企業研修

2020 12.14

2020 12.15

おうち防災運動会リモ謎

オンライン研修で取り入れたい!チームビルディングゲームまとめ

IKUSA.jp編集部
オンライン研修で取り入れたい!チームビルディングゲームまとめ

近年、場所を問わずに仕事をしやすくなったという背景もあり、オンラインで研修を取り入れる企業が増えてきました。

そのうえ、一般的な講習や勉強会といった研修だけではなく、チームビルディングなどのような、コミュニケーションが重視される研修でもオンラインへと移行されつつあります。

そこで、今回はオンライン研修を検討している方に向けて、おすすめのチームビルディングゲームをご紹介します。
どんな取り組みをすればいいのか分からない…と悩んでいる担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

オンラインでもチームビルディングは可能

オンラインでの研修といえば、講師が一方的に説明をするような「セミナー」「勉強会」「講習」などが定番です。

しかし、近年は新型コロナウイルスの影響もあり、オンラインでチームビルディングを取り入れることを検討するケースが増えてきました。実際、入社が決まっても新入社員を出勤させられない…といった問題を抱えている企業は少なくなく、直接同僚同士で顔を合わせられないまま、業務がスタートすることがあります。

しかし、交流が浅い状況の中で、円滑な業務遂行は難しいのが現状。そこで注目されるようになったのがオンラインでのチームビルディングなのです。

オンラインであれば、直接会わなくてもテレビ電話などの機能を活用して、お互いの顔を見ながらコミュニケーションを交わすことができます。
オンラインは、工夫・アイデア次第でさまざまな取り組みができますので、社内の交流を深める際におすすめです。

オンライン研修におすすめのチームビルディングゲーム

オンライン研修で取り入れられるチームビルディングゲームは非常に多いです。
具体的に、どんなゲームがあるのかチェックしていきましょう。

リモ謎

IKUSAが提供しているアクティビティ「リモ謎」は、オンラインツールを活用した企業向けのチームビルディングゲームです。

リモートワークで交流が減少した企業にとって、コミュニケーション機会を増やすことは重要な課題です。そんなときにリモ謎がおすすめといえます。

リモ謎のルールは、ビデオチャットツールで仲間と会話をしながら、協力して謎を解き明かすというシンプルなものです。世界観にこだわり、趣向をこらしたストーリー展開でアクティビィが進んでいきますので、大人も夢中になれること間違いなし。楽しみながら、コミュニケーションを交わし、ストーリーを進めていくことができます。

「レクリエーション感覚で楽しめるチームビルディング」を求めている方は、ぜひIKUSAのリモ謎をご検討ください。

リモ謎の資料ダウンロードはこちら

ヒーローインタビュー

オンライン研修でおすすめなのが「ヒーローインタビュー」です。
ヒーローインタビューとは、特定の方に対して複数人でさまざまな質問を投げかけるというゲームです。基本的にはどんな質問をしても問題ありませんが、インタビューされた側に対して「良い質問だった」「対応が良かった」と思わせた質問者が優勝です。

ヒーローインタビューは社内の交流を深められるだけではなく「ヒアリング能力」「コミュニケーション能力」などの向上を期待することができます。

合体パズル

オンラインならではのチームビルディングゲームであるのが「合体パズル」です。
テレビ電話ツールによって異なりますが、複数人で一斉にオンライン会議を実施すると、画面上に上下左右に参加者が並びます。

その際、上下もしくは左右で並んでいる参加者同士で、お題に沿って自身を映すといったゲームがあるのです。例えば、「上部に映る人が鼻から上、下部に映る人が鼻から下」といったように、お互いに声を掛け合いながらお題に沿って自分の顔や体を映します。
また、21組ではなく、上下左右に並ぶ4人組で実施することも可能です。

ロールプレイングゲーム

ロールプレイングゲームは、実演販売士と客に分かれて商品を売るゲームのことです。

例えば、「マッチ」を商品として設定したら、客の役をしている方に、マッチの魅力や買うべきポイントなどを説明して「買いたくなる」といった気持ちにさせます。

ロールプレイング後、客の役だった方が「買いたいと思った」と感じれば、ロールプレイングは成功です。

ちなみに、ロールプレイングゲームで設定すべき商品は、自社に関係のないアイテムがおすすめです。自社製品をロールプレイングのお題にしてしまうと、すでに存在するノウハウや知識を活用してしまう可能性が高いからです。「売ったことがない」「売れそうにない」といった、販売の難易度が高いアイテムをお題として選んでください。

コンセンサスゲーム 

コンセンサスゲームは、合意形成を目的としたゲームです。
合意形成とは、それぞれの持つ価値観を共有し合い、相互の意見の一致を図る過程のことで、コンセンサスとも言われています。

ゲームの目的は、メンバー同士で話し合いをして一つの結論を出すこと。参加者は、ある条件のもとで提示された複数のアイテムの優先順位を、話し合いの中で決めていきます。

コンセンサスゲームには月面に着陸した宇宙船やジャングルで遭難した船員などの様々なシチュエーションがあり、状況にあった適切な判断をチームで下せるかが試されます。

コミュニケーション能力や情報を整理する力、論理的思考力を身に付けられるゲームとなっています。

家にあるものしりとり

オンライン研修としてチームビルディングを実施するのであれば、家にあるものだけで行うしりとりを検討してみてください。ルールは文字通り、「家にあるものだけ」でしりとりを進めていきます。

