社内イベント

posted:2022 02.23

updated: 2022 10.21

社内の懇親会で使えるおすすめの企画10選

よしふみ
社内の懇親会で使えるおすすめの企画10選

懇親会を開催する際、ゲームを取り入れたいと思っているところは数多くあるでしょう。しかし、内定者向けの懇親会といった初対面の参加者が多い場合には、どんなゲームが適しているのか悩むかもしれません。

そこで今回は、初対面の人が多い懇親会でもおすすめのゲームや行う際のポイントなどについて紹介します。これから懇親会を企画しようと思っている方や理想的なゲームが見つからない方は、ぜひ参考にしてみてください。

社内イベント・研修の資料はこちら!

資料ダウンロードはこちら

 

懇親会にゲームがおすすめの理由

ゲームというのは、初対面だからこそぜひ取り入れてもらいたい企画です。まずはゲームをおすすめする理由から紹介します。

理由1.気軽に交流できる

1つ目の理由は、気軽に交流できるからです。懇親会を雑談だけの場にしてしまうと、すでに関係性のある人達だけで会話してしまい、新しい人間関係が生まれません。また、内定者向けの懇親会であれば、誰と話せばいいのかわからず、一人ぼっちになってしまう恐れもあります。

しかし、ゲームを取り入れることで気軽にさまざまな人と交流できます。共通の話題も生まれるため、ゲームを通じてこれまで話したことのない人ともコミュニケーションが取れるでしょう。ゲームによっては、自分の特技をアピールできる場としても活用できるかもしれません。

理由2.共通の思い出が作れる

2つ目の理由は、共通の思い出が作れるためです。共通の思い出があると、その人と会話する際のテーマにもなります。絆を更に深めることができるため、懇親会が終わった後の関係づくりにも活かすことができます。

理由3.緊張感の緩和にもつなげられる

初めて懇親会に参加した方の中には、緊張している方もいるでしょう。緊張していると思うように楽しめず、満足度も低い結果で終わってしまいます。幹事としても、せっかくの懇親会で楽しめずに終わってしまう人は一人でも減らしたいはずです。

そのようなことを未然に防ぐ方法として、ゲームを取り入れてみましょう。ゲームを行うことで緊張感の緩和につなげることができます。懇親会だけではなく研修やセミナーのアイスブレイクとしてもゲームが役立ちます。

懇親会でゲームを行う際のポイント

懇親会でゲームを行う際のポイントとしては、主に3つ挙げられます。どれも重要なポイントなので、初めて懇親会を開催する方はぜひチェックしておいてください。これらを知らずになんとなくゲームを取り入れてしまうと、失敗する恐れもあります。

複雑なゲームは避ける

ゲームにはさまざまな種類があるので、どれが適しているのか迷ってしまうでしょう。懇親会の場合は、基本的には複雑なルールのゲームを避けるようにしましょう。

複雑なルールのゲームは、説明する時間がかかってしまいます。その上、参加者がルールを理解するまでの時間もかかるため、時間通りにプレイできない恐れがあります。あくまでゲームは懇親会における1つのプログラムであることを考え、シンプルなルールのゲームを選んで円滑に進めていきましょう。

あらかじめプレイしておく

もし気になるゲームがこれまでしたことのないゲームならば、取り入れる前に一度遊んでみましょう。あらかじめプレイしておくことで、良い点や改善すべき点が見つかるかもしれません。ルールの把握にもつながります。

定期的に参加者の様子を確認する

当日は、定期的に参加者のプレイ風景を確認するようにしましょう。そうすることで、サポートをしやすくなります。特に参加者も初めて遊ぶゲームであれば、ルールを把握しきれずにプレイしているかもしれません。その際にサポーターがいれば、すぐに疑問を解消できます。

オンラインで懇親会を開催する場合は?

