社内イベント

posted:2022 03.05

updated: 2022 10.21

オンライン飲み会はやっぱりZoom!メリットや実施する際のポイント

粕谷麻衣
オンライン飲み会はやっぱりZoom!メリットや実施する際のポイント

オンライン飲み会の定番ツールであるZoom。さまざまなオンラインツールが誕生している昨今ですが、やはり根強い人気を誇るのはZoomです。
利用者が多く、いざオンライン飲み会で使用する際にも、スムーズに導入しやすいといったメリットがあります。そのため、Zoomの活用を前提としたオンライン飲み会が多いようです。

そこで、今回はオンライン飲み会でZoomを使用するメリットや、Zoomでオンライン飲み会を実施する方法についてご紹介します。「今さら聞きにくい」と感じる基本的な部分にも触れているため、Zoomの利用が初めての方も参考にしてみてください。

 

【関連記事】

Zoom懇親会で実施できるゲーム35選|オンライン懇親会のネタにおすすめ!

 

オンライン飲み会に役立つイベントの資料はこちら!

資料ダウンロードはこちら

Zoomはオンライン飲み会で人気のツール

Zoomはオンライン飲み会で人気の高いツールです。「Zoom飲み会」といった言葉も存在するほど、オンライン飲み会の定番的な存在として知られています。
新型コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛や会食の自粛などが叫ばれてすぐ、Zoomを活用した交流機会が増加しました。それほどまでに、Zoomとオンライン飲み会の関わりは深いものなのです。

もともと、Zoomはビジネス向けに開発されたビデオ会議ツール。仕事で活用している方も多いため、普段使い慣れていることを理由に、オンライン飲み会に選ばれることがあります。仕事でZoomを使っていなくても、オンライン飲み会のためだけにインストールしたといった声もあります。

今後もZoomを使ったオンライン飲み会が増えていくことを考えると、Zoomの操作方法はきちんと覚えておく必要があるでしょう。

オンライン飲み会でZoomを使用するメリット

オンライン飲み会において、Zoomを使用するメリットには何が挙げられるのでしょうか。意外な魅力や注目したい特徴などをご紹介します。

普段から使用している人が多い

オンライン飲み会を実施するにあたり、Zoomを使用する最大のメリットは、普段から使用している方が多いこと。操作方法に悩むことなく、さまざまな機能を使いながら、楽しくオンライン飲み会に参加できます。

幹事だけではなく、参加者もスムーズに使えるツールを選ぶことは、オンライン飲み会において重要なポイント。せっかくのオンライン飲み会が、機能の使い方の説明で終わってしまうのはもったいないですよね。使い慣れたツールでオンライン飲み会を実施する手段として、Zoomが選ばれる傾向にあります。

無料版でも機能が充実している

Zoomのメリットとして注目したいのが、無料版でも機能が充実している点です。
ほかのツールの場合、無料版では参加人数の上限が10人程度であったり、特定の機能が使用できなかったりなどさまざまな制限があります。いずれの制限も、オンライン飲み会を実施するにあたって、弊害になることも少なくありませ。
Zoom
は無料版でも参加人数は100人が上限。チャット機能や、セキュリティ機能、ホワイトボード機能なども自由に使えます。

ただし、無料版の場合は接続可能時間が140分までです。オンライン飲み会としては比較的短い時間であるため、企画内容やスケジュールと照らし合わせながら、無料版・有料版を検討する必要があります。短時間の軽いオンライン飲み会であれば、無料版でも十分楽しめるでしょう。

画面共有でレクリエーションも可能

Zoomには画面共有機能があるため、お互いに同じ画面を見ながらレクリエーションが楽しめます。
Zoomでしか楽しめないレクリエーション内容もあるため、選べる企画の幅が広がります。
画面の共有はワンクリックでできるため、複雑な設定や操作も必要ありません。オンライン飲み会らしいユニークな企画を実施したいと考えているなら、Zoomがおすすめです。

バーチャル背景で個性を

オンライン飲み会を実施するにあたり、多くの参加者が不満を感じているのが部屋の様子が見えてしまうことです。生活感が丸見えであったり、趣味が他者に知られてしまったりすることに抵抗を感じる方は少なくありません。そのため、カメラをオフにする参加者もいるほど。

しかし、バーチャル背景であれば、カメラに映っている自分の姿以外は、別の画像などに切り替えられます。かわいい系やシンプル系、おもしろ系など、バリエーション豊かなバーチャル背景が揃っているため、個性を演出しながら、部屋の様子を隠せるでしょう。

Zoomでオンライン飲み会を実施する方法

Zoomでオンライン飲み会を実施するためには、どのような手順で進めていけばいいのでしょうか。
ここからは、具体的な実施方法やアカウントの取得方法などについて解説します。Zoomの利用が初めての方は、以下の手順でオンライン飲み会の準備を進めていきましょう。

アカウント登録

Zoomでオンライン飲み会を実施するためには、アカウントの登録が必要です。
まず、Zoomの公式サイトを表示し、「仕事用メールアドレスを入力してください」と書かれているバーに、普段使用しているメールアドレスを入力します。つぎに、「サインアップ は無料です」を選んでください。
この後、入力したメールアドレスあてに、Zoomからメールが届きます。「アクティブなアカウント」と書かれているボタンをクリックしてください。
ユーザー情報を登録する画面が表示されるので、名前やパスワードなどを入力設定すれば、アカウント登録は完了です。

招待URLの発行

サインアップ後の画面で「新規ミーティング」を選び、ミーティングIDとパスワードを参加者へ共有します。
Zoom
はほかのツールとは異なり、ルームのURLを共有するだけでは参加者は入室できません。
オンライン飲み会の開始時間になると、参加者の入室通知が届くので、「許可」を選択します。全員が入室完了したら準備は完了です。

ミーティングの開始

ミーティングが開始したら、幹事及び参加者は音声や映像が正常であるかを確認します。音が聞こえない、カメラが起動しないなどのトラブルがあれば、その都度対応しましょう。ミュートに切り替わっていることに気が付かない参加者や、カメラがオフになっている参加者がいます。

また、オンライン飲み会では、幹事が話している最中はミュートに切り替えるなど、最初にルールを共有しておくと、スムーズに進行しやすくなります。

参加者は招待URLからログイン

参加者側は、招待URLからログインできますが、前項でも触れた通りミーティングIDとパスワードを入力しなければ入室できません。
サイトやアプリ上から「ミーティングに参加」を選んでIDとパスワードを入力するか、招待URLからアクセスしてIDとパスワードを入力するかは、参加者側でも選べます。
ただし、Zoomの操作に慣れていない参加者は、ログインに時間がかかることがあるため、ログイン方法を共有しておくことをおすすめします。

まとめ

本ページでは、オンライン飲み会でZoomを利用するメリットや、飲み会を実施する方法などについてご紹介しました。
Zoom
はオンライン飲み会の定番ツールであるため、操作方法を覚えておくと、今度のオンラインイベントでスムーズに導入できます。
ぜひ、本ページを参考にしながら、さっそくZoomのアカウントを取得し、オンライン飲み会を企画してみてください。

 

参考サイト:

この記事を書いた人

粕谷麻衣
1993年生まれ。栃木県在住。一児のシングルマザーライター。Web媒体・紙媒体にて、ジャンルを問わず多くのメディアで執筆。BtoB向け記事の他、ママ目線でのコラム執筆も手掛ける。専門家や起業家などへの年間インタビュー数200人を目標に、パワフルに活動中。
RELATED ARTICLES関連する記事
RECOMMENDおすすめ記事
PAGE TOP