企業研修

2020 03.06

研修

研修会社における研修内容は?評判の良い会社ランキングも公開

犬千代
研修会社における研修内容は?評判の良い会社ランキングも公開

現代の企業の研修では、研修会社に委託するケースがあります。しかし、研修会社によって特性が異なるうえに、中には悪質な研修会社もありますので、慎重に判断しなければなりません。
とくに、研修会社への委託が初めての企業の場合、研修会社に関する情報収集をしっかりと行い、正しく理解したうえで検討する必要があります。そこで、今回は研修会社における研修内容や、評判の良い会社についてご紹介します。

研修会社とは?

研修会社とは?

研修会社とは、社会人としての意識向上やマナーを身に着けるといったことを目的とした人材育成のプログラムを提供する会社です。特に、新入社員に対する研修として、研修会社に相談するケースが多い傾向にあります。
研修会社によって具体的なプログラムは異なり、ビジネスの基本を重点的に研修したり、考え方や思考を深く学んだりすることができ、社会人にとって有益な研修となるのです。
企業内で研修を行うことも可能ですが、本来の業務とは別に研修のための準備に時間や手間をかけられないことから、研修会社に委託するケースが多くなっています。

研修会社での「研修内容」について

研修会社での「研修内容」について

研修会社で行われる研修の内容は非常に幅広く、様々なものがあります。
具体的にどのような研修が行われているのか、主に導入されている研修内容をご紹介します。

コミュニケーション

研修会社で行われる研修の内容として、まず挙げられるのが「コミュニケーション」の分野です。
一口にコミュニケーションといっても、あらゆる研修内容があります。例えば、実践で活用できる「相槌の打ち方、話し方」や、「用語の使い方」など、ビジネスにおけるコミュニケーションの基本を学ぶことができます。
また、ロールプレイング方式で実際にコミュニケーションをとり、自身の課題を見つけて解決方法を模索していきます。
特に、現代人はコミュニケーションに不安を抱える方が多いため、コミュニケーション関連の研修は重要と考えられるでしょう。

チームビルディング

研修会社による研修内容の一つが「チームビルディング」です。
チームビルディングとは、チームの団結力を高めるための取り組みであり、チームワークを構築するための研修が行われてます。具体的には、複数人でできるゲームを取り入れたり、チームで動く上で知っておくべきことを共有したりなどといったことが行われます。
組織の一員として働くということは、チームで動くということでもあるため、企業の成長のためにはチームビルディングが欠かせません。

部下育成

主に、部下を抱える社員に向けに行われている研修が「部下育成」です。
新人を育てるための指導方法や指示の出し方をはじめ、チームをまとめる方法なども学ぶことができます。
部下を抱える責任ある立場にいると、部下との距離感やチームの士気について悩みを感じることが少なくありません。管理職にありがちな悩みを解決しやすくするのが「部下育成」なのです。

マネジメント

研修会社では「マネジメント」を学ぶこともできます。
例えば、リーダーシップを発揮するための心構えや意識づくり、プロジェクトにおけるマネジメントなど、研修会社では幅広くマネジメント学習に関われるのです。
また、研修会社によってはマネジメントの研修を、企業の課題に合わせてカスタマイズしてくれるケースもあります。

リスク管理

研修会社における研修内容の一つが「リスク管理」です。
ビジネスでのリスクを想定し、未然に防いだり、損害を最小限に抑えたりといった基本的な考え方や実践的なスキルを身に着けることができます。
また、収益面に関するリスクだけではなく「ハラスメント」「コンプライアンス」「情報の取り扱い方」などあらゆるリスク管理を学べます。

ビジネスマインド

研修会社では「ビジネスマインド」について研修するケースも多いです。
社会人として働くにあたり、「向上心を持って取り組む」「問題に悩まされたときに適切に対処する」といったことは重要です。しかし、それぞれを理解して取り組むことは決して簡単なことではありません。
研修会社ではビジネスパーソンとして活躍するための基本的なマインドを培い、現場で活かすためのノウハウを学べます。

文書作成関連

ビジネスで必要な「文書作成」について学べるのは研修会社の特徴といえます。
文書作成が本業ではなくても、あらゆる業種で文書を作成するシーンがあるでしょう。例えば「メール」「説明書」「プレスリリース」「広報」「広告」など、あらゆる場面で文書を作成するものです。
文書作成に対する苦手意識を克服し、相手に確実かつ正確に伝わる文書を作成できるようにします。

業務改善

研修会社の研修内容として挙げられるのが「業務改善」です。
業務改善では、「業務における効率化」「生産性の向上」「整理力やファイリング」について学びます。ビジネスの場面では業務にムダが多くなってしまうという課題を抱えることも少なくありません。そういった業務の無駄を省きつつ、生産性を高めることができるように、研修を行うのです。

体験型合戦研修IKUSA公式サイトはこちら体験型合戦研修IKUSAのお問い合わせはこちら体験型合戦研修IKUSAの資料ダウンロードはこちら

研修会社を利用するメリット

研修会社を利用するメリット

研修会社を利用するメリットは意外にも多いものです。
実際、企業の規模を問わず研修会社に研修を委託するケースが多く、研修会社も豊富に存在しています。ここからは、研修会社を利用するにあたっての具体的なメリットを解説します。

