社内イベント

2021 12.08

2022 01.07

オンラインクイズ大会コンセンサスゲームリモ探リモ謎

懇親会でコミュニケーションを活性化させるおすすめのゲーム10選

よしふみ
懇親会でコミュニケーションを活性化させるおすすめのゲーム10選

初めて社内イベントとして懇親会を開く方にとっては、参加者同士が積極的に交流してくれるか不安に思うかもしれません。特に初対面の参加者が多い内定者向けの研修ならばなおさら思うでしょう。

そこで今回は、懇親会でコミュニケーションを活性化させるためのゲームをメインに紹介します。ゲームの選び方についても触れているので、どのようなゲームを選べばいいのかわからない方も、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

社内イベント・研修の資料はこちら!

資料ダウンロードはこちら

どんなときにゲームを取り入れればいい?

懇親会のような社内イベントゲームを取り入れること自体はまったく悪いことではありません。しかし、どんなときにゲームを取り入れたらいいのかわからない方もいるでしょう。

そこで最初の項目では、ゲームを取り入れるシーンとして最適な場面を4つピックアップして紹介します。社内イベントのプログラムを作成する際にも役立つので、参考として覚えておくと良いでしょう。

研修前に参加者の緊張を緩和したいとき

チームビルディング研修や新入社員、コミュニケーション研修など研修にはさまざまな種類があります。しかし、どんな研修であっても初めて参加する方にとっては緊張してしまうでしょう。緊張したまま参加すると、身体や精神に負担がかかってしまい、予想以上に参加者が疲れてしまうかもしれません。

ある程度リラックスした状態で参加してもらうためにも、研修を開催する前にゲームを取り入れてみましょう。ゲームを楽しむことで緊張感を緩和できるだけではなく、参加者の交流も促せます。アイスブレイクとしての役目を果たしてくれるので、幅広い研修やセミナーなどで取り入れられます。

懇親会の企画を探しているとき

楽しい懇親会にするためには、企画が大切です。ダラダラで進めてしまうとメリハリのない社内イベントとなってしまいます。そうなれば、わざわざ社内イベントとして懇親会を開催する意味がなくなってしまうでしょう。

とはいっても、懇親会の企画を考えるのは難しいため、なかなか思い浮かばない方もいるかもしれません。そんなときにおすすめしたいのがゲームです。運動系や知識系などさまざまなゲームがあるため、参加者の人数や雰囲気に合わせてゲームを選ぶことで、楽しい懇親会を実現できるでしょう。

チームワークの強化を目指すとき

チームビルディング研修においては、チームワークの強化が大切です。しかし、そう簡単にチームワークを強化できるわけではなく、研修内容によっては悪化させてしまう恐れがあります。

チームワークを強化する方法はさまざまありますが、その中でもおすすめなのがゲームです。ゲームにはチーム内での協力が必須なゲームやコミュニケーションが求められるゲームもあります。そのようなゲームを取り入れることで、楽しみながらチームワークを強化しやすくなります。

オンラインイベントを盛り上げたいとき

近年では、新型コロナウイルスの流行をきっかけにオンラインで社内イベントが開催されるようになりました。オンラインの場合、さまざまなところから参加できるため、会場費や交通費などがかからないというメリットがあります。しかし、オンラインの場合はオンラインに合わせた企画を考えなければなりません。

オンラインに合わせた企画と考えると難しいかもしれませんが、ゲームであれば気軽に取り入れられます。オンラインでの社内イベント向けにアレンジされたゲームもあるため、オンラインイベントを盛り上げたいときにもゲームがおすすめです。

効果的なゲームの選び方

ゲームをひとくくりにまとめても、さまざまな種類があります。そのため、どのゲームが懇親会に適しているのかわからないかもしれません。効果的なゲームを見つけるためにも、以下の選び方を基準にしてみましょう。

懇親会の目的に合わせる

懇親会を開催する目的はさまざまあり、内定者同士で交流してもらうことを目的としている場合もあれば、従業員のリフレッシュを目的としている場合もあるでしょう。ゲームを選ぶ際も、懇親会を開催する目的に応じたものを選ぶことで、効果的なものとなります。

