社内イベント

2021 02.15

おうち防災運動会リモ謎

社員総会向け!リモートで盛り上がるゲーム6選!!

兼続
社員総会向け!リモートで盛り上がるゲーム6選!!

大人数で集まるのが難しいこのご時世。

コロナが収束しない以上、社員総会は、オンラインのみでの開催を余儀なくされています。

 

オンラインでの社員総会は、単なる会社の業績や報告、経営方針の発表の場となってしまいがちです。参加者が主体的に参加できる場面が少ないので、参加者が途中で飽きてしまいやすいのが、オンライン社員総会の課題の一つとなっています。

 

そこでおすすめなのが、リモートワークでも楽しめる「ゲーム」を社員総会に取り入れることです。話を聞くだけの社員総会は退屈に感じやすいですが、参加者全員が楽しめるゲームを実施することで、飽きることなく社員総会を楽しめます。

 

今回は、自宅から参加できるリモートゲーム6選をご紹介させていただきます!!

社員総会でゲームの実施を考えている方は、ぜひ参考にしてください!

社員総会を開催するメリット

そもそも社員総会とは、法人の社員によって構成される会議のことで、簡単に言えば、「全社員が集まるビッグイベント」です。

ここからは、社員総会を行うメリットを3つに分けてご説明します。

ミッションやビジョンの再認識・共有ができる

社員総会は全社員が一堂に会する貴重な機会なので、ミッションやビジョンなどを全員で再認識し、共有することができます。

 

現状、直接集まることが難しい状況のため、社員同士の「つながり」の希薄化が懸念されています。社員総会を通してこれらを再認識することで、リモートワークによって実感しづらくなっていた「つながり」を改めて感じることができます。

コミュニケーションの活性化ができる

全国にいる仲間と久しぶりに顔を合わせると気持ちが高まるものです。

普段、話さない他部署の方とも交流が取れるのでコミュニケーションの活性化に繋がります。

お互いの近況を確認する事で仕事への向上心も上がります。

みんなの前で感謝を伝えられる

大きな功績を収め会社に大きく貢献した社員には感謝の気持ちを形として伝えたいものです。個別で行うのではなく、社員全員の前で表彰をすることで会社への帰属意識が高まります。

リモート社員総会を行う時の注意点

回線などのネット環境を事前に確認しておく

オンラインでイベントを行う際には、PCやネット回線、マイクの設定・確認などの準備に時間がかかります。機材の動作確認やネットワークへの接続テストなどは、なるべく前日までに実施しておくのがオススメです。

また、事前に確認すべきこととしては、

  • パソコンにカメラがついているか、ついていない場合はWEBカメラを用意できるか。
  • (特定のWebサービスを使用する場合、)対応していないブラウザがあるか。
  • マイク付きヘッドセットを用意できるか。
  • ある程度静かで、且つ声が出せる環境が人数分用意できるか。
  • 使用するビデオチャットツーつの推奨環境にあったパソコンを用意できるか。

トラブルが起こった際の連絡経路をしっかり構築しておく

オンラインで一番怖いのが回線トラブル。ネットが繋がらなければ話になりません。

この影響で開始時間が遅れると参加者の士気が下がるだけでなく、会社に対する参加者からのイメージも悪くなる可能性があります。

回線トラブルが起きた際、誰にどのように連絡をすれば良いのか、緊急連絡先をあらかじめ決めておくことをおすすめします。

参加者への事前レクチャーや情報共有を行う

スムーズに開始ができるように事前のレクチャー時間を設ける、もしくは、当日の12日前に本番で使用するURLを告知しておく必要があります。事前にURLを共有しておくことは、参加者の忘れ防止にもなります。

アイスブレイクの時間を設ける

親しい人同士なら問題ないですが、初めて会う人同士がオンラインで集まる場合は、シーンとした雰囲気になりがちです。

社員総会を始める前にアイスブレイクの時間を設ける事によって、仲が深まりコミュニケーション力に繋がります。

リモート社員総会で盛り上がるおすすめゲーム

リモ

リモ謎とは、リモートワークでもチームビルディングが出来る大人数参加型の謎解き脱出ゲーム!!

ビデオチャット通話を使い、チームで協力をしながらストーリーに沿った謎を1時間〜1時間半の間に解き、脱出を目指します。

リモートワークにより交流が減ってしまった企業や、多拠点間で交流を図りたい企業、芸能人やインフルエンサーのファン交流イベントにオススメです。

リモ謎には、さまざまなパッケージプランが用意されています。そのうちの一つである「閉ざされた電脳都市からの脱出」は、現実世界と電脳世界を行き来できる未来が舞台となっています。

参加者が電脳都市に遊びに来ていた最中にAIが暴走し、1時間以内に脱出しなければ電脳都市に一生閉じ込められてしまうという非常事態に遭遇します。参加者は暗号化された緊急脱出マニュアルをチームで協力して読み解き、緊急脱出装置を起動しなければなりません。はたして、無事にチーム一丸となって脱出できるのでしょうか……?

