社内運動会社内イベント

updated: 2024 

社内運動会におすすめのレンタル会場15選【東日本・西日本】

社内運動会におすすめのレンタル会場15選【東日本・西日本】

イベントの開催は、場所ありき。予算と人数に合うレンタル会場探しはマストです。しかし、じつは運動会の会場を押さえるのは思いのほか大変で、苦労している方も多いのではと思います。

そこで本記事では、会社の運動会を開催するのにおすすめな会場を関東・関西それぞれ厳選して紹介します

 

年間1000件以上のイベント・研修を支援。IKUSAのサービス総合カタログ【デジタル版】を無料配布中
⇒無料で資料を受け取る

アクティビティと講義・グループワークで研修の学びが定着
受講者の主体性・意欲を最大化させる没入型研修「あそぶ社員研修」とは?
⇒あそぶ社員研修 総合資料を無料で受け取る

 

運動会のレンタル会場【東日本版】8選

よみうりランド(東京)

プロサッカーチームの東京ヴェルディが実際に使用していた天然芝の練習場に加え、遊園地隣接の人工芝グラウンドがあり、どちらも運動会会場としてレンタルすることができます

一般的に、プロ野球チームのスタジアムのレンタルにはおよそ100200万円程度の予算が必要ですが、よみうりランドのグラウンドは格安で使用できます。1,500人規模の天然芝のグラウンドが会場使用料がおよそ29万円、管理料が13万円。人工芝の方はさらに安く、会場使用料がおよそ13万円、管理料が13万円。都心にあり、遊園地や温泉施設でのオプションも利用しやすく、非常にコスパのよい会場となっています。

会場概要

【所在地】東京都稲城市矢野口4015-1
【電話番号】044-966-1123
【利用料金】およそ26万円
【収容人数の目安】最大1,500人
【ホームページ】運動会プラン|団体のお客様|遊園地よみうりランド

東京スポーツ文化館(東京)

メインアリーナで屋内運動会を行う場合におすすめのレンタル会場です。メインアリーナ全面を1日貸切で利用しても料金が66,000円と手頃で、700人規模の運動会が可能です。ほかにも各種スタジオやサブアリーナがあり、東京オリンピックのアーチェリー種目の会場にも選ばれているなど、東京の名だたる運動会レンタル会場のひとつといえるでしょう。

会場概要

【所在地】東京都江東区夢の島2-1-3
【電話番号】03-3521-2551(予約)
【利用料金】66,000円
【収容人数の目安】700人程度(観覧席589席)
【ホームページ】BumB(ぶんぶ)東京スポーツ文化館

本栖湖スポーツセンター(山梨)

大自然に囲まれた会場に、本格的な陸上トラックと芝のグラウンド、体育館もあり、近くに富士山があるロケーションが最高です。宿泊地が完備されており、BBQ等のアクティビティも行えまるので、非日常的なリラクゼーション効果も期待できます。多目的グラウンドの場合で1日借りても2万円以内で収まり、宿泊を含めた場合でも大人1人あたり5,000円~(シーズンによって異なる)。広大な施設をフル活用し、大規模なレクレーションを企画してもいいでしょう。

会場概要

【所在地】山梨県南都留郡富士河口湖町本栖210
【電話番号】0555-87-2887
【利用料金】1人あたり5,000円~(宿泊)
【収容人数の目安】263人まで(宿泊)
【ホームページ】本栖湖スポーツセンター | スペースマーケット

スターツ総合研修センター(茨城)

運動会の備品一式レンタルや準備・撤収費用等を含む「イベントパック」を利用することにより、手軽に運動会を開催できます。パックを利用する場合には50名以上であれば相談でき、100200名程度で行う運動会に最適です。運動会の会場レンタルとコンサルティングがセットになっているようなイメージで、簡単に本格的な運動会を実施できる会場となっています。

会場概要

【所在地】茨城県つくばみらい市絹の台4-2-1
【電話番号】0297-52-5111
【利用料金】相談
【収容人数の目安】50名~
【ホームページ】スターツ総合研修センター

夢の島競技場(東京)

陸上トラックおよびサッカーコートと観覧席のある競技場が数万円からの格安価格でレンタルできます。丸1日レンタルしても約10万円。その他、別途料金がかかりますが電光掲示板や照明塔等の設備も利用でき、スタジアムで本格的な運動会を開催できます。

また放送室を利用することにより、プロスポーツ等の試合の「ウグイス嬢」のようなことも。更衣室やシャワー室、ナイター設備もあり、総合的な満足度の非常に高い運動会レンタル会場となっています。

会場概要

【所在地】東京都江東区夢の島1-1-2
【電話番号】03-3522-0846
【利用料金】31,650円~
【収容人数の目安】~5,000人
【ホームページ】夢の島競技場 | 江東スポーツ施設運営パートナーズ

新砂運動場(東京)

