合戦武将コラム殿堂入り

2018 03.29

合戦武将隊

大人数の宴会で確実に盛り上がるゲームを幹事歴10年の宴会部長がお伝えします!

元親
大人数の宴会で確実に盛り上がるゲームを幹事歴10年の宴会部長がお伝えします!

戦国チームビルディングの宴会担当、元親(もとちか)と申します。私は社会人になって以来、数々の宴会で幹事を務めてまいりました。

会社のキックオフ、結婚式の二次会、社会人向けのパーティーなど、10年間でゆうに100回以上の幹事を経験してまいりました。現在では宴会が好きすぎて、職業も人材業界からイベント業界へシフトしてしまった次第でございます。

その為、人々は私のことをこう呼びます。

「宴会バカ! 」

と!!

ディスられているのか、褒められているのか定かではございませんが、宴会、結婚式の幹事の最大の見せ所は、やはり全員を巻き込んだ余興ですよね。そこで今回は、宴会、決起総会などの社内イベント、さらには結婚式などでも必ず盛り上がる、最強の大人数向きゲームをご紹介したいと思います!

幹事としての心構えやテクニックなども交えつつご紹介していきますので、この記事を読み終えたとき、あなたは間違いなく一歩上の幹事になっていることでしょう。

それでは、名幹事への扉を開きましょうぞ!!

 

チャンバラ合戦-戦 IKUSA-公式サイトはこちら

 

宴会で確実に盛り上がるゲーム!大人数でもカスタマイズ可能な参加型クイズ大会

今回ご紹介しますのが、絶対に外すことのない超絶安定企画。参加型巻き込み型クイズ大会でございます。

普通じゃん……。

と思われましたか?

甘い! 甘いですぞ!!!

そんな方こそ、ぜひ最後まで読んでこの企画の奥深さを堪能して下さい。

こちらは50人~300人程度までなら難なくカバーでき、企業の色・参加者の層に合わせてカスタマイズ自由なので、会社の宴会、結婚式の二次会とほぼ全てのシーンで間違いなく盛り上がりますよ。

それでは、参加者巻き込み型クイズ大会の概要とその魅力をご説明していきましょう。

参加型クイズ大会の概要(カテゴリ別で解説)

まず、大きな流れとしては以下となります。

  1. テーブルは5人~10人程度で着席(50人なら5人10席。300人なら10人30席が理想)
  2. ステージ、プロジェクター、スクリーンは環境として必須
  3. 各チームに・太めのサインペンと画用紙(4択用にA~Dと書かれたもの及び自由に記入できる空白の画用紙5~10枚程度)
  4. 優勝チームを中心に景品を準備(景品は必須、罰ゲームはどちらでもいいです)
  5. 司会者がクイズを出し、正解チームにポイントを与えていく

これでOKです。そして、参加型クイズ大会の素晴らしさはここからです。

冒頭でも述べたようにカスタマイズが自由自在のため、今回はクイズ形式、グループワーク形式、ステージ対決形式のカテゴリ別にどのようなクイズ(チャレンジ)を出題すればいいのかを具体的にご紹介します!

オーソドックスだけど1番確実なクイズ形式

まずは、参加型クイズ大会の根幹となるクイズ形式です。ただのクイズとはいっても、以下の様な出題内容は絶対にNGです。

Q.安倍政権が発表した政策の名前を答えよ!

これはダメ。絶対にダメです。なぜならば、時事ネタは多くの人にとって、クソほどつまらない問題だからです。そこで、クイズを出すにしてもおすすめのパターンをご紹介します。

1.会社に関わるクイズ(所要時間:1問3~5分程度)

創業エピソードや面白い事件など、参加者に不公平のない問題をベースに出題していきましょう。そんなの思いつかない!! という方もご安心ください。

過去に私が出した具体例をいくつかご紹介します。

  • 会社のFacebookページで投稿された内容でもっとも新しいものは何か?
  • 〇〇社長がこれまで起こしてしまった一番の大失態とは何か?
  • 大手取引先の〇〇社から、空前絶後の大クレーム!しかし、この時に〇〇部長がとった行動とは?

※難易度に合わせて、4択か自由記入形式にするといいです

公式に公開されている情報や、社長や役員の出来事をクイズにすることで、笑いや発見があり、楽しみながら自身の会社や人についてのエピソードを知ることもできます。

それに実際にやってみると分かりますが、意外と会社のことを知らない人が多いです。以下のような当たり前のような内容でも、全然正解しないのです。

  • 設立年月日は?
  • 資本金は?
  • 役員の名前を最後まで漢字で書けるか?

ぜひ試してみてください! しかし、ここで重要な注意点があります!

