められるさまざまな能力の醸成の機会として活用できます。

1.チームワークに求められる能力を醸成できる

グループワークでは、参加者を数名のグループに分け、テーマに沿った話し合いやディスカッションをした上で、最終的な結論や成果物を発表する形式が多くあります。

他者と協力する「チームで働く力」はもちろんのこと、グループのメンバーを引っ張っていくための「主体性」や、グループの課題を見つける「課題発見力」など、さまざまな社会人基礎力の醸成として有効に活用できます。

2.実践に近い形でアウトプットができる

仕事やプロジェクトは、基本的には複数人のチームで進行していく場合が多いでしょう。より大きな目標を達成するためには、自分一人で物事を進めるだけではなくチームでの協力が必要不可欠です。

グループワークは、コミュニケーション能力やチームワーク力などの能力をインプット・アウトプットする機会として活用できます。

また、これらの能力をアウトプットした結果得られた成功体験や失敗体験は、参加者自身の一つの経験として今後の実践でも活かすことが可能となり、自己成長へと繋げられます。

3.ゲーム性があり楽しみながら研修ができる

グループワークやゲームは普段と業務とは異なり、リラックスした環境で楽しみながら参加できます。チームごとにゲームの勝敗を決めるため、目標達成に向けてゲーム感覚でチームワーク力を醸成することにも繋がります。

4.オンラインでも実施可能

昨今では、さまざまな企業がリモートワークを導入していますが、Zoomなどのオンラインツールを活用することで、オンラインでもグループワークを実施できます。オンラインのグループワークでは参加する場所を選ばないことが特徴的であり、リモートワークによってリアルでのコミュニケーションが減ってしまったチームの交流としても活用できるでしょう。

グループワークを実施する際の注意点

Japanese women in business who give the "no" sign at the office

社会人基礎力を鍛えるためにはグループワークがおすすめですが、その際にはいくつかの注意点があります。これらをしっかりと把握し、対策することで、より効果的なグループワークの実施へと繋がります。

目的は明確にする

グループワークに限らず、社員教育として研修や講座を実施する際には、その目的を明確にすることが重要です。参加者が研修に対しての目的意識を持つことで、「なぜこの研修に参加しているのか」を参加者自身が理解し、主体性を持ってグループワークに取り組むことに繋がります。

特に、グループワークやゲームは楽しみながら参加できるため、「ただ楽しかった」で終わってしまうこともあります。貴重な時間やコストを割いて研修を実施している以上、事前に参加者へ研修の目的をしっかりと伝え、効果的な研修の実施を目指しましょう。

同調圧力がかかる

研修やグループワークといえど、一緒に参加するのは普段のメンバーである場合が多いでしょう。研修中で、メンバーとの普段の関係性などが重なることで、参加者自身が「正しい選択」をできなくなってしまうことが考えられます。

また、その影響から、多数派に従ってしまったり、自分自身の意見を言わなかったりしてしまう恐れもあります。研修やグループワークの効果を最大限に活かすためにも、参加者には事前に研修の目的を伝え「あくまでも研修の場」であることを理解してもらうことが大切です。

ベストな選択肢を見逃す可能性がある

「メンバー全員で統一した意見」というのは、参加者個々が持つ意見よりも過剰に自信を持ってしまう場合があります。多人数で何かを決めたことによって得られる自信や気持ちは、個々の判断能力の低下に繋がり、客観的な意見を受け入れられなかったり、ベストな選択肢を見逃してしまったりすることも考えられます。

メンバー内でしっかりと意見を発言できるようにするためにも、参加者各々が発言しやすい環境を作ったり、個別に役割を課したりすることが有効です。

社会人基礎力向上のためにおすすめのグループワーク8選

College students are discussing at a lounge of research facilities

社会人基礎力向上におすすめのグループワークを8つ紹介します。

1.マーダーミステリー研修

マーダーミステリー研修とは、推理小説のような世界観で物語が進行するゲーム「マーダーミステリー」を活用した新しい形式の研修です。マーダーミステリーの目的は「犯人を見つける」ことですが、犯人は参加者の中に紛れ込んでいるため、各々が所持している情報を出し合いながら、物語のクリアを目指します。

物語をクリアするためには、参加者同士での情報共有が大きなポイントです。情報や意見を交換するなかで、発信力や傾聴力、柔軟性、創造力などを育むことに有効です。

マーダーミステリー研修の資料ダウンロードはこちら

2.謎解き脱出ゲーム

「謎解き」と「脱出ゲーム」を合わせた、新感覚の謎解き体験型アクティビティです。謎解き脱出ゲームでは参加者自身がゲームの主人公となり、与えられた謎を解いてゲームのクリアを目指します。