内定者同士で交流してもらいたいのであれば、コミュニケーションが求められるゲームやチームワークが大切なゲームを選ぶのがおすすめです。どちらも自然と交流できるため、いつの間にか仲良くなっているかもしれません。

ルールはシンプルなもので

ルールに関しては、シンプルなものを選びましょう。複雑なルールだと説明する時間がかかってしまう上に、参加者がすぐに理解してもらえない可能性があります。

シンプルなルールのゲームとしては、ビンゴやクイズなどが挙げられます。別の項目でおすすめのゲームをいくつかピックアップして紹介しているので、そちらもチェックしてみてください。

事前にプレイしておく

気になるゲームを見つけた際は、事前にプレイしてみましょう。リハーサルも兼ねて遊んでみることにより、良い点や改善すべき点などが見つかるかもしれません。あらかじめ遊んでおくことで、本番でのトラブルも防ぎやすくなり、全員で楽しめるゲームをしっかりと選べるようになります。

また、懇親会の時間や参加人数に合わせてゲームのルールを調整してみるのもおすすめです。プレイ時間がかかるのであれば、一部のルールを省いたり勝利数を減らしたりなどの工夫ができます。

オンラインの場合は人数に注意

オンラインで懇親会を開催する場合には、人数に注意しましょう。懇親会と聞くと人が多いほど楽しめそうなイメージがあるかもしれませんが、オンラインの場合はさまざまな問題が生じやすくなります。その1つがネット環境であり、人が増えるほど音声や映像が乱れる恐れがあります。

もし人数が多いのであれば、グループに分けて開催するようにしましょう。グループに分けることでネット環境の問題も生じにくくなる上に、誰が何をしているのか把握しやすくなります。

LOUNGEやボードゲームアリーナなどで探すのもおすすめ

オンライン懇親会の場合、「LOUNGE」や「ボードゲームアリーナ」、「Steam」といったサイトでゲームを探すのもおすすめです。どれもさまざまなゲームがそろっており、理想的なゲームが見つかるかもしれません。

LOUNGE」は、「Zoom」や「Microsoft Teams」などと連携して遊べるサイトです。会員登録がいらないため、誰でも気軽に取り入れることが可能。オンライン懇親会だけではなく、ウェビナーや対面イベントなどにも対応しています。

コミュニケーションの活性化に役立つゲームとは?

最後の項目では、コミュニケーションの活性化に役立つゲームを10個ピックアップして紹介します。「オンラインクイズ大会」や「コンセンサスゲーム」、「インサイダーゲーム」など魅力的なゲームがたくさんあるので、それぞれ比較しながら決めてみるのもおすすめです。

リモ謎

株式会社IKUSAが提供する「リモ謎」は、オンライン環境でで謎解きが楽しめるゲームです。オンライン懇親会向けの内容となっていますが、大人数でも対応可能。難易度の調整もできるため、初めての方でも問題ありません。

「リモ謎」では、数種類のストーリーが用意されています。それぞれ魅力的な内容で特徴も異なるため、懇親会を開催する目的に合わせて選んでみてはどうでしょうか。

リモ謎の資料ダウンロードはこちら

リモ探

「リモ探」は、限られた情報を活用して真実を目指すゲーム。「リモ謎」同様、株式会社IKUSAが提供しています。オンライン懇親会以外に、リモート研修やチームビルディング研修の一環としても取り入れることができ、楽しみながら学べるオンライン研修にしたい方にも向いています。

「リモ探」では、1グループ最大20名までプレイ可能であり、各チームをフォローする巡回スタッフが配置されます。そのため、グループ分けして実施した場合にも、各グループが何をしているのか把握しやすくなっています。

リモ探の資料ダウンロードはこちら

オンラインクイズ大会

株式会社IKUSAが提供する「オンラインクイズ大会」は、オンラインでクイズ大会を開催したいときにおすすめです。最大2000名まで対応しており、「リモ謎」や「リモ探」と同じく規模が大きなオンライン懇親会にも取り入れられます。

