地域・行政

2020 04.10

チャンバラ合戦

令和最初の大合戦!松山城冬の陣 チャンバラ合戦開催レポート!

たまこ
令和最初の大合戦!松山城冬の陣 チャンバラ合戦開催レポート!

みなさまこんにちは!たまこでございます。

此度は、2020年1月11日(土)に松山城にて開催されたチャンバラ合戦の様子をお伝えいたしまする!
ちなみに私はお正月におもちを食べ過ぎてしまいましたが、このチャンバラ合戦のおかげですべてなかったことに。あぁ、素晴らしきかなチャンバラ合戦!

松山城冬の陣とは

松山城冬の陣は、2020年1月11日(土)から3月8日(日)にかけて開催された、松山城を盛り上げる一大イベント。松山城や二之丸史跡庭園、松山城ロープウェイ東雲口駅舎などが開催場所となります。

期間中には、謎を解きながらお城を周遊するリアル宝探しや巨大忍者迷路、天守のジオラマ展示などが催されます。

そしてイベント初日となる1月11日には、熊本城おもてなし武将隊の加藤清正様・細川忠興様・飯田覚兵衛様による演舞ステージと、チャンバラ合戦が行われました!

チャンバラ合戦の様子をご紹介!

チャンバラ合戦-戦IKUSA-とは

スポンジ製の刀で相手の腕についた「命」(カラーボール)を討ち落とす、合戦型アクティビティ。大人から子供まで楽しめる遊びとして、全国の自治体様や企業様のイベントでご活用いただいております。

当日の様子

ではさっそく、当日の様子を見て参りましょう。
此度は、応募者を「家族」に限定し、事前申し込み制で応募者を募りました。その結果、2軍合わせて約170名が参加してくれました!ありがとうございまする〜!

此度のチャンバラ合戦は東軍と西軍に分かれて行います。

ここで、各軍の大将をご紹介!

東軍大将・藤堂高虎殿と、

西軍大将・竹中重門殿でございます!

まずは、特設ステージにて大将のデモンストレーションを交えながらルール説明。


ちなみに今回合戦MCを務めましたのは、合戦武将隊の左近殿でございました。

ルール説明ののち、お侍様たちは大将の誘導のもと戦場へ向かいます。

なんと素晴らしいロケーション!石垣大好きなたまこ、とってもワクワクいたしました。

まずは模擬合戦!ということで、全滅戦を行います。生き残り人数の多い方が勝ち、というシンプルなルールですが、模擬合戦のため勝敗はつけませぬ。


初めてチャンバラ合戦をするお侍様も多く、大盛り上がりです!

そしていよいよ、合戦本番。
此度は大将が腕につけた2つの命が落ちたら全軍撤退となる「大将戦」というルールでの合戦を、3戦行いました。

合戦の前には必ず軍議があり、その時間を使って軍の作戦を決めます。

参加者から意見を募る場面もございましたぞ。

えいえいおー!と勝鬨をあげたら、戦開始!

 

東軍は大人を前に配置する作戦!

 

西軍は、敵大将の命を落としたお父様に拍手喝采!!

最終戦では、このお方を中心に三角形の陣形を組んでいました。笑

合戦終了後、お城をバックに記念撮影。


ご参加いただいたみなさま、誠にありがとうございました!


ちなみに此度の戦の様子は、戦場カメラマンが動く写し絵に納めてくださいましたぞ!
こちらも是非チェックしてみてくだされ〜!

※「戦国チャンバラ」ではなく「チャンバラ合戦」が正式名称です。みなさま、以後お見知りおきを〜!

さらに、今回のチャンバラ合戦はNHK NEWS WEB様でも取り上げられました。こちらもよろしければご覧ください!
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200111/k10012242441000.html

チャンバラ合戦-戦IKUSA-の資料ダウンロードはこちらチャンバラ合戦-戦IKUSA-のお問い合わせはこちら

 

参加者の声

此度は、参加者の皆様から寄せられたコメントの一部をご紹介いたしまする!

