企業研修

2021 03.28

コンセンサスゲームリモ謎研修

Zoom研修にゲームを導入?ビジネス現場にもおすすめな理由

IKUSA.jp編集部
Zoom研修にゲームを導入?ビジネス現場にもおすすめな理由

Zoom研修にゲームを取り入れると、さまざまなメリットが得られるのをご存じですか?

研修といえば、講義を聞いたり、グループワークとしてディスカッションを行ったりするのが一般的です。ビジネスの場での研修ですから、当然といえば当然でしょう。しかし、ビジネスの場であっても、ゲームを取り入れることで社員や企業に有益な経験をもたらします。

今回は、Zoom研修にゲームを取り入れるメリットや、ビジネスの場にもおすすめできるゲームをご紹介します。

Zoom研修にゲームを取り入れる!?

Business woman using laptop computer do online activity on wood table at home office.

Zoom研修にゲームを取り入れると聞くと「遊びなのでは?」「仕事に関係ないのでは?」といったイメージを持たれるかもしれません。

たしかに「ゲーム」と聞くと、娯楽を想像しがち。しかし、そもそも研修は講義スタイルだけとは限りません。たくさんある研修のスタイルのうちの一つとして、ゲームが挙げられるのです。

もちろん、ビジネスに無関係のゲームを取り入れることはありません。ビジネスに必要な体験ができるゲームを取り入れることが、社員や企業にとって有益な経験となるのです。

Zoom研修にゲームを取り入れるメリット

Successful young adult female student working at computer at university

Zoom研修にゲームを取り入れるにあたり、どのようなメリットが得られるのでしょうか。ここからは、Zoom研修にゲームを取り入れるメリットを紹介します。

楽しみながらスキルアップを目指せる

まず挙げられるメリットは、楽しみながらスキルアップを目指せることです。単純に講義を聞いているだけよりも、楽しみながら学べるゲームのほうが、より積極的に参加しやすいでしょう。

また、ゲームの多くには「アウトプット」要素があるため、インプットのみの講義と比べるとより身につきやすいといえます。

スキルアップのためには、参加者の積極的な姿勢が必要不可欠。ゲームであれば、こうした課題をクリアすることができるでしょう。

円滑なコミュニケーションにつながる

ゲームをZoom研修に取り入れると、円滑なコミュニケーションにつながりやすくなります。

ゲームをクリアするためには、基本的にチーム内でのコミュニケーションが欠かせません。また、全員が発言しないとクリアできないようなゲームもあり、必然的に社内のコミュニケーション活性化につながるのです。

近年は新型コロナウイルスの影響により、リモートワークへと切り替えた企業が少なくありません。それに伴い、社内コミュニケーションの減少を課題と感じる企業も増えているといいます。

Zoom研修におけるゲームは、現場で減少してしまったコミュニケーションの機会を増やすことにもつながるでしょう。

チームワークの形成に役立つ

チームワークの形成に役立つというメリットも、Zoom研修へのゲーム導入で得られるメリットの一つ。

ここまでで触れたとおり、Zoom研修ではコミュニケーションが必要不可欠です。そのため、コミュニケーションを通じて団結力を高めたり、自分がチームの一員であるという意識を向上させたりすることにつながります。

その結果としてチームワーク形成につながり、業務のパフォーマンスを高めることはもちろんのこと、企業の業績アップも期待できるでしょう。

アイデア力や交渉力、判断力が身につく

Zoom研修に取り入れるゲームによっては、アイデア力や交渉力、判断力が身につくメリットがあります。

ビジネスの現場では、アイデアや交渉、判断力などが求められるシーンが多いのが現状。しかし、これらを不得意とする社員もいるはずです。

ビジネスに必要な能力は、知識を身につけただけでは現場で活かせません。ゲームを通じて実際に体験することが、スキル定着の近道だといえます。

最近ではひらめきに直結するゲーム、交渉力・判断力を培うゲームなど、より特化したゲームが増えています。研修内容に迷ったら検討してみてください。

研修内容が印象に残りやすい

研修内容がより印象に残りやすいというメリットも、Zoom研修へのゲーム導入で期待できます。

講義スタイルの場合、耳にする情報量が膨大であることから、最終的には「あまり頭に残っていない……」といった結果に陥ることも。一方でゲームは、体験を中心として研修を進めていきます。ただ話を聞くだけよりも、体験したほうが印象に残りやすいことから、研修内容がより身につきやすくなるのです。

研修内容の定着率を重視するのであれば、ゲーム要素を盛り込むことをおすすめします。

Zoom研修におすすめのゲーム5

businesswoman on a video call

Zoom研修向けのゲームは、現在非常に多く展開されています。ここでは、そのなかでもビジネスの場におすすめのゲームをご紹介します。

リモ謎

株式会社IKUSAが提供するリモ謎は、Zoom研修におすすめのゲームの一つです。

謎解きがベースとなったゲームで、チームワークの向上やコミュニケーションの活性化が期待できるのが特徴です。謎を解きながらクリアを目指していくゲームであるため、ひらめきや思考力、アイデア力なども刺激することにつながるでしょう。

