企業研修

posted:2021 03.10

updated: 2022 10.21

Zoom研修を成功させよう!効果を高めるコツを解説

IKUSA.jp編集部
Zoom研修を成功させよう!効果を高めるコツを解説

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、Zoom研修を取り入れる企業が増えてきました。

Zoom研修が実施されれば、従業員は感染拡大のリスクを回避しながら有益な研修を受けることができるでしょう。

しかし、Zoom研修を成功に導くには、ポイントをおさえて実施することが重要です。

そこで今回は、Zoom研修を成功させるためのポイントをご紹介します。

Zoom研修はただ実施すればいいわけではない

Webinar concept on laptop computer screen on wooden table. Hands typing on a keyboard. All screen content is designed by me.

世間的にZoom研修が増えているから、と世間の流れに乗ってZoom研修への切り替えを検討されている方もいるでしょう。

しかし、Zoom研修はただ実施すればいいわけではありません。

リモート環境での研修に慣れていない企業の場合、さまざまな失敗が起こりやすく、せっかく準備をしてきたのに不完全燃焼で終わってしまうことがあります。

こうした事態を防ぐため、Zoom研修を実施するのであればありがちな失敗を把握し、対策を講じることが大切です。

Zoom研修でありがちな失敗

Businesswoman listening music in headphones. Woman typing on a laptop computer as she listening music by headphones. Woman enjoying listening corporate business course, online study, headshot portrait.

多くの企業で見られるZoom研修でありがちな失敗には、以下のようなものが挙げられます。

参加者の集中力が途切れる

Zoom研修でありがちな失敗として、まず挙げられるのが参加者の集中力が途切れてしまうことです。

自宅から参加するとなると、画面の周りには生活感の溢れるアイテムが転がっていることもあるでしょう。人によっては意識がそちらに向いてしまい、参加者の集中力が途切れてしまうリスクがあります。

最大限意識を研修に向けられるよう、研修内容を工夫しなければなりません。

参加者が指定時間までにログインできない

非常に多い失敗に、参加者のログインが完了しないことが挙げられます。

Zoomに慣れていない参加者の場合、ログインに手間取ることも。

指定時間までに参加者全員が揃わず、結果的に研修開始時間が遅れ、駆け足で研修を進めなければならないなど、さまざまな弊害が出てくることが考えられます。

とくに、「Zoomを使うのが初めて」「パソコンなどの端末操作に慣れていない」という参加者がいる場合、ログインに時間がかかる可能性も高くなります。

あらかじめヒアリングしておき、不慣れな参加者がどれくらいいるのかを把握しておくと良いでしょう。

参加者が機能を使いこなせない

こちらも、Zoomをあまり使ったことがなかったり、パソコンなどの操作に慣れていなかったりする参加者が多い場合に起こりやすい失敗です。

いざグループワークでZoomのある機能を使って進めようとしても、参加者の中に一人でも使い方がよくわからない人がいれば、グループワークは一時中断せざるを得ません。

機能のレクチャーに時間をとられ、時間オーバーにも繋がってしまうでしょう。

映像や音声の乱れで研修内容を理解できない

Zoom研修では、映像や音声が乱れるトラブルが少なくありません。

その結果、参加者が研修内容を理解できず、せっかくの貴重な時間が無駄に終わるケースがあります。

映像や音声の乱れは、主催者側だけではなく参加者側の通信環境が影響することもあるため、どれだけ主催者側が気を付けていても起こりうるトラブルです。

上記を踏まえたうえで、万が一スムーズに研修を受けられなかった場合に備えた準備もしておくことをおすすめします。

時間オーバーする

会場やオフィスなどで行う研修と比べて、Zoom研修は体感での時間の流れが異なります。

実際、Zoom研修は前項でも触れた通り、トラブルなども多いのが現状。研修の進み具合が比較的ゆっくりになりやすく、いつの間にか終了予定時刻を大幅にオーバーしてしまうことがあります。

こうした事態をできるだけ回避するためにも、時間の流れ方をしっかりと理解し、対策を講じる必要があります。

発言者が偏る

Zoom研修が初めての場合にぜひ知っておいてほしいのが、発言者が偏りやすいという失敗です。

実際にZoom研修を実施してみると、ディスカッションや自由討論をしても、発言者がほぼ同じ人になってしまうことがよくあります。

せっかくの研修、参加者全員がまんべんなく発言できるのが望ましいですよね。偏りが生じないような工夫が必要です。

Zoom研修を成功させるコツ

Asian Business people meeting and voting with teamwork colleague in video call conference screen when Covid-19 pandemic,Coronavirus outbreak,online meeting,Social distancing and new normal concept