複数人ずつチームに分けて、制限時間内にいくつしりとりをつなげることができたかを競い合ってみてください。意外にも家にあるものだけでしりとりをすることは決して簡単ではありません。そのうえ、次の人が回答しやすいように、配慮した回答も必要となりますので、コミュニケーションや交流の場に最適なゲームといえます。

制限時間の目安は35分。他のチームよりも1つでも多くしりとりをつなげられるよう、心がけてみてください。

おうち防災運動会

オンライン研修では、IKUSAが実施しているオンラインでの「おうち防災運動会」が人気です。

おうち防災運動会とは、自宅にいながら防災の体験ができるアクティビティのことで、運動会同様にチームごとに競っていきます。

災害における事前準備から、被災後の生活再建に至るまでのフェーズごとに競技を実施。防災の知識が身に付くだけでなく、チーム内での交流やコミュニケーションの促進を期待することができます。

新型コロナの影響で社内イベントが中止になってしまった…という場合であっても、おうち防災運動会なら感染リスクに不安を抱くことなく実施しやすいでしょう。

おうち防災運動会の資料ダウンロードはこちら

オンライン研修のメリット

オンライン研修を実施するにあたり、気になるのが「どんなメリットがあるのか」という点ではないでしょうか。
ここからは、オンライン研修における魅力的なメリットを解説します。

自宅にいながらコミュニケーションが図れる

オンライン研修の最大のメリットは「自宅にいながらコミュニケーションを図れる」という点です。
出社したり、特定の場所に集合したりしなくても、ネット環境が整っていれば気軽に参加することができます。実際、現場に集まって実施するイベントでは参加率が低い…といった問題を抱えている企業が少なくありません。

オンライン研修であれば、「手軽」「気軽」といったハードルの低いイメージがありますので、高い参加率を期待できるでしょう。

新型コロナの影響を受けにくい

2020年に大流行した新型コロナの影響を受けにくいという点は、オンライン研修ならではのメリットです。
新型コロナの影響により、企業はリモートワークへの移行や調整を余儀なくされていますし、公共交通機関の利用は感染リスクが懸念されています。

当然、社内イベントのために従業員を集合させるという行為も、新型コロナの感染リスクを高めることになるでしょう。

しかし、オンライン研修であれば、直接会って交流する必要がありませんので、参加者同士の感染リスクは0です。安心して研修に参加できると考えられます。

準備が必要最低限で済む

準備が必要最低限で済むのは、オンライン研修のメリットの一つです。
一般的な社内イベントの場合は、会場の設営や備品の準備など、とにかく事前に整えておかなければならないことが山ほどあります。

しかし、オンライン研修の場合は基本的に「ネット環境」と「研修プログラム」を準備すれば良いため、準備を必要最低限で済ませることができます。

本業と並行して無理なく研修準備を進められるため、取り入れやすいでしょう。

オンライン研修の注意点

オンライン研修を実施するにあたり、いくつか注意点があります。
具体的に、どんな注意点があるのか次から見ていきましょう。

参加者のネット環境が必要

オンライン研修の注意点であるのが、参加者全員にネット環境が必要であることです。

パソコンもしくはスマホといった機器はもちろんのこと、Wi-Fiなどのネット通信が可能な環境は、オンライン研修に欠かせません。

そのうえ、ネット回線は「通信が安定しているもの」が望ましいです。途中で映像が乱れる可能性がありますので、ネット環境が整っていることは絶対条件といえます。

通信回線による遅延などのリスクがある

オンライン研修中、通信回線によって「遅延」といったリスクがあります。

いざ研修が始まっても、通信回線に遅延があると、なかなかスムーズにオンライン研修を進められません。参加者一人に遅延が発生するだけでも、チーム全体のパフォーマンスに影響が生じてしまいますし、最悪の場合は研修を中止せざるを得ない場合もあります。

通信回線トラブルはオンライン研修にありがちな問題であるため、あらかじめ「遅延した場合」「通信が途切れた場合」などの対処を明確にしておきましょう。ブラウザ上でWi-fiの速度をチェックできるツールもあるので、事前に参加者の自宅のWi-Fi速度を確認しておくと良いでしょう。また、当日回線環境が悪くても連絡ができるよう、緊急連絡先の電話番号を用意しておくことをおすすめします。

音声が聞き取りにくいなどのトラブルの可能性がある

通信状況や使用している機器、マイク(イヤフォン)などの問題により、参加者同士の音声や講師の音声が聞き取りにくい…といったトラブルが発生することがあります。
映像だけでもある程度内容が理解できる研修内容であれば、大きな支障は生じないものの、コミュニケーションを重視するチームビルディングの場合は、音声トラブルは致命的です。
オンライン研修を実施する前に、参加者の音声テストやチェックなどを行っておくと、当日のトラブルを防ぎやすくなるでしょう。

まとめ

今回は、オンライン研修におすすめのチームビルディングゲームをご紹介しました。
時代の変化や新型コロナウイルスのなどの影響で、オンラインの需要が高まっています。とはいえ、まだまだ企業側がオンラインの環境に慣れていないケースが珍しくありません。
ぜひ、これを機にオンラインへも目を向けて、チームビルディングを取り入れてみてはいかがでしょうか。 

この記事を書いた人

IKUSA.jp編集部
IKUSA.jpでは、楽しさを主軸にした体験型のイベントや研修に関する情報をご紹介していきます。オンラインでもリアルでも、参加者全員が楽しめるイベントはIKUSAにお任せください。

RECOMMENDおすすめ記事

PAGE TOP