Blog

posted:2022 02.28

updated: 2022 10.21

ワークエンゲージメントを高めるとは?従業員の満足度が上がる職場環境についても解説

IKUSA.jp編集部
ワークエンゲージメントを高めるとは?従業員の満足度が上がる職場環境についても解説

ワークエンゲージメントは従業員の心の健康度を示す概念の一つで、従来から行われているメンタルヘルス対策よりも多くのメリットがあると言われています。

この記事では、「ワークエンゲージメントを高めるとはどういうことなのか」について紹介すると同時に、従業員の満足度が上がる職場環境とはどういうものなのかについても解説します。

 

社内イベント・研修の資料はこちら!

資料ダウンロードはこちら

ワークエンゲージメントの概要

Global communication network concept. Social media. Worldwide business.

ワークエンゲージメントとは、従業員の仕事に対する気持ちや心境のこと。ワークエンゲージメントは、近年のポジティブ心理学のトレンドのなかで提唱された概念の一つです。

「バーンアウト(燃え尽き症候群)」の研究で有名なオランダのユトレヒト大学のシャウフェリ教授によって提唱された概念で、同教授は「ワークエンゲージメント」を次のように定義付けています。

「ワークエンゲージメントは、仕事に関連するポジティブで充実した心理状態であり、活力、熱意、没頭によって特徴づけられる。ワークエンゲージメントは、特定の対象、出来事、個人、行動などに向けられた一時的な状態ではなく、仕事に向けられた持続的かつ全般的な感情と認知である」

つまりワークエンゲージメントとは、「活力」「熱意」「没頭」の3要素から構成されている概念で、ワークエンゲージメントを高めるためには、この3要素を意識しながら仕事に取り組む必要があるということです。

ワークエンゲージメントの3要素

一つめの「活力(Vigor)」とは、自らが仕事に対して積極的に取り組むことによって生じる高水準のエネルギーのこと。活力が高まるほど精神力や継続力が向上し、就業中のトラブルや失敗に対してストレスを感じにくくなります。

二つめの「熱意(Dedication)」とは、仕事内容、自身の知識・技術などのスキル、経験・業績などのキャリアに対するプライドや強い思い入れのこと。熱意が高くなるほど仕事への興味や探究心が向上し、より良い商品やサービスを生み出すために努力するようになります。また、自身の担当業務だけではなく関連する商品やサービス、部門に対しても幅広く興味を示すようになります。

そして三つめの「没頭(Absorption)」とは、熱中して仕事に取り組む状態のこと。没頭が高いほど丁寧で質の高い仕事を行えるようになり、人為的なミスが減少します。また、作業速度や作業効率が飛躍的に向上します。

「モチベーション」との違い

ワークエンゲージメントと似た概念として「モチベーション」がありますが、これは「物事に向かう動機や意欲、刺激、熱意」と定義されていて、人が目標などに向かって行動を起こすための内的なエネルギーのことです。

ワークエンゲージメントは仕事に対する活力・熱意・没頭が持続するのに対して、モチベーションは評価や報酬によって一時的に高めることができるものの、徐々にその効果が薄れていくため、この点において両者は異なります。

ワークエンゲージメントは「仕事」と「個人」の視点によって決まる

A Japanese male businessman answering the phone with a smile on his face

ワークエンゲージメントの状況は、「仕事の視点」と「個人の視点」によって決まります。詳しく見ていきましょう。

仕事の視点

仕事の視点としては、以下のような点が挙げられます。

上司とやりとりしやすい環境がある

ワークエンゲージメントには、上司と部下との間で良好なコミュニケーションが行えるかどうかが大きく関わっています。

仕事の多くは上司からの指示によって与えられますが、その際にその仕事の意義や重要性などがきちんと伝えられるかどうかで、部下の仕事への取り組み方は大きく変わります。部下がバーンアウトに陥らないよう、上司は部下の様子を観察しながら適切なタイミングで適切な言葉をかけていくことが重要です。

また、部下から上司に対して仕事の進め方や優先順位などについて、質問や提案ができるような環境が整っているかどうかも重要です。上司から部下への一方通行の指示や伝達しか行えないような職場環境では、ワークエンゲージメントは高まりにくいでしょう。