最近では、新型コロナウイルスの影響でオンライン懇親会が開催されるようになりました。オンライン懇親会は従来の懇親会よりもコストを抑えられるだけではなく、1つの場所に集まる必要がないというメリットがあります。

しかし、オンライン懇親会は従来の懇親会とは違った部分に注意しなければなりません。最後まで楽しんでもらうためにも、以下の内容を確認した上で開催するようにしましょう。

ネット環境は必ずチェック

オンラインで何らかのイベントを行う際、必ずチェックしてもらいたいことがネット環境です。ネット環境が悪いと音声や映像が乱れてしまい、途中で接続が切れてしまうかもしれません、ゲームを進行する上でも重要になるため、ネット環境は必ず対策をしておく必要があります。

最後までネット環境に問題を抱えることなく進行するためにも、参加者全員のネット環境をチェックしましょう。あらかじめ確認しておくことで、ネット環境の問題を防げます。

人数が多い場合はグループ分けを行う

オンライン懇親会は、人数が多いほど大変です。誰が何をしているのか把握できなくなる上に、ネット環境も悪化しやすくなります。もし人数が多い大規模なオンライン懇親会ならば、グループに分けて開催しましょう。そうすることで、一人ひとりの行動が把握しやすくなる上にネット環境の問題も防ぎやすくなります。

グループ分けの方法はさまざまありますが、基本的にはランダムに分けるようにしましょう。そうすることで、新しい人間関係を築いてもらいやすくなります。なお、ランダムに分ける方法としては、「Zoom」のブレイクアウトルームといったものが挙げられます。

LOUNGEやボードゲームアリーナなどで探してみる

もし理想的なゲームが見つからないのであれば、「LOUNGE」や「ボードゲームアリーナ」などで探してみてはどうでしょうか。どちらもさまざまなゲームがそろっており、取り入れてみたいゲームが見つかるかもしれません。

LOUNGE」は「Zoom」や「Microsoft Teams」などと連携できるサイトであり、「NGワード」や「イチマルマル」といったゲームがプレイできます。ウェビナーや対面イベントなどにも取り入れられるため、オンライン懇親会以外の場面でも活用できるでしょう。

「ボードゲームアリーナ」は、無料ながらも数多くのボードゲームがブラウザ上で楽しめるサイトです。遊べるボードゲームとしては、「コーデックス・ナチュラリス」や「レース・フォー・ザ・ギャラクシー」、「アルナックの失われし遺跡」など。「カルカソンヌ」のような有名なボードゲームもプレイできます。

専門業者に依頼するのもおすすめ

オンライン懇親会はさまざまな準備がいるため、日頃忙しい方にとっては思うように準備が進まないかもしれません。そんな方には、専門業者に依頼する方法もおすすめ。。

株式会社IKUSAでは、「オンライン社内イベントプロデュース」というサービスをしています。イベンの内容やグッズ制作などトータルでプロデュースしてくれる上に、独自のゲームも用意されています。

はじめから楽しめるおすすめのゲーム

最後の項目では、この記事の本題である初対面でも楽しめるゲームを10個ピックアップ。有名なゲームからユニークな内容のゲームまで紹介しています。予算や参加人数などを考慮しながら探してみてください。

謎解き脱出ゲーム

株式会社IKUSAが提供する「謎解き脱出ゲーム」は、限られたスペースでも楽しめる頭をうゲームです。体を動かすようなゲームではないため、運動が苦手な方でも楽しめます。

「謎解き脱出ゲーム」は、チームビルディング研修の一環としても活用できます。アイスブレイクとしての役目も果たしてくれるため、研修の最初に行うのもおすすめです。

資料ダウンロードはこちら

リモ謎

「リモ謎」はオンライン懇親会向けの謎解き系ゲーム。株式会社IKUSAが提供しています。難易度調整ができるため、初めて遊ぶ方でも問題ありません。こちらもチームビルディング研修の一環として活用できます。

「リモ謎」では、「閉ざされた電脳都市からの脱出」や「燃え盛る本能寺からの脱出」といったストーリーが用意されています。ストーリーの内容や特徴をチェックして決めてみましょう。