ここからは、Zoom研修に慣れていない企業でも実践できる、Zoom研修成功のコツをご紹介します。

質問や意見は「名指し」で

参加者に質問や意見を出し合ってほしいときには「名指し」を意識しましょう。

「意見がある方はいますか?」「この件についてどう思いますか」など、全体への問いかけが多くなりがちですが、これでは発言者が偏りやすくなります。

「○○さんはこの件についてどのように考えますか?」と、一人ひとり名指しをして、できるだけ全員に発言の機会を与えるようにしましょう。

参加者もカメラ機能を活用する

参加者の集中力を維持させるためにも、原則として参加者全員にカメラ機能を活用してもらいましょう。

お互いの顔が見えると、「同じ空間に集まっている」という意識が持ちやすくなります。

一体感を得られることから適度な緊張感を覚え、集中力の向上や向上心、モチベーションの維持などに繋がるでしょう。

Zoomの使い方をマニュアル化して共有しておく

いざ研修が始まってから使い方のレクチャーに追われる事態にならないためにも、Zoomの使い方をマニュアル化してあらかじめ参加者に共有しておきましょう。

ログイン方法にも細かく触れておくと、指定時間に間に合わないトラブルも回避しやすくなります。

システムに精通するオペレーター係を置いておく

システムに精通するオペレーター係を配置しておけば、研修中のトラブルに速やかに対応できます。

円滑に研修を進めるためには、トラブルは未然に防ぎ、万が一トラブルが発生してもすぐに対処できるようにしておくことが大切です。

チャットを活用して自由に発言してもらう

Zoom研修では、チャットの活用もおすすめです。

参加者にチャット上で自由に発言してもらうことで、アイデアのヒントになったり、アウトプットにつながったりしていい影響をもたらします。

参加者同士で刺激を与え合うことができ、より充実した研修となるでしょう。

リアルとは時間の進み方が異なることを理解する

Zoomでは対面と異なり、時間の流れが非常に早く感じることが少なくありません。ふと時計を確認すると体感より時間が経過していて慌てることもあるでしょう。

研修内容は詰め込みすぎず、要点を絞ってゆとりを持った設計にすることをおすすめします。

事前に当日をイメージしてシミュレーションしてみる

Zoom研修実施前には、当日の流れをイメージしてシミュレーションしておきましょう。

実際にシミュレーションしてみると、新たな課題が見つかることも。

積極的に本番を想定したシミュレーションを行って、研修までに改善できそうな部分がないか確認してみてください。

運営をプロに依頼する

「初めてのZoom研修、自社で準備するのはちょっと不安……」
そんな方は、運営をプロに依頼するのがおすすめです。

株式会社IKUSAでは、Zoomを活用した研修「リモ研」の運営を行っています。


リモートワークツールの使い方やオンライン商談のコツといったリモートワークにまつわる講義をはじめに行い、その後、参加者の皆さんにはチームビルディング型謎解き「リモ謎」を体験していただきます。

学んだことを即実践に移せるので、スキルの定着が図れます。

また、オンライン企業イベント300件以上の実績を生かした、スムーズな運営と安心のサポート体制が強みとなっています。資料ダウンロードはこちらお問い合わせはこちら

まとめ

Video conference concept. Teleconference. Telemeeting. Webinar. Online seminar. e-Learning.

今回は、Zoom研修を成功させるためのコツをご紹介しました。

慣れないうちは何かと失敗が起こりやすいZoom研修。あらかじめよくある失敗や成功のコツを把握しておくと、Zoom研修も成功しやすくなるはずです。

リモート環境での研修を検討している方は、ぜひこれを機にZoom研修を取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

IKUSA.jp編集部
IKUSA.jpでは、楽しさを主軸にした体験型のイベントや研修に関する情報をご紹介していきます。オンラインでもリアルでも、参加者全員が楽しめるイベントはIKUSAにお任せください。
RELATED ARTICLES関連する記事
RECOMMENDおすすめ記事
PAGE TOP