まず、人に焦点を当ててクイズを出した場合は、正解発表後にその人に一言コメントを貰うことが基本的なマナーですので、司会者はコメントをもらうようにしましょう。

人によっては、更に盛り上げてくれることもありますが、たまに長く話してしまう方がいます。話が長いと余興がグズグズしてしまうので、事前に一言「手短に」と前置きすることが幹事にとって重要ミッションとなります。

<流れ>
1.クイズを出題
2.シンキングタイム
3.正解発表
4.コメント

<準備まとめ>
・PC、プロジェクター
・太めのサインペンと画用紙(A~Dと書かれたもの及び自由に記入できる空白の画用紙5~10枚程度)
・誰かにコメントをもらうときは「手短に」の前置きを忘れない

2.子どもの時の写真あてゲーム(所要時間:1問5分程度)

事前に上司や社員から小さい頃(3歳前後が理想)の写真をもらっておき、それが誰なのかをあてるゲームです。ちなみに年配の方(通常だと役員や部長陣)であればあるほど影も形もないので、思ったよりも難しく、正解発表での盛り上がりが大きいです。

更に発表後はサクサクっとでもいいので、小学生、中学生、大学生、社会人と現在に近づく形で写真をご紹介することで更に盛り上がります。

できればちょっと恥ずかしい写真をいくつか公開することによって、更に盛り上がりが望めますので、そういった写真をお願いすることも忘れずに。

<流れ>
1.クイズを出題
2.シンキングタイム
3.正解発表
4.いじりとコメント

<準備まとめ>
・PC、プロジェクター
・出題者の幼少期と、それ以降の写真数点
・出題者への根回しも忘れないで
・太めのサインペンと画用紙(A~Dと書かれたもの及び自由に記入できる空白の画用紙5~10枚程度)

それでは続いて、よりカスタマイズした形式をご紹介します。

チーム対抗(グループワーク)形式

同じテーブルのメンバーと一緒に作業をすることで、グループのコミュニケーションが促進されますよね。そこで、テーブルで出来るグループワーク型の出題は非常に盛り上がります。

これまたどのようなゲームをしたらいいのかわからないという方の為に、いくつか事例を紹介します。

チームでお絵かき対決(所要時間:10~15分程度)

実際に試した中で最も盛り上がったグループワーク形式の対決が、チームでお絵かき対決でした。これは正直……かなり盛り上がります。

初めにお絵かきするキャラクターのお題を出題します。例えば、誰もが知っている「アンパンマン」です。このアンパンマンを思い出しながら描いていきます。

ただし、一人で全部書いてしまうのではなく、一人一筆が基本原則です!

絵のうまい人、苦手な人がカバーしあいながら、顔、体、手足、装飾品などを書いていくので、チームでワイワイしながら進んでいきます。

それを集めて、司会者ができのひどいものを中心にいじりながら、優秀作品を決めていきます。ここで確実に爆笑が起きます。(この時にどこのチームのものか分かるように画用紙の裏にチーム名を書いてもらうことも忘れずに)

<流れ>
1.クイズを出題
2.お絵かきタイム
3.絵を回収
4.正解画像の発表
5.解答いじりとコメント

<準備まとめ>
・PC、プロジェクター
・太めのサインペンと画用紙(空白の画用紙5~10枚程度)
・正解の画像

ステージを使っての対決形式

そして大宴会の余興で最も盛り上がるのがステージイベント。ステージを有効活用して、参加者同士で戦ってもらいましょう。

大きく分けて二つのパターンがありますので、お時間が許せば両方することおすすめします。

チームの代表者がステージで戦う形式

チームの代表者が前に来て、戦う形式です。クイズを一緒に解き、グループワークを経てきたこの時点で、チームの結束力は強いものとなっています。そこで最後に、ステージ上に立った仲間を応援するという演出で、宴会の余興は最高潮を迎えるのです。

司会者側の任意で選んだ人をチョイスする形式

こちらは会社の上席の方や、ユニークな方をチョイスして戦ってもらう形式です。
営業部長対決や、社長・副社長の戦いなど、盛り上がりそうなカードで戦ってもらい、各チームはだれが勝つかを事前に投票(画用紙にだれが勝つかを書く)します。

ステージ対決は大人数ならではの、華の舞台です。更に場合によっては、事前の表彰式などで、惜しくも壇上に立てなかった人を救える可能性もありますw

また、少し過激な対決の場合は、事前に対決内容を発表して、そこからメンバー選定。任意で選ぶ場合は、事前の根回し必須です。

幹事の仕事は、ゲームを考えて進めるだけではなく、誰一人として嫌な思いをすることなく、気持ちよく楽しめるよう、細かなリスクヘッジも重要な任務だということを肝に銘じましょう。

でも…どんな対決をすればいいのか分からない?