仕事の調整・コントロールが利く

上司から仕事の指示を受けた部下は、その仕事の意義や他の仕事との兼ね合い、部下自身の業務経験などを元に、仕事の内容や進め方を検討します。その際に、自分で仕事のやり方をコントロールできたり、創意工夫が織り込めたりするかどうかがポイントになります。

上司と相談しながら、自分がやりやすいように仕事のやり方を変えていくことができれば、当初は受け身だった仕事もやりがいのある仕事として取り組めるようになるでしょう。

このように、仕事の調整やコントロールが利くことによって、ワークエンゲージメントは高まります。

社会的に役立つ業務に携わっていることを認識する

社会や他の人のために行動することは、その人の幸福感を高めるとともにワークエンゲージメントを高めることにも繋がります。つまり、従業員が担当している業務が具体的にどのように社会に役立っているのか、従業員自身が知ることによって満足度が向上し、ワークエンゲージメントも向上することになります。

企業の中にはさまざまな業務があり、直接顧客と関わる従業員であれば、社会や人の役に立っていることを比較的感じやすいといえます。しかし、内部サポート的な業務などの場合、それを感じることが難しい場合があります。このようなケースでは、上司や経営層がその業務の意義などをきちんと伝えて理解してもらうことが重要となります。

個人の視点

個人の視点としては、以下のような点が挙げられます。

目標を立てる

従業員個人が目標を立てて管理していくことによる最大の利点は、自分の仕事の進捗をマネジメントできるようになることです。上司から与えられた目標は言い換えれば「ノルマ」ですが、自分で設定した目標であれば、なんとしてでも達成したいゴールとなるでしょう。

ただ、目標をその従業員が自由に設定できるようにしてしまうと、安易に達成可能な目標にしたり、非常に個人的な目標になってしまったりすることには注意しなければなりません。あくまで組織や部門としての大きな目標に沿った目標でなければならず、目標を達成することによって組織や部門に貢献できるような目標とすべきです。

自ら目標を設定することによってモチベーションが向上し、目標達成に向けてポジティブに行動できるようになります。さらに目標を達成できれば、満足感を得られるだけではなく周囲の評価を受けられ、自信を持てるようになります。

このように、従業員個人が目標を立てて管理していけることになれば、ワークエンゲージメントは向上します。

働く意義や動機づけができている

多くの仕事は、上司からの指示を受けたり、前任者や先輩から引き継いだりして行うことが多いでしょう。そのため、自分が担当している仕事が会社の中でどう役立っているのか、あるいは社会の中でどのような意義があるのかがわからないままになっていることも多いかもしれません。

新しい仕事を部下に与える際には、その仕事の意義や重要性などについてきちんと伝えることが大切です。これを行うことによって部下の仕事への取り組み方は大きく変わり、ワークエンゲージメントも高まります。

また、従来からの仕事をルーチンワークとして行っているような従業員に対しては、ミーティングなどの機会を利用して、社内における仕事の意義や社会に対する仕事の重要性などを伝えることも大切です。

理想のワークライフバランスが実現できている

ワークライフバランスは、「一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できること」と定義されています。

ワークライフバランスに関して、仕事とプライベートのどちらかを取捨選択することと誤解しているケースもありますが、本当の意味は「プライベートの充実によって仕事のパフォーマンスが向上・充実し、さらにプライベートが充実する」ということです。ワークライフバランスで仕事とプライベートを充実させることによって、ワークエンゲージメントを高めることができます。

ワークエンゲージメントを高めるコツ

Portrait of hispanic businesswoman with a file standing in meeting room with colleagues disucssing in background

最後に、ワークエンゲージメントを高めるコツを確認しておきましょう。

従業員が自主的に考えたり動けたりする仕組みを作る

会社によっては、上司が業務の進め方について事細かに指示をしたり、業務遂行上のルールが決まっていたりして変更のしようがない場合があります。このような状況では、従業員は「義務感」だけで仕事をすることになり、ワークエンゲージメントは高まりませんし、逆に下がってしまうこともあるでしょう。会社や上司は、大きな方針を示したあとはできるだけ従業員の力を信じて任せるスタンスでいることが大切です。