リモ謎の資料ダウンロードはこちら

リモ探

株式会社IKUSAが提供する「リモ探」は、限られた情報を頼りに真実を見つけるゲームです。情報の整理や共有が大切であり、グループで団結して取り組むことで真実を見つけやすくなるでしょう。所要時間は1時間~1.5時間で、10200名まで遊べます。

「リモ探」では、楽しみながらリーダーシップやファシリテーション能力などを学ぶことが可能。コミュニケーション研修や新人研修に取り入れられます。

リモ探の資料ダウンロードはこちら

オンラインクイズ大会

「オンラインクイズ大会」は、最大2000名で楽しめるクイズ系のゲーム。株式会社IKUSAが提供しています。ゲームの運営やMCIKUSAがしてくれるため、幹事の負担を大きく減らしてくれるでしょう。クイズは企業オリジナルの問題を作成することができます。

資料ダウンロードはこちら

社内クイズ

社内クイズは社内に関することを問題とするクイズであり、楽しみながら改めて会社に関する情報を確認できます。

問題としては、「今年で創業何年目?」といったものから「今年新入社員として入社した〇〇さんの趣味は?」というような少しプライベートなものまで幅広く出題してみましょう。そうすることで、メリハリのある楽しい社内クイズとなります。

Among Us

Among Us」は、「人狼」に近いコミュニケーション系のゲーム。参加者はクルーとインポスターの2つのグループに分かれます。クルー側は全タスクの完了もしくはインポスターを全て追放すると勝利。インポスター側は自分たちと同じ数になるまでクルーを殺害するか重大な妨害をクルー側が解決できなかった場合に勝利します。

Among Us」は、PCやスマホなどでプレイ可能。有名なゲームということもあり、すでにプレイ経験がある方もいるかもしれません。コミュニケーションが重要となるゲームだからこそ、グループごとに協力して勝利を目指すことが重要となります。

オンラインビンゴ大会

「ビンゴ」は、オンライン・オフライン双方でプレイできるゲームです。こちら誰もがよく知るゲームなので、スムーズに始められるでしょう。「ビンゴ」を行う際は、景品も用意しておきましょう。

IKUSAでは、プロのMCが進行するビンゴ大会の運営を行っています。盛り上がるビンゴ大会を実施したい方は、ぜひお気軽にご相談ください。資料ダウンロードはこちら

イントロドン

「イントロドン」は、曲のイントロを流して何の曲なのか当てるゲームです。曲は参加者の世代に合わせて選ぶようにすることがポイントです。若い人が多いならば、最新の曲を出題することで楽しんでもらえるでしょう。

「イントロドン」も、オンライン・オフライン双方でプレイできます。アプリも登場しているので、気軽に取り入れられます。

かぶっちゃやーよ

「かぶっちゃやーよ」は、出題された問題に対して他の人と被らないように回答を出さなければならないゲームです。ありがちな回答だと他の回答者と被る恐れがあります。他の回答者の答えを予測しながら回答しましょう。

クイズいいセン行きまSHOW!

「クイズいいセン行きまSHOW!」問題に対して回答者が数字を答えるゲームです。このゲームでは、全員の回答の中で真ん中の回答を出した人が勝利します。いかに他の回答を考えて真ん中を狙うかが重要となります。

まとめ

今回は、初対面の人が多い懇親会でもおすすめのゲームや行う際のポイントなどについて紹介しました。初対面でも楽しめるゲームはさまざまありますが、できるだけ誰もが知っているゲームや世代や性別関係なく楽しめるゲームを選ぶことが大切。もし気になるゲームがあったのであれば、実際に取り入れてみてはどうでしょうか。

2021年には年間600件を超えるオンラインイベント・オンライン研修を実施させていただきました。企業や自治体、商業施設、学校などのイベント・研修実施に関するサービス資料は以下よりダウンロードしてください。

資料ダウンロードはこちら 

 

参考サイト

この記事を書いた人

よしふみ
旅行系からビジネス系に至るまで、幅広いジャンルを執筆するWebライター。国内外を旅しながら、記事を書いています。
RELATED ARTICLES関連する記事
RECOMMENDおすすめ記事
PAGE TOP