上記の夢の島競技場と同様、江東区が管理する全面人工芝のグラウンドです。運動場が大小合わせて3面あり、1日借りても6,000円ほどと格安です。

会場概要

【所在地】江東区新砂3-9-1(東京都砂町水再生センター内)
【電話番号】03-3648-6610
【利用料金】6,200円~
【ホームページ】新砂運動場 | 江東スポーツ施設運営パートナーズ (di-ksp.jp)

代々木公園(東京)

誰もが知る緑豊かな公園ですが、本格的なトラック競技もできる競技場、サッカー、ラグビー、ホッケーができる球技場を借りることができます。自治体の施設なので、事前の利用者登録や抽選が必要となっていて早目に予約をする必要がありますが、3時間借りても10,800円と料金が手頃なのが魅力です。

会場概要

【所在地】東京都渋谷区代々木神南町1丁目、2丁目
【電話番号】03-3469-6081
【利用料金】相談
【ホームページ】代々木公園|公園へ行こう! (tokyo-park.or.jp)

駒沢オリンピック公園総合運動場(東京)

1964年のオリンピック東京大会をはじめ、数々の国体や競技会が行われてきた駒沢公園。

東京オリンピックでサッカー会場となった陸上競技場は、スタンド含めると40万円ほどで1日利用することができます。屋内球技場も30万円ほどから借りることができます。

会場概要

【所在地】東京都世田谷区駒沢公園1-1
【電話番号】03-3421-6199
【利用料金】陸上競技場40万円、屋内球技場30万円
【ホームページ】駒沢オリンピック公園総合運動場TOP | 公益財団法人 東京都スポーツ文化事業団 (tef.or.jp)

社内運動会の幹事さん必見!「社内運動会のメリットや失敗しないポイント」とは?
⇒無料お役立ち資料を受け取る

 

運動会のレンタル会場【西日本版】7選

京セラドーム大阪(大阪)

プロ野球チーム「オリックスバファローズ」のホーム球場で、エンタメイベントも多数開催されており、格式の高い会場です。利用料金は比較的高いですが、人工芝で設備も充実しています。プロ野球選手が実際に使用しているスタジアムで運動会を開催できるというのも貴重な体験となるでしょう。

会場概要

【所在地】大阪府大阪市西区千代崎3-2-1
【電話番号】06-6586-0106
【利用料金】85万円~
【収容人数の目安】数千人~
【ホームページ】京セラドーム大阪 

大阪城ホール(大阪)

音楽やスポーツ等の多数のエンタメイベントの開催実績を誇る大阪城ホールで、運動会を開催することも可能です。企業の運動会が開催された実績もあります。利用料金は比較的高いですが、西日本最大級のイベントホールを貸切ることの価値を考えれば、むしろ安いとも思える会場のネームバリュー。

イベント色の強い会場なので、運動会をエンタメイベントに引き上げるだけの企画があるとすれば最適の会場といえると思います。

会場概要

【所在地】大阪市中央区大阪城3-1
【電話番号】0570-0345-33
【利用料金】180万
【収容人数の目安】数千人~
【ホームページ】大阪城ホール

万博記念公園(大阪)

太陽の塔で知られる万博記念公園にも運動会ができる会場があります。大人1名あたり2万円で利用できる小運動場、少し広めの運動場、2時間4,200円~借りられる総合運動広場などがあり、競技に合わせて選ぶとよいでしょう。園内にいろいろと見所があるので、楽しみ方の幅も広がります。

【所在地】大阪府吹田市千里万博公園1-1
【電話番号】06-6877-3797(運動施設中央管理事務所)
【利用料金】2万円~
【収容人数の目安】数十人~
【ホームページ】スポーツ | 万博記念公園 

Asueアリーナ大阪(大阪)

公園やプールも備えた施設で、1万人収容のアリーナが運動会に最適です。音響や映像設備も完備してあり、プラス料金でさまざまな備品をレンタルすることもできるので、本格的な運動会を行うのにおすすめです。

会場概要

【所在地】大阪市港区田中3-1-40(八幡屋公園内)
【電話番号】06-6576-0800
【利用料金】10万円~
【収容人数の目安】数千人~
【ホームページ】Asue アリーナ大阪 – 八幡屋公園 - 八幡屋スポーツパークセンター – 

エディオンアリーナ(大阪府立体育館)(大阪)

2階建ての大型施設で、大小の屋内競技場を備えています。大競技場を土日祝日に1日中借りても15万円ほどで、音響や冷暖房などの付帯設備も充実しているのが特徴です。大人数でも快適な運動会が可能でしょう。

会場概要

【所在地】大阪市浪速区難波中3-4-36
【電話番号】06-6631-0121
【利用料金】45,000~
【収容人数の目安】数百人~
【ホームページ】大阪府立体育会館 エディオンアリーナ大阪

エディオンスタジアム広島(広島)

