企業

2020 12.01

ドライブインシアター

トヨタ自動車株式会社「幹の会」の皆様にドライブインシアターをご利用いただきました!

たまこ
トヨタ自動車株式会社「幹の会」の皆様にドライブインシアターをご利用いただきました!

皆様、こんにちは!
実は映画が大好きなたまこです。

 

20201024日(土)、愛知県豊田市にて、ドライブインシアターが開催されました!

今回の参加者は、トヨタ自動車株式会社「幹の会」の皆様です。

 

自動車メーカー様とドライブインシアターというまさに相性ぴったりなイベントの様子を、お写真と共にお伝えしてまいります!

ドライブインシアターとは

ドライブインシアターとは、車に乗ったまま映画鑑賞を楽しめるイベントです。
駐車場や広場などの会場に巨大スクリーンを設置し、映像はスクリーンで、音声は車内のFMラジオにて楽しみます。

 身内以外との接触がほとんどないので、3密を避けたイベントとして、今注目を集めています。
映画館とは違い自由に飲食や会話を楽しめるので、小さいお子様がいるご家族でも楽しめる、新しいスタイルの映画鑑賞です。

ドライブインシアター実施の背景

今回ドライブインシアターを実施いただいたのは、トヨタ自動車株式会社「幹の会」の皆様です。

これまでに様々なイベントを行い親睦を深めてきた皆様でしたが、昨今のコロナ事情により、大人数が集まるイベントの開催が困難に… 

そこで、3密を避けて実施できるイベントとして、ドライブインシアターを実施する運びとなりました。

ドライブインシアターは、大手自動車メーカーであるトヨタ自動車株式会社様に、まさにぴったりのイベント!
運営側の私たちも、当日をとても楽しみにしておりました。

当日の様子

いよいよここからは、当日の様子をお伝えします!

 入場時間になると、お客様が続々とお車で現れます。

スクリーンをしっかり見られる位置にスタッフが案内し、誘導に従ってお車をお停めいただきました。
(さすが自動車メーカーの皆様、駐車がとてもスムーズでございました…!)

スクリーンの近くに車を停めれば、大迫力の映像が楽しめます!

 

今回、待ち時間には、売店ブースにて軽食を購入することができました。

なかには、映画館でおなじみのポップコーンも!

 

早めに会場に着いたご家族は、売店にて飲み物やお菓子をご購入されていました。

また、仲良く記念撮影をするご家族も!

ドライブインシアターならではの記念撮影を楽しんでいらっしゃいました。

 

さぁ、夜がふけて、参加者の皆様がどんどん集まってまいりました!

時間になり、空が真っ暗になると、いよいよ上映開始です!

 

今回上映したのは、大人から子供まで大人気のアニメ映画。
ドキドキハラハラの展開とクスッと笑えるキャラクターの動きに、車内は大盛り上がりの様子でした!

また、この日は満点の星空が広がっており、うっとりするような光景が見られました!

星空とスクリーンを同時に満喫するというレアな体験をすることができました。

 

上映後は、入場時と同じく、スタッフの案内のもと安全にご退場いただきました。

幹事様や私たちIKUSAのスタッフに向けて窓から手を振ってくださる方もいらっしゃり、あたたかい気持ちになりました!

 

今回ご参加いただいた皆様の記憶に残るイベントになったら…と思ったたまこなのでした。

アンケート結果・お客様の声を公開!

ここからは、実施後のアンケート結果と、お客様の声をご紹介します。

満足度に関する質問では、なんとすべての方が「満足」以上を選択されました。

次回参加意欲についての質問も、「参加したい」と答えた方が約6割、「企画/映画次第」と答えた方が約4割となり、「参加しない」と答えた方は0%でした。

 

また、お客様の声としては、以下のようなものがありました。

初体験のドライブインシアターで親も子も楽しめた

コロナ禍でも安心して参加出来た

プライベート空間なので映画館よりくつろげた

非日常感を味わえた

運営スタッフが丁寧で素晴らしい

GRヤリスの紹介(映画上映前に流していたムービー)が良かった

アンケート結果から、今回のドライブインシアターはお客様の満足度が非常に高いイベントだったといえます。
ご感想をくださった皆様、ありがとうございました!

企業、労働組合などのイベントでドライブインシアターを実施するメリット

最後に、企業イベントでドライブインシアターを実施するメリットをご紹介します。

3密を避けて実施できる

新型コロナウイルスの影響により社内イベントの実施が難しくなっている中でも、「社員やその家族に何か還元できるイベントを実施したい」という声は、多く挙がってきています。むしろ、リモートワーク等により社員同士の交流が減ったからこそ、何かイベントを行いたいとお思いの方も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、参加者同士で一定の距離を保って楽しめる、ドライブインシアターです。

映画を鑑賞するスペースはそれぞれの車内のみなので、他の参加者との接触を防ぎながらの映画鑑賞が可能です。 

レジャーの選択肢が限定的になってきている昨今、家族での休日の過ごし方に頭を悩ませている親御さんも多いでしょう。ドライブインシアターは車1台で会場に向かうだけで非日常を味わうことができるので、安心して、気軽に楽しむことができます。

飲食・会話も自由!それぞれの楽しみ方ができる

映画館は飲食物の持ち込みが禁止されている場合が多く、自分の好きなものを何でも食べられるわけではありません。一方で、映画館であまり飲食をしない人にとっては、他の人の咀嚼音や食べ物の匂いが気になって映画に集中できないということもあるでしょう。 

また、小さなお子様がいると、途中で泣き出したり騒いでしまったりすることもあるため、お子様と一緒に映画館に行けないことに対し、ストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。

ドライブインシアターでは、車の中で時間を過ごすため、他の参加者に匂いや音で迷惑をかけることがありません。そのため、周囲の心配をせず、自分たちの好きなスタイルで映画鑑賞を楽しむことができるのです。

同じものを見ることで共有体験ができる

ドライブインシアターは、社員同士の絆を深める、チームビルディングイベントとしても活用が可能です。
同じ時に同じ空間で同じものを見ることで、共有体験ができ、チームとしての連帯感や帰属意識が強まります。

 「ドライブインシアター参加した?」「あの映画面白かったよね」といった開催後の何気ない会話のネタにもなるので、普段あまり関わりのない社員同士でも交流を持つきっかけとなります。

PRにも活用できる

ドライブインシアターを実施することは、自社のPRやブランディングにもつながります。

例えば、自動車メーカーで電気自動車を利用したドライブインシアターを行い、その情報を発信することで、自社の電気自動車をアピールすることが可能となります。

まとめ

今回は、トヨタ自動車株式会社「幹の会」の皆様にご利用いただいた、ドライブインシアターの様子をお伝えしました。

 

ドライブインシアターは日本全国どこでも実施可能です。

3密を避けながら楽しめるイベントをお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロードはこちらお問い合わせはこちら

この記事を書いた人

たまこ
twitter
年間250以上のイベントを実施する株式会社IKUSAにて、イベント運営のお手伝いする町娘。
月間10万PVを超えるオウンドメディア「IKUSA.jp」にて記事を執筆中。
また、記事の編集、校正、アナリティクス分析、駆け出し動画編集、WEBデザイン、メルマガ企画など遊びの会社の1人マーケターとしてどたばたまこな日々を送っておりまする。

RECOMMENDおすすめ記事

PAGE TOP