地域・行政

2019 06.20

チャンバラ合戦合戦武将隊

【丸亀城 新春の陣】お城での歴史イベントはチャンバラ合戦で盛り上げる!

孫市
【丸亀城 新春の陣】お城での歴史イベントはチャンバラ合戦で盛り上げる!

チャンバラ合戦-戦IKUSA-丸亀城新春の陣

皆のものご無沙汰しておる、百発百中、孫市でござる。

 

さて、このたび、
古くから、四国の要塞として知られる丸亀城に、数百年の時を経て、
歴代の城主たちが蘇ったとの噂を聞きつけ、摂津から参った次第でござる。 

歴代の城主とは、左方「生駒親正」、右方「京極高和」である。

この平成の終わりに、
どちらが丸亀城城主にふさわしいかを決めるため、
各々が軍を引き連れ、丸亀城にてチャンバラ合戦の幕が上がったのじゃ!!

 

チャンバラ合戦についてはこちらでご確認くだされ!
チャンバラ合戦-戦 IKUSA-公式サイトはこちら

 

丸亀城のご紹介

今回のチャンバラ合戦の舞台は香川県丸亀市にある丸亀城!

皆は知っておるか。この丸亀城、ある部分で、日本一を誇るのじゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、丸亀城は、日本一「石垣が高い」城なのである!

江戸時代の最高峰の技術によって築かれた石垣は、今も尚多くの人を惹きつけておるぞ。

 

ここで簡単に「丸亀城の歴史」を説明するぞ。
丸亀城は、生駒親正(いこまちかまさ)・一正(かずまさ)親子によって築かれた。
しかし、生駒氏は、1615年の一国一城令で丸亀城を廃城にしてしまったが、その30年後に、肥後国の山崎家治が丸亀城の再建に着手したのじゃ。
ところが、山崎氏は3代で途絶えてしまったのだ。
そこで、当時播磨国龍野で勢力を振るっていた京極高和が入封し、丸亀城は京極氏のものに。以後明治時代まで京極氏の居城となっておる。

 

そして、この度
初代城主である「生駒親正」と、城を復活させた「京極高和」のどちらが本当の丸亀城城主にふさわしいのか。
平成最後の大合戦が香川の地で幕を開けたという訳なのじゃ。

 

現存十二天守の一つであり日本の百名城にも選ばれている丸亀城!
もっと詳しく知りたい!と思った者はぜひ丸亀城ホームページをご覧あれ!

 

当日の様子をご紹介!

では、さっそく当日の様子を紹介して参ろう!

まずは、合戦を始めるにあたって、合戦武将隊によるルール紹介。

これから始まる丸亀城における大合戦!その舞台に皆をグッと引き込まなければ!!

 

今回の合戦は、生駒軍と京極軍、二軍に分かれて戦う!

合戦の前には「軍議」を行い、各軍、士気を高めておったな!

 

合戦前の円陣でござる!いざ合戦開始!!

実際の合戦の様子がこちら!

チームで立てた戦略「軍議」を基に、
大人も子供も縦横無尽に駆け回り、激戦を繰り広げておったわ!

 

最後は全員で記念撮影!
かなりの盛り上がりを見せ、合戦武将隊も大満足じゃ。ありがとうの!

 

歴史イベントにおける「チャンバラ合戦」の魅力!

最後に、歴史イベントにおける「チャンバラ合戦」の魅力を紹介させてくだされ!

 

①歴史マニアではない親子層を集客できる

歴史イベントにおける参加者の大半は「歴史好き」である。そのため、それ以外の層の集客は難しいと感じる場合が多いんじゃ。

しかし、チャンバラ合戦は、新しく楽しそうなアクティビティと思ってもらえるため、歴史の関心関係なく、参加したいと思わせ、歴史マニアでない親子層を集客できる。

だから、チャンバラ合戦を歴史イベントに組み込むことで、お城は既に訪問したからもういい、歴史イベントには興味がない、などといった「親子層」を呼び込むことができる。

特に子供は「遊び」が大好き。チャンバラという新しい遊びで、同志たちの心をガッツリと掴むことができるのだ!

 

②親子が一緒に参加できる

今回のチャンバラ合戦も、親子での参加率が非常に高かった!

ルールがシンプルで運動神経の良し悪しも関係ない遊びだからこそ、世代を超えて楽しむことができるのじゃ。

具体的なルールはボールの「命」を「刀」で落とすだけ。一般的に、遊びやスポーツは大人の方が体も大きく有利であるのう。しかし、チャンバラ合戦では、子供は体が小さい分俊敏に動けることもあり、全く不利に働くことはないのじゃ。

大人と子どもで力の差がないからこそ、互いに本気で参加することができ、圧倒的に楽しむことができるのである!

 

③歴史好き、地元愛へつなげる。

チャンバラ合戦は、ストーリー次第で何万通りものシナリオを作成することができる! 

開催地域に関連したシナリオを設定することで、イベントを通じて地元の歴史を学べ、愛着が深まるのだ。

例えば、今回では「丸亀城城主」をテーマに合戦のシナリオを創作した。

「遊び」を通じて学ぶことで、参加者は地元の歴史に詳しくなり、地元への愛着もますます増すであろう!

 

チャンバラ合戦-戦 IKUSA-公式サイトはこちらチャンバラ合戦-戦IKUSA-のお問い合わせはこちらチャンバラ合戦-戦IKUSA-の資料ダウンロードはこちら
合戦武将隊公式サイトはこちら合戦武将隊のお問い合わせはこちら合戦武将隊の資料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

孫市百発百中!孫市
twitter
戦国最強の鉄砲使い、雑賀孫市の化身。
地域活性化に並々ならぬ情熱を持ち、ゲリラ戦を得意とする孫市のごとく、できるまでやり続けるのが信条。
義理と信頼に熱く、決して諦めない涙もろい男、雑賀衆頭領、孫市。

RECOMMENDおすすめ記事

RECOMMENDおすすめサービス

PAGE TOP