プロサッカーチーム「サンフレッチェ広島」のホームグラウンドです。スタジアムをスタンド込みで丸1日利用しても約20万円と非常にリーズナブルで、そのほかに規模の小さい球技場もあります。陸上トラックが完備されているので運動会の会場に最適。数千人、数万人単位の収容人数を誇るので規模の大きい運動会にも対応可能です。

規模の大きさと設備の充実度を考えると、施設の利用料金は格安といえるでしょう。1,000人を超えるような規模の運動会を企画するような場合、コスパの良さは最高レベルです。

会場概要

【所在地】広島県広島市安佐南区大塚西五丁目11
【電話番号】082-848-8484
【利用料金】38,110円~
【収容人数の目安】数千人~
【ホームページ】広島広域公園(エディオンスタジアム広島)

PayPayドーム(福岡)

福岡のプロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」のホーム球場です。草野球をはじめ、会社単位で行う運動会やレクリエーションの会場として貸し出されています。通常は550万円からのレンタル料金となっていますが、運動会またはレクリエーションのためのレンタルであれば平日275万円(土日385万円)に割引してもらえます。運動会に関する企画や備品などの手配を行う業者の紹介を行っており、総合的なサービス力の高い会場と言えるでしょう。

会場概要

【所在地】福岡県福岡市中央区地行浜2丁目2番2号
【電話番号】092-847-1006
【利用料金】2,750,000円~
【収容人数の目安】数千人~
【ホームページ】PayPayドーム情報 | 福岡ソフトバンクホークス 

戦国運動会公式サイトはこちら

社内運動会は業者に任せるのもおすすめ

会場を押さえることもさることながら、競技に必要な備品の準備や当日の司会進行、撤収など、社内運動会は担当者にとってかなり負担の大きいイベントになるでしょう。株式会社IKUSAでは社内のコミュニケーション活性化やチームビルディングを目的とした運動会のアクティビティを多数提供しています。お馴染みの運動会はもちろん、趣向を凝らしたものや防災が学べるものなどいろいろとあるので、運動会を開催する目的に合わせて選ぶこともできます。

チャンバラ合戦

チャンバラ合戦は、スポンジ製の柔らかい剣で、相手の腕についたボールを落とすというシンプルなルールで、チーム対抗で戦うアクティビティ。年齢や性別に関わらず楽しめる内容で、普段とは違う雰囲気で楽しむことができます。勝つためには軍議で作戦を立てる必要があり、チームワーク醸成にも役立ちます。

⇒チャンバラ合戦の資料を無料で受け取る

戦国運動会

戦国運動会は、戦国時代をテーマにしたIKUSAオリジナルの運動会。チャンバラ合戦をはじめ、大俵ころがし、謎解きゲーム「本能寺からの脱出」など、運動神経の良し悪しに関わらず楽しむことができる内容です。

今まで体験したことがない面白い運動会をしたい、という時におすすめです。

⇒戦国運動会の資料を無料で受け取る

防災運動会

防災運動会は、体を動かし楽しみながら防災についての知識を学べるアクティビティです。

災害を5つのフェーズに分け、自分と周囲の人が助かるためにどんな行動をすべきか、何が必要なのか、といった知識が身につき、さらにチームで競い合うためチームワークを培うこともできます。

⇒防災運動会の資料を無料で受け取る

まとめ

運動会のレンタル会場は、サービス内容や規模によって利用料金が違います。会社の運動会の参加人数や予算、備品などの手配等との兼ね合いで、最適な会場を選んでください。

運動会で行う種目にもよりますが、基本的な運動会には陸上トラックが必要になるケースが多いです。また、ほとんどの会場では設営と片付けを利用時間内で終わらせなければならないので、備品の設営と片づけを行ってくれる業者を手配しておくことも非常に大切です。

運動会の企画段階から、しっかり準備しておいてください。

 

IKUSAでは、年間1000件以上のユニークなイベントや研修を支援しています90種類以上のイベント・研修サービスからお客様のニーズに合わせてご提案させていただき、ご要望に応じたカスタマイズも可能です。サービスの詳細や具体的な事例は下記の資料でご確認ください。
⇒無料でサービス総合カタログ【デジタル版】を受け取る

「あそぶ社員研修」は、受講者全員の主体性を高め、置いていかれる社員を作らない講義・アクティビティ一体型の研修プログラムです。講義による学びの定着を促し、翌日からの業務に役立てることができます。
⇒あそぶ社員研修 総合資料を無料で受け取る

 

お問い合わせはこちら

この記事を書いた人

ともしど
コンテンツ制作ディレクター/IKUSA編集部ディレクター。寿司板前時代には魚をさばくパフォーマンスを毎日行い、マグロの解体ショーも積極的に実施。「お客様に感謝され喜ばれること」をモットーとして寿司板前の仕事をするなかで学んだ経験を生かし、Web業界で奮闘中。
RELATED ARTICLES関連する記事
RECOMMENDおすすめ記事
PAGE TOP