リモ謎公式サイトはこちら

合意形成研修 コンセンサスゲーム ONLINE

「合意形成」を目的としたゲームです。ある設定のもと、メンバー同士で話し合いを行い、条件を満たせるよう、アイテムの優先順位をつけていきます。

ジャングルからの帰還をテーマにした「ジャングルサバイバル」と、防災をテーマにした「たどり着け!帰宅困難サバイバル」の2種類があり、お好きなストーリーを選択いただけます。

このゲームは、チーム内でしっかりと話し合い、合意を得たうえで決定することが大切です。妥協での決定はNGなので、決められた時間の中でとことん話し合う姿勢が求められます。

合意形成研修 コンセンサスゲーム ONLINEの資料ダウンロードはこちら

 

ワークスタイルトランプ

現代のビジネスマンにぜひおすすめしたいZoom研修ゲームが、ワークスタイルトランプです。

ワークスタイルトランプは、「自分の理想の働き方」を知る糸口となるようなゲーム。トランプ11枚に記載されている理想の働き方を複数枚選び、お互いに見せ合ったり、自分の本質について探っていったりします。お互いに仕事の傾向や価値観、考え方などを知ることができるのが特徴です。

目指せ上場!謎解き会社経営オンライン

目指せ上場!謎解き会社経営オンラインは、謎解きをしながら会社の時価総額を大きくしていくゲームです。

ゲーム内で設定されている「新商品開発プロジェクト」「人材採用プロジェクト」など全8つのプロジェクトを成功させていくことで、会社の時価総額を大きくできます。複数のチームに分けて対決することもできるため、取り入れ方の自由度が高いのが魅力です。

桃太郎村の地図オンライン

桃太郎村の地図オンラインは、コミュニケーションを目的としたビジネスゲーム。配布された手持ちのカードに記載されている内容を口頭だけでチーム内で共有し、「何がどこにあるのか」を探り当てていきます。

全員が発言しないとクリアできないため、コミュニケーションは必須。また、言語化する能力が大きく問われることから、伝える・察するなどの能力を培うことにつながります。

Zoom研修でゲームを取り入れる際の注意点

Cheering african american female student at video call at computer indoors at home

Zoom研修でゲームを取り入れる際には、大きく3つの注意点があります。ゲーム導入の前に確認しておきましょう。

「学び」があるゲームを取り入れる

遊ぶだけではなく、学びが得られるゲームを取り入れることが大切です。

遊びを通して楽しむことは重要ですが、あくまでも「ビジネスに必要な研修」として確立しなければなりません。そのため、ゲームは学びの要素があるものを選ぶ必要があります。

たとえばコミュニケーションスキルや言語化スキル、交渉術や察する能力など、ゲームを通して得られることはさまざま。「参加者に何を学んでほしいのか」を明確にしたうえで、ゲームを選ぶことをおすすめします。

ゲームの勝利をゴールにしない

Zoom研修にゲームを取り入れる際、注意しなければならないのが勝利をゴールにしないことです。

勝ち負けのあるゲームの場合、ついつい「勝つこと」にこだわってしまう場合があります。しかし、研修でのゲームの目的は「学び」ですから、勝ち負けにこだわる必要はありません。むしろ勝ち負けにこだわり、本来学ぶべきポイントが学べないのでは、ただの遊びとなってしまいます。

研修にゲームを取り入れる際には、上記の点をきちんと参加者に共有しておきましょう。

ルールは事前に伝えておく

ルールを事前に伝えておくことも、Zoom研修を実施するうえでは重要です。

当日になって初めて説明するとなると、ゲームにもよりますがよく理解できない参加者が出てくる可能性があります。ゲームがうまく進められなかったり、ルール説明で時間をロスしてしまったりするリスクが考えられるため、書面や口頭などで事前にルールを共有しておきましょう。

なおルール説明は、事前に伝えておくだけではなく、当日にもあらためて説明しましょう。事前のルール説明だけでは、参加者がルールについて勘違いをしていることも考えられます。研修をスムーズに進めるためにも「事前」と「当日」の2回を心がけましょう。

まとめ

Smiling millennial Caucasian female sit on sofa at home have video call on tablet online. Happy young woman talk speak on webcam digital virtual conference on pad gadget. Communication concept.

Zoom研修では、講義やグループディスカッションなどのスタイルが多い傾向にありますが、ゲームの導入もおすすめです。ゲームには意外にも学びの要素がたくさんありますし、ゲームならではの「体験」がより参加者にとって貴重なものとなるでしょう。

参加者はもちろんのこと、結果的に企業にも良い影響をもたらすはず。Zoom研修を計画しているのであれば、ぜひゲームも視野に入れながら研修内容を設計してみてください。

この記事を書いた人

IKUSA.jp編集部
IKUSA.jpでは、楽しさを主軸にした体験型のイベントや研修に関する情報をご紹介していきます。オンラインでもリアルでも、参加者全員が楽しめるイベントはIKUSAにお任せください。

RECOMMENDおすすめ記事

PAGE TOP