謎を解いていくなかでメンバー同士での協力や役割分担は必要不可欠であり、答えのわからない謎に対して挑むための「前に踏み出す力」が求められる内容となっています。

謎解き脱出ゲームの資料ダウンロードはこちら

3.コンセンサスゲーム

コンセンサスゲームとは、ゲームを通じて他者からの合意形成を得るためのプロセスやその要点を体感できる研修です。合意形成はさまざまなビジネスシーンで求められるため、社会人としても身につけておくべき能力といえます。

合意形成を得るには、傾聴力や創造力、情況把握力、柔軟性などのコミュニケーション能力が必要になります。コンセンサスゲームを通じてこれらのコミュニケーション能力を体感し、身につけることで、さらなる成長へと繋がります。

合意形成研修 コンセンサスゲーム ONLINEの資料ダウンロードはこちら

4.チャンバラ合戦-戦IKUSA-

チャンバラ合戦

チャンバラ合戦-戦IKUSA-とは、スポンジの刀と「命」と呼ばれるボールを使い、相手の命を刀で切り落とす体験型アクティビティです。ルールはかんたんで、相手のチームの命をすべて切り落としたら勝利。年齢や性別を問わずに誰でも楽しめるのが人気の理由です。

ルール自体はかんたんであるものの、勝つためにはチームの戦略が必要であり、チームを勝利へと導く主体性や働きかけ力、戦略を立てる計画力や実行力が育まれます。

チャンバラ合戦-戦IKUSA-の資料ダウンロードはこちら

5.サバ研

サバ研は、エアガンとBB弾を使用して行う軍隊体験ゲーム(サバイバルゲーム)を研修用にアレンジしたゲームです。戦略や戦術をチームで考え、相手チームとの戦いに勝利するには、社会人基礎力の中でも特に「チームで働く力」が重要になり、ゲームを通じてそれらの能力の育成に繋がることが期待できます。

サバ研の資料ダウンロードはこちら

6.野球のポジション当てゲーム

野球のポジション当てゲームとは、各参加者に配られた情報カードをもとに「誰がどのポジションなのか」を当てていくゲームです。情報カードには野球のポジションに関する記載がありますが、それらの情報は口頭のみでしか相手に伝えられません。

そのため、相手に自分の情報を正確に伝える能力や相手の話を理解するための傾聴力、出揃った情報を整理する情況把握力などの能力が求められます。

7.レゴ

レゴ®シリアスプレイ®とは、レゴ®ブロックを活用したワークショップです。各参加者が頭に浮かべているイメージをレゴ®ブロックで表現し、イメージの見える化を行います。その作品を通じ、言葉では伝えにくい参加者の想い、考えについて理解することで、参加者同士の相互理解の促進へと繋がります。

レゴ®ブロックで作品を作り、相手に伝える過程では、創造力や発信力といった能力を身につけることにも繋がります。

8.バーンガ

バーンガとは、トランプを活用した異文化コミュニケーション体感ゲームのことです。ルールに沿って手持ちのトランプを順番に出し、最初に手持ちのトランプがなくなった人が勝ちとなります。

一見するとかんたんなゲームに思われますが、実はチームごとに若干のルールが異なるのがバーンガの特徴です。一回のゲームが終わるごとに、一位と最下位のメンバーをそれぞれ他のチームと交換するため、他のチームに行ったメンバーはルールが違うことに戸惑います。

ゲームは終始無言でプレイしなければならないため、ルールが異なるなかで、ジェスチャーのみで意思表示をすることが求められます。そのため、創造力や発信力、柔軟性を育むことに繋がります。

また、ゲームを通して、チームごとにルールや前提が異なるなかで、少数派はどのような気持ちになるのか、自分がどのように反応するのかといった感情を知ることができます。

まとめ

portrait of asian business group standing

今回は、社会人基礎力の概要や、社会人基礎力を鍛えるためのグループワークの特徴について解説しました。

社会人基礎力は一日二日で身につくような能力ではありませんが、時間や労力をかけてそれらを習得することで、今後も社会人として活躍し続けることができるでしょう。

今回解説した社会人基礎力を鍛えるためのグループワークを活用し、社員教育や人材育成を実践してみてはいかがでしょうか。

 

2021年には年間600件を超えるオンラインイベント・オンライン研修を実施させていただきました。企業や自治体、商業施設、学校などのイベント・研修実施に関するサービス資料は以下よりダウンロードしてください。

資料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

IKUSA.jp編集部
IKUSA.jpでは、楽しさを主軸にした体験型のイベントや研修に関する情報をご紹介していきます。オンラインでもリアルでも、参加者全員が楽しめるイベントはIKUSAにお任せください。
RELATED ARTICLES関連する記事
RECOMMENDおすすめ記事
RECOMMENDおすすめサービス
PAGE TOP