自社の研修の時間や手間がかからない

研修会社を利用するメリットの一つが、自社の研修の時間や手間がかからないというものです。
自社で研修を行うとなると、計画を立てたり、資料を作成したりと手間も時間もかかります。また、通常の業務と平行して行わなければならず、負担が増えることとなってしまいます。とくに、人材が不足気味の企業の場合、通常業務と同時進行で自社研修の準備を行うことは難しいのが現状。
そもそも、自社で研修を行う場合「誰が行うのか」「どこで行うのか」「どんな研修をするのか」「どれくらいの期間行うのか」など決定していかなければならないことが山積みです。
すでに、通常業務で手一杯の企業や、人手不足に悩んでいる企業は研修会社を利用したほうが良いといえます。

研修のプロフェッショナルに社員研修を依頼できる

研修会社を利用するメリットとして挙げられるのが「研修のプロフェッショナルに社員研修を依頼できる」です。研修会社は研修におけるプロですので、「研修プログラム」「研修方法」などが適切といえます。
自社で研修を行う場合、「伝えたいことがうまく社員に伝わらない」「研修の効果が得られない」といった問題が生じることも多いため、研修会社に依頼するのは有益な判断といえます。
また、研修会社であれば企業の特性に合わせてプログラムを組んでくれることもありますので、自社に適した研修を行うことができるでしょう。

費用対効果が高い

研修会社に研修を依頼することは、「費用対効果が高い」というメリットを得ることにもつながります。
研修会社に委託する場合、一定の費用が発生しますが、コストをかけた以上の研修効果を得られる可能性が高いです。自社の手間は一切なしで、自社の要望に沿った研修を行ってくれるのが研修会社です。「研修の進め方」「社員との接し方」など、正確な方法を熟知しているといっても過言ではありません。
実際、研修会社に研修を依頼したケースと、研修を自社で行った場合とでは社員のモチベーションやスキルの身につき方などが大きく異なることが多いです。
研修の効果を得たいのであれば、むやみに自社で行わず「研修会社」に委託することをおすすめします。

研修会社を利用するデメリット

研修会社を利用するデメリット

研修会社の利用には魅力的なメリットが並んでいます。しかし、一方でデメリットも存在するため、きちんと把握したうえで検討しなければなりません。
具体的にどのようなデメリットがあるのでしょうか。ここからは研修会社を利用するデメリットについて解説します。

費用がかかる

研修会社を利用するにあたり、デメリットとして挙げられるのが「費用面」の問題です。
当然ですが、研修会社を利用する場合はそれなりに費用が発生します。具体的な費用は研修内容によって大きく異なりますが、数十万円~数百万円単位で必要となるのが現状です。
特に「新入社員研修」は費用が高額になる傾向にありますので、企業の予算と照らし合わせて検討する必要があります。
また、仮に単発セミナーのようにごく短時間の研修であったとしても数万円もの費用がかかることがほとんどです。いずれにせよ、研修会社の利用には高額な費用が発生することを頭に入れておかなければなりません。

研修会社を選ぶ手間がかかる

研修会社を利用するうえでのデメリットとなるのが「研修会社を選ぶ手間がかかる」といった点です。
現在、国内には非常に多くの研修会社が存在しています。そのうえ、すべての研修会社が信頼できるとは言いきれません。研修会社によっては悪質な会社がありますし、研修内容に対する費用が見合わないといったトラブルも発生しています。
研修会社選びは慎重に行わないと、悪質な会社に依頼することとなってしまうため注意してください。

評判の良い研修会社ランキング

評判の良い研修会社ランキング

国内には様々な研修会社がありますので「どこに依頼すればよいのか分からない…」と悩む方が少なくありません。
そこで、ここからは国内でも評判の良い研修会社をご紹介します。信頼できる会社に相談するためにも、以下からの内容をご覧ください。

1位 ヒューマンホールディングス

評判の良い研修会社として、まずご紹介するのが「ヒューマンホールディングス」です。
同社は研修メニューが幅広く、かつ豊富であることから、多くの企業の研修実績があります。具体的には「新卒向けマナー研修」「リーダーシップに重きを置いた勉強会」「メンタル関連の研修」など、他の研修会社にはないプログラムも設けています。
また、ヒューマンホールディングスは、専門学校や幼児教室なども運営していることから、教育関連の分野については知識・実績ともに豊富といえます。

2位 リクルートマネージメントソリューションズ

リクルートマネージメントソリューションズは、企業の課題に合わせて柔軟に対応してくれる研修会社です。
特に「マネジメント」の研修は評価が高く、大手自動車メーカーでも取り入れられているほど。年間受講者は18万人以上という大手研修会社でもあります。
ちなみに、総合検査である「SPI」を開発したのもリクルートマネージメントソリューションズです。

3位 リンクアンドモチベーション

リンクアンドモチベーションはコンサルティングも受け持つ研修会社です。
「モチベーションエンジニアリング」をコンセプトとする研修会社で、「人材」と「組織」を結びつけることを重要視しています。そのため、従業員のスキルアップとともに「組織づくりを行いたい」という企業に適した会社です。

4位 インソース

インソースは2002年に設立された、比較的新しい研修会社です。しかし、国内にはすでに21か所(20202月時点)の拠点があり、幅広いエリアの企業研修に携わっています。
具体的な研修内容は「メンタルケアサポート」「法人向け研修」「システム開発・販売」などで、スキルアップだけではなく従業員のメンタルケアも研修に取り入れています。
また、インソースではオーダーメイドでのプログラム構築も可能で、企業の特性に合わせた研修計画を立てられるのが魅力です。

5位 グロービス

評判の良い研修会社の一つが「グロービス」です。
グロービスは「定型」と「カスタマイズ」の2種類の研修を設けていて、企業の要望に応えた研修を行っています。また、同社は経営学にも精通していることから、ビジネスにおける戦略や思考、