「オンラインクイズ大会」では、企業オリジナルのクイズを作成することが可能。また、会場を盛り上げる司会やBGMの手配もIKUSAが行うので、幹事の負担を減らすことができます。

オンラインクイズ・ビンゴ大会の資料ダウンロードはこちら

コンセンサスゲーム

「コンセンサスゲーム」とは、参加者同士の合意形成が重要となるゲームのことを指します。さまざまな種類があり、具体的には「ジャングルサバイバル」や「NASAゲーム」などが挙げられます。チームビルディング研修としても取り入れられることがあるため、したことがある方もいるかもしれません。

株式会社IKUSAが提供する「ジャングルサバイバル」は、遭難したジャングルから近くの村へ避難するために、必要なものに優先順位を決めるという内容です。優先順位を決める際に話し合いが求められるため、参加者同士で交流してもらいたい場合にも向いています。

合意形成研修 コンセンサスゲーム ONLINEの資料ダウンロードはこちら

人狼

「人狼」は有名なコミュニケーション系のゲームであり、ルールを知っている方や何度も遊んだことのある方もいるでしょう。現在ではスマホやタブレットなどでも遊べるようになったため、アプリを用いて気軽にプレイできます。

「人狼」では、人狼を見抜くためのコミュニケーションやキャラクターによって備わっている能力を使うタイミングなどが重要となります。しっかりと話し合えば人狼を見分けられるかもしれませんが、思うように話し合いができなければ人狼が勝利するかもしれません。

ワードウルフ

「ワードウルフ」は、参加者の中から仲間外れを探すというゲームです。まず全員に同じキーワードが渡されますが、ワードウルフに選ばれた人だけは別のキーワードを渡されます。その上で話し合い、最終的に誰がワードウルフなのかを当てます。

このゲームでは、しっかりと相手の話を聞くことが重要となります。相手の話を最後まで聞いていれば、ワードウルフのミスが見つかるかもしれません。一方でワードウルフとなった人は、ほころびが出ないように気をつけて発言していく必要があります。

インサイダーゲーム

「インサイダーゲーム」も、「ワードウルフ」のように仲間外れを見つけるゲームです。参加者はあらかじめ決められているキーワードが何なのか質問を通じて当てます。ただし、参加者の中にはあらかじめキーワードが何なのか知っている人もいて、最後に知っていた人を見つければ見つけなければなりません。

このゲームも、「ワードウルフ」と同じく相手の話をしっかりと聞くことが重要になります。

Among Us

Among Us」は、「人狼」に似ているゲームです。PCやスマホなどでプレイでき、クルーとインポスターという2つのグループに分かれて戦います。このゲームでもコミュニケーションが必須となるため、ゲームを進めるうえで得られた情報を整理しつつ、誰がインポスターなのか探ってみましょう。

カタカナ禁止ゲーム

「カタカナ禁止ゲーム」は、決められたキーワードをカタカナを使わずに説明し、無事に伝われは成功となる簡単そうに見えて意外と難しいゲームといえるでしょう。

しりとり

「懇親会にしりとりはちょっと…」と思うかもしれませんが、工夫次第で楽しいしりとりとなります。絵しりとりの場合、画力や表現力が重要となるため、予想以上に難しいと感じるでしょう。オンラインでも楽しめるゲームなので、気軽に取り入れられます。

ゲームでコミュニケーションを活性化させよう!

今回は、ゲームの選び方やコミュニケーションの活性化に役立つゲームなどを紹介しました。ゲームは懇親会にぴったりな企画であり、参加者同士の交流を促せます。コミュニケーション系の企画を考えているのであれば、ゲームを取り入れてみてはどうでしょうか。

 

2021年には年間600件を超えるオンラインイベント・オンライン研修を実施させていただきました。企業や自治体、商業施設、学校などのイベント・研修実施に関するサービス資料は以下よりダウンロードしてください。

資料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

よしふみ
旅行系からビジネス系に至るまで、幅広いジャンルを執筆するWebライター。国内外を旅しながら、記事を書いています。
RELATED ARTICLES関連する記事
RECOMMENDおすすめ記事
PAGE TOP