仕事の進め方は思い切って部下に任せ、部下の力を信じて取り組みを見守り、困っているときに手を差し伸べるというスタンスでいたほうが、従業員の仕事への関わり方が変わり、ワークエンゲージメントの向上に寄与するでしょう。

明るく働ける職場を提供する

従業員のワークエンゲージメントを向上させるには、いきいきと明るく過ごせる社風が根付くように働きやすい職場に変えていくことが大切です。

明るく働ける職場は、会社や上司だけが努力して作れるものではなく、従業員も一緒になって作り上げていくもの。前述のように、従業員が自主的に考えたり動けたりする仕組みがあれば、従業員のモチベーションが向上し、組織が活性化して、結果的に明るい職場になっていきます。

このように、ワークエンゲージメントが向上すると、それぞれの相乗効果によってより良い職場への組織変革が起こりやすくなります。

上司と部下の間でコミュニケーションをとりやすくする

職場でのコミュニケーション不足は、職場の雰囲気を悪くしたり業務に支障をきたしたりすることもあります。特に上司と部下との間にコミュニケーション不足が生じると、上司は部下の業務の進捗状況が把握できず、部下は問題が発生してもそれを報告できず、事態をさらに悪化させることになりかねません。

こうした状況を回避するためにも、上司と部下とのコミュニケーションを活発にして、ワークエンゲージメントを高めて、お互いに信頼できる関係を築きましょう。

コミュニケーション活性化におすすめなのが、「プレイスポットOnline」です。

プレイスポットOnlineは、コミュニケーション活性化を目的に開発された、企業向けのオンラインワークショップサービスです。プロの講師がレクチャーを行う20種類以上のプログラムの中から、好きなものを受講できます。プログラムは、ヨガや筋トレといったスポーツ系のものから、親子で楽しめるマジック教室やお寿司作り体験など、バリエーションはさまざま。4枚1セットのチケットを購入し、好きなタイミングで使用OKなので、気軽に利用できるのが特徴です。

リモートワークが増えてきてコミュニケーション不足を感じることも多くなってきた昨今。ぜひこのようなサービスを活用し、社内のコミュニケーションを図りましょう。

プレイスポットの資料ダウンロードはこちら

従業員が働きやすくなるルール・制度を設ける

従業員が快適に働けるルールや制度を設けるのも、ワークエンゲージメントを高めるコツです。

従業員のワークエンゲージメントを向上させるには、従業員一人ひとりと向き合って、各人のやる気や熱意を引き出すようなルールや制度を作って、「この会社で働いてよかった」という従業員の満足度を高めることが重要です。

業務改善のアイデアを募集して、実際にその提案を取り入れたことによって効果が現れたら提案をした従業員のモチベーションは向上し、ワークエンゲージメントも高まります。

従業員に働く意義を考えてもらう

従業員の多くは日々忙しく働いているため、働く意義を考える機会がないのが実態です。そこで、新しい仕事の指示を与えるときや、月・週初めのミーティングの時間などを利用して、従業員に働くことの意義を考えてもらうことも重要です。

まとめ

Beautiful young asian businesswoman

ワークエンゲージメントの概要や高めるコツなどを紹介してきました。ワークエンゲージメントとは、活力・熱意・没頭が満たされている心理状態のことを言い、ワークエンゲージメントが高い従業員は、ポジティブで継続的に業務を遂行していくことがわかっています。

従業員一人ひとりのワークエンゲージメントが高まれば、個人のパフォーマンスが高まるだけでなく、企業全体の生産性向上にも大きく寄与するでしょう。また、新しい発想によるチャレンジングな企業活動が生み出されるかもしれません。

この記事を書いた人

IKUSA.jp編集部
IKUSA.jpでは、楽しさを主軸にした体験型のイベントや研修に関する情報をご紹介していきます。オンラインでもリアルでも、参加者全員が楽しめるイベントはIKUSAにお任せください。
RELATED ARTICLES関連する記事
RECOMMENDおすすめ記事
PAGE TOP