リモ謎は、チームワークで進めなければクリアしにくいシステムで作られており、自然とメンバー同士でコミュニケーション活性化が図れます。

また、表情やジェスチャーが通じない非言語コミュニケーションやリモート環境での対応がクリアの鍵となるので、企業の多拠点間交流や新人研修、社内のコミュニケーション活性化にも最適です。

他にも、仲間同士の情報共有がカギとなる「終わらないリモート会議からの脱出」や歴史をテーマとした「燃え盛る本能寺からの脱出」など、バリエーション豊かなパッケージプランがあります。企業オリジナルのプラン開発や出題される「謎」のカスタマイズも可能なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。リモ謎の資料ダウンロードはこちら

オンラインビンゴゲーム
PCとスマートフォンを使用したビンゴゲームです。主催者はPC操作のみでビンゴマシーンをまわします。自動で番号が振り分けられるので都度確認も必要なし!
参加者は主催者から送られてくるURLを読み込むだけでビンゴカードが配られます。
自動で番号が色付けされていくので難しい操作は一切なし!
ご自宅にビンゴカードを送る手間もなくなりますし、紙などの余分なゴミも出ず衛生的です。

ジェスチャーゲーム

グループワークなどでも定番のジェスチャーゲームはオンラインでやっても盛り上がるものです。
はじめに司会者がお題を決め、ジェスチャー役に伝えたら、身振り手振りでお題が何かを回答者に伝えます。分かった人は挙手して答え、順番にジェスチャー役を回していきながらゲームを続けていきます。
動作や表情でのコミュニケーションということで単純に面白いですし、メンバーの新たな一面が知れるいい機会にもなるでしょう。

 

実際にオンラインでジェスチャーゲームをやってみた様子は、こちらの動画でご確認いただけます!

物しりとり

家にある物でしりとりを行うゲームです。

例えば、最初の一人がコップを持参しカメラの前で見せる。次の回答者は時間内に「プ」から始まる物を持参する、という流れです。ひらめきと記憶力が試されるゲームです。

複数人ずつチームに分けて、制限時間内にいくつしりとりをつなげることができたかを競い合うこのゲーム。意外にも家にあるものだけでしりとりをすることは簡単ではなく、次の人が回答しやすいように、配慮した回答も必要となります。そのため、コミュニケーションや交流の場に最適なゲームといえます。

制限時間の目安は35分。他のチームよりも1つでも多くしりとりをつなげられるよう、心がけてみてください。

かぶっちゃ!やーよ!

「かぶっちゃ!やーよ!」は、お題に沿って家の中にあるものを持ってきて、発表するゲームです。例えば「赤いもの」であれば、リンゴ、トマト、ケチャップなどを持ってくる……という具合です。発表時にほかの人とかぶっていた場合は得点が入らず、誰ともかぶっていない人はポイントをゲットします。
いかに他人とかぶらないものを選べるかがゲームの勝敗を左右するため、お互いが何を持ってくるかを推測しながらゲームを楽しむことができます。

おうち防災運動会

おうち防災運動会は、自宅に居ながら防災が学べるオンラインコンテンツです。

運動会同様にチームでの競争を楽しみながら、防災に関する知識を学べます。

おうち防災運動会では、災害における事前準備から、被災後の生活再建に至るまでの防災の5つフェーズに合わせて競技を実施。防災の知識が身に付くだけでなく、チーム内での交流やコミュニケーションの促進を期待できます。

新型コロナの影響で社内イベントが中止になってしまった……という場合であっても、おうち防災運動会なら感染リスクに不安を抱くことなく実施しやすいでしょう。おうち防災運動会のお問い合わせはこちらおうち防災運動会の資料ダウンロードはこちら

まとめ

今回は、社員総会におすすめのリモートで盛り上がるオンラインゲームをご紹介しました。
未だ収まる気配のない新型コロナウイルス。直接大勢で集まる事が出来ないぶん、リモート での社員総会を実施することは、今後の働き方改革のいいきっかけになるのではないでしょうか。

「社員総会をリモートで行いたいけれど、どんな企画をしたら良いかわからない」

「初めてのオンラインイベントなので運営は外部に依頼したい」

そんなお悩みをお持ちの方には、リモートでの社員総会を丸ごとおまかせできるサービス「オンライン社内イベントプロデュース」がおすすめです!

 

オンライン社内イベントプロデュースは、200件以上の企業向けオンラインイベントを実施してきた株式会社IKUSAが提供するサービスです。

 

オンライン謎解き「リモ謎」やオンラインクイズ大会などの盛り上がるイベントの企画・運営はもちろんのこと、デリバリーフードの手配やお家で楽しめる謎解きセットの配送などのオプションもあり、お客様のご要望に合わせた最適なプランをご提案させていただきます。

オンライン社内イベントプロデュースにご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

オンライン社内イベントプロデュースの資料ダウンロードはこちらオンライン社内イベントプロデュースのお問い合わせはこちら

この記事を書いた人

兼続兼続
上杉家に一生を捧げた直江兼続の化身
チャンバラ合戦を世界に広めるべく新たに生まれ変わった。
関わる全ての人に『愛』を持って愛嬌を振りまく!!!

RECOMMENDおすすめ記事

PAGE TOP