めちゃくちゃ楽しかったです。子どもたちも大満足で、帰ってからも、刀を手作りし、戦ごっこしています。子どもも大人も、もっと戦いたかったなぁと言いながら帰路につきました。

 

作戦を立てたりして団結して戦うのが面白かった。

 

戦国武将が好きな息子と一緒に大勢で楽しめた。

多くのご家族から、嬉しいお言葉をいただきました。

お城イベントでチャンバラ合戦をおすすめする理由


今回のチャンバラ合戦は、非常に多くの方に楽しんでいただきました。
お城でのチャンバラ合戦をおすすめする理由を3点お伝えさせていただきます!

① 誰でも、何人でも楽しめる「体験型」アクティビティ

チャンバラ合戦は、年齢や性別を問わず、大人数で一斉に楽しめるアクティビティ。親子揃って楽しむことができるので、合戦は大盛り上がり!
刀を手に持ち敵と戦うその姿はまさに戦国武将。お城で侍になりきるという没入感が、参加者を夢中にさせます。

② 歴史マニアでないファミリー層も集客できる

お城イベントとなると、歴史好きが集まるイメージが強くなってしまいます。
お城の歴史を語る講演会やお城歩きなどは歴史好きの方たちにとっては魅力的ですが、お城そのものについてあまり興味のないファミリー層にはなかなか響きません。

チャンバラ合戦は侍になりきれるリアルアクティビティ。「侍になりたい!」という侍魂をお持ちの方なら誰でも楽しめるので、歴史マニアでない層にもハマりやすいのです。

③ 地元愛につながる

今回の戦場となったのは、現存12天守のうちの一つ、松山城。
歴史的な場所で侍として戦った経験は参加者にとって強い印象に残り、地元愛の醸成につながります。また、それまで興味がなかったお城に訪れることで、「お城のことをもっと知りたい!」と思うきっかけにもなります。

チャンバラ合戦は、ご要望に合わせて地域の歴史を盛り込んだシナリオを作成することも可能です。実際の合戦に見立てた戦や歴代城主決定戦などを行えば、参加者の歴史学習にもつながります。

松山城冬の陣、満喫してみた!

「よしあきくん」と共に

せっかく松山城に来たのだから、チャンバラ合戦だけではもったいない!
ということで、私たちスタッフも松山城冬の陣を堪能させていただきました!

熊本城おもてなし武将隊ステージ

まずは、熊本城おもてなし武将隊様によるトーク&演舞。
何度か拝見させていただいておりますが、熊本城武将隊様はトークのおもしろさと演舞のカッコよさのギャップが本当に魅力的でございまする。

そしてなんと演舞の後半には、合戦武将隊もステージに登らせていただくことに……!
熊本城おもてなし武将隊の皆様の舞である「虎嘯風生」を共に披露させていただきました!

熊本城おもてなし武将隊の皆様、ありがとうございました!

リアル宝探し

そしてステージの後は、リアル宝探しに挑戦!
謎を解きながら松山城を周遊するのですが、頭の固いたまこにはなかなか難問でございました……。
しかし、仲間と協力しながらお城をめぐることができとても楽しゅうございました!

早々と謎を解き終えてみかんジュースをたしなむ重門殿

巨大忍者迷路


最後には高虎殿・重門殿が二之丸史跡庭園にございます忍者巨大迷路に挑戦!

行き止まりにぶち当たってしまったり、

隠し扉を発見したり……

童心に帰り、なんとも楽しそうなお二人でございました。

まとめ:チャンバラ合戦でお城イベントを盛り上げよう

松山城からの眺め、絶景でございました

此度は松山城冬の陣でのチャンバラ合戦の様子をお伝えしました。
お城でのチャンバラ合戦はその雰囲気も相まって盛り上がること間違いなしでございます!
次はあなたの街のお城でお会いできますことを、とても楽しみにしておりまする!

チャンバラ合戦-戦 IKUSA-公式サイトはこちらチャンバラ合戦-戦IKUSA-のお問い合わせはこちらチャンバラ合戦-戦IKUSA-の資料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

たまこ
twitter
年間250以上のイベントを実施する株式会社IKUSAにて、イベント運営のお手伝いする町娘。
月間10万PVを超えるオウンドメディア「IKUSA.jp」にて記事を執筆中。
また、記事の編集、校正、アナリティクス分析、駆け出し動画編集、WEBデザイン、メルマガ企画など遊びの会社の1人マーケターとしてどたばたまこな日々を送っておりまする。

RECOMMENDおすすめ記事

RECOMMENDおすすめサービス

PAGE TOP