安心してください。そんなあなたの為に、対決バリエーションを4つご紹介します。

1.ゆで卵、生卵ゲーム(所要時間:5分)

1つ目のゲームが、ゆで卵、生卵を使った対決となります。対決方法は、かごの中にゆで卵と生卵を入れて置き、挑戦者はその中から一人1つずつ手に取ってもらいます。
もちろん、挑戦者はそれがゆで卵なのか、生卵なのか手に取っただけでは分かりません。

そして、司会者の合図で、挑戦者は勢いよく頭で割ってもらいます。ゆで卵なら、中身は出ませんが、生卵なら……。

結果はご想像の通りでございます。

サポートとして、もし生卵ならそれをお椀でキャッチする人。万が一服や会場を汚さないように、エプロン、ブルーシートなどを準備して対応するのがいいでしょう。

最後においしく生卵をいただくことも忘れてはいけません。

<流れ>
1.挑戦者のお呼び出し
2.挑戦者の整列
3.卵を渡す
4.割る

<準備まとめ>
・生卵とゆで卵を準備(コンビニで買えます)
・かご(100均で買えます)
※5人くらいなら生卵1個、ゆで卵4個でいいでしょう

2.ダンボール椅子対決(5分)

2つ目が、ダンボール椅子対決です。こちらは、中身が空白のダンボールと、本などが入っており座っても壊れないダンボールを用意。

各自、好きなダンボールを選んでもらい、ダンボールの前に立ってもらいます。そして、司会者の掛け声で一斉に座ってもらいます。もちろん中身が空っぽのダンボールは、潰れますので、ダンボール選びに失敗した方は情けない姿をさらしてしまうことになります。

<流れ>
1.挑戦者のお呼び出し
2.挑戦者の整列
3.段ボール登場
4.段ボール選び
5.座る

<準備まとめ>
・ダンボールの中身が空洞のもの
・ダンボールの中身が本などで敷き詰められて潰れないもの

3.トイレットペーパー早巻き対決

長めの棒を用意して、そこにトイレットペーパーを少しだけ巻きつけます。司会者の合図で、挑戦者は一斉にトイレットペーパーを巻いていき、一番早く巻き終えた方が優勝です。

戦いが肉薄することもあるので、勝利の瞬間は見逃さないように注意しましょう。

<流れ>
1.挑戦者をお呼び出し
2.挑戦者の整列
3.トイレットペーパー登場
4.巻く

<準備まとめ>
・長い棒とトイレットペーパーを準備(100円ショップで買えます)

4.大定番!ストッキング引っ張り対決

こちらは定番中の定番の対決ですが、宴会でやることによって飛んでもない笑いが起きます。また、1対1ではなく4人同時対戦も可能です。

必要なのは、二足のストッキングだけ。100円ショップで簡単に手に入ります。。

なによりも、このストッキング対決は、どんなイケメン・美女でも必ずひどい顔になるという効果があります。ですので、いきなり対決を始めずに、ストッキングをかぶった状態の、戦う前の顔をいじるのもポイントです。

司会者「本当にあのイケメンの山下課長ですが?」
山下課長「ハ、ハヒ!ヤマヒタです!!」

なんてやり取りがあると、更に笑いが起きることでしょう。

この時に、ビデオカメラをつないで、スクリーンに映すことができればもっと盛り上がります。お笑い番組を生で見ているような感覚になります。

<流れ>
1.挑戦者をお呼び出し
2.挑戦者にストッキングをかぶせる
3.いじる
4.引っ張り合う

<準備まとめ>
・ストッキング人数分(100円ショップで買えます)
・ビデオカメラなどでスクリーン投影できればなおよし

宴会をするのに便利なツールもご紹介しておきます

忘年会、新年会が多いシーズンとなってきました。そこで一つだけおすすめのツールをご紹介させてください。

そのツールとは!?

調整さん!

こちらどんなツールかと言いますと、名前の通り日程調整ツールでございます!

開催候補日を幹事が登録すれば、URLをラインなどで共有するだけで、どれだけ人数がいても簡単に集計が可能となっています。

その他にもラインアンケートなども便利ですが、グループに紐づいてしまうので汎用性が少ないんですよね。という訳で、日程調整も幹事の仕事!!

ぜひ、試してください!

宴会の余興こそ、幹事力が発揮される最大の場所

大きな宴会を任された幹事の皆様。今回ご紹介した参加者クイズ大会は、私が楽しさを保証させていただきますので、一度チャレンジしてみてください!

幹事には、多くの根回し、気遣いが必要なのです。幹事とは演出家であり、ビジネスマンであり、仕掛け人ということを忘れずに、責任をもって参加する方が楽しめる時間を演出できるようとことん努力をしていきましょう。

 

この記事を書いた合戦武将隊の元親のページへ

チャンバラ合戦-戦 IKUSA-公式サイトはこちら

この記事を書いた人

元親気炎万丈!元親
twitter
四国の雄、長宗我部元親の化身。海を愛する合戦武将隊随一の戦馬鹿、元親。
朝から晩まで合戦と宴のことしか考えない男は戦と聞けば何処へでも!
MCや脚本を得意とし、戦場に立てば大人から子供まで誰にでも好かれる、「男が惚れる男」、それが元親。

RECOMMENDおすすめ記事

RECOMMENDおすすめサービス

PAGE TOP