全員で情報を集め、推理せよ。
リモート探偵チームビルディング

リモート探偵

リモート探偵チームビルディング
「リモ探」とは?

リモ探は与えられた情報を整理・共有して、全員の力で真実に辿り着くことを目的としたオンラインチームビルディングゲームです。

リモ探 公式PV

参加者は制限時間内に「あるミッション」が与えられます。大グループの中でさらに小グループに割り振られ、小グループはそれぞれ異なる情報が与えられます。参加者は小グループと大グループを行き来して推理していきます。最大20名が1チームとなり与えられた情報から推理したり探索したりしながらミッションクリアを目指します。参加者はゲームの中で、論理的思考、情報分析、リーダーシップを発揮しつつ、最大20名が1チームとなり、与えられた情報から全員で推理しながらクリアを目指します。

実施時間: 1時間~1.5時間(入場時間除く)
実施方法: 3~20人 1チーム
参加人数: 30~200名
参加方法: ビデオチャットツールを使用(Zoom、Teams etc…)
必要環境: Wi-Fi環境or有線接続必須

ジグソー法とは?

リモ探は参加者同士の協力や教え合いを促進し、学びを得ることができるとされる「ジグソー法」を元に開発されました。ジグソー法とは、アメリカの社会心理学者が提唱した、人種間の壁を取り除くために開発された手法です。参加者は①大グループとその中の②小グループに所属し、②にはそれぞれ別の情報が与えられます。
参加者は②で個別に話し合った内容を①に適切に情報を提供し、お互いに教え合いながら、学習を進めいていくことで学習効果が高まります。近年アクティブラーニングの実践方法の一つとして、注目を集めています。

それぞれの小グループに違う情報を与える 教え合うことで学習し、チームができる それぞれの小グループに違う情報を与える 教え合うことで学習し、チームができる

リモ探の流れ

  • 01

    大グループの中に
    小グループが存在した状態
    小グループごとに異なる
    情報があるところから
    スタート

  • 02

    対処法を小グループ
    で考える

  • 03

    大グループで
    情報を共有して
    推理を進める

  • 04

    最後小グループに戻って、
    情報を分析したり、仮説
    を立てて話し合う。

  • 05

    大グループで
    最終的な答え
    を決める。

  • 06

    答えの解説を元に
    小グループで振り返り

こんな方におすすめ

  • リモートワークでのオンライン研修の企画に悩んでいる。
  • 大勢でコミュニケーションが取れるコンテンツを探している。
  • アクティブラーニングを使った研修をしたい。
  • 楽しさと学びを両立した研修を行いたい。
  • 論理性や情報分析などをテーマにした研修がいい。
  • リモートワーク研修
  • チームビルディング研修
  • リーダーシップ
  • 論理的思考
  • 情報分析
  • 仮説思考

学べるポイント

オンライン会議で会話する男性

言語化力と思考力が試される
リモートワーク研修

リモ探はビデオチャットを通じてコミュニケーションをとり、問題を解決していく研修です。オンラインでのやりとりや難しさを体験ができるリモート ワーク中にも最適な研修です。

様々な人種の腕がパズルのピースを持っている

ジグソー法を元にした
アクティブラーニングを体験

リモ探はジグソー法を活用することで参加者がディスカッションや体験を通じて、主体的・協働的に動いていくプログラムです。問題発見能力などを培うのに良いとされるアクティブラーニングを体験できます。

テーブルで会議をする複数人の男女

リーダーシップ・
ファシリテーション能力が学べる

複数人で議論を行うので自然と議論を取りまとめるリーダーやファシリテーターなどの役割の存在が重要になります。研修の中で誰がその役割を担っていくのかを見ることができます。

未来的なディスプレイを操作する女性

論理的思考力や情報分析力、
そして推理力(仮説思考)が
試される

参加者は、チームの中で与えられた状況から推理を組み立て、正解までたどり着くことを目的とします。
ゲームをクリアするポイントは、高度な論理的思考や情報分析力、そして推理力(仮説思考)になります。

リモ探の特徴

学びのピラミッド

体験を主軸にした、定着率の高い
「没入感」のある研修

座って話を聞く講義型ではなく、体を動かしたり頭を使ったりする「体験型」の研修なので、学びの定着率も高い研修です。専門MCの質の高いオープニングからトラブル時の適切なフォローまでオンラインイベントのプロIKUSAがお手伝いします。

大型ディスプレイでオンライン会議

1グループ最大20名で協力する
チームビルディング

各プログラムには参加者同士が自然にコミュニケーションを取るような仕組みがあります。最大20名でコミュニケーションをとる必要があるなど、より多くの参加者同士が交流するチームビルディングでもあります。

ヘッドセットを付けた笑顔の女性

各チームをフォローする
巡回スタッフを配置

各チームに巡回スタッフが入り、システムのサポートや、簡単な発言の記録を行うことも可能です。
オンライン研修で起こりがちな「参加者の様子が分かりづらい」という課題を手厚いフォローで解決します。

ノートパソコンの上に乗ったスマホ

独自システムを採用、
必要なのはパソコンのみ

パソコンと通信環境があれば、どこでも実施可能です。独自システムを採用しているので各社の異なるオンライン環境にも対応。Zoom以外のビデオチャットでの実施も可能です。安全で効率のよい研修を行えます。
※スマートフォンも今後対応予定です。

リモ探のプログラム

消えた狩猟と不透明な持ち主

STORY

人類が謎のウィルスで外へ出なくなった時代、家のPCから推理をし、
まるで安楽椅子探偵のように次々と難事件を解決する探偵チームが存在した。
人々は彼らをいつしか「リモート探偵」と呼ぶようになっていた。

そして、ある日のこと。リモート探偵であるあなた方に、ある企業から1通のメールが届いた。
そこには依頼内容とともにこんな文章が書かれていた。

リモート探偵様

…頭が痛くなるほど「なんかい」という言葉が出てくる文章であったが、
ここまで言われて興味が出てきたあなた方は、この依頼を受けることにした。

この何階が無難な難事件を解決せよ!?

ゲーム画面イメージ

参加者は下記のような画面を見ながらプログラムに挑みます。

ゲーム画面イメージ

※実際の画面と異なる場合もあります

関ケ原大軍議

STORY

時は1600年。天下分け目の大合戦である「関ヶ原の戦い」が幕を開けようとしている。

東軍の総大将、徳川家康の側近として主に情報収集・解析を担う赤母衣衆(あかほろしゅう)の活躍で
事前に敵軍の位置を全て把握していた東軍。

しかし、合戦開始の一時間前に、衝撃の伝令が東軍を駆け抜ける。

き、急報!!敵対象、石田三成の情報操作により、敵軍の消息が不明!敵軍すべての位置を・・・見失ってしまいました! き、急報!!敵対象、石田三成の情報操作により、敵軍の消息が不明!敵軍すべての位置を・・・見失ってしまいました!

そこで東軍の総大将、徳川家康より赤母衣衆に与えられた新たなる任務が届けられる。

その内容とは、斥候部隊から届いた様々な最新の手がかりから、
再度大戦場の探索を行い、敵軍を1つでも多く見つけ出すこと!!

この何階が無難な難事件を解決せよ!?

ゲーム画面イメージ

参加者は下記のような画面を見ながらプログラムに挑みます。

ゲーム画面イメージ

※実際の画面と異なる場合もあります

お客様の声

通信会社様
60
お客様の声
コミュニケーション研修

20名で一斉に話し合うというのはどうなるかなと思いましたが、参加者からは満足の声が。この人数で一緒に参加できるオンラインチームビルディングはないので助かりました。頭も使って取り組むので研修でも活用しようと思いました。

IT企業
40
お客様の声
新人研修

人事が各チームを見学できるのでとてもよかったです。オンラインならではコミュニケーションに慣れたり、課題のクリアなど目指すところも練られていていい研修になりました。内定者研修にも使っていくかもしれません。

開催事例

料金

消えた資料と不明な持ち主
関ヶ原大軍議
基本料金3030万円~

基本料金に含まれるもの

  • ディレクション費用
  • リモ探システム使用料
  • 運営スタッフ費用

基本料金に含まれないもの

  • ビデオチャット費
  • (※無料のツールをご紹介可能)
  • 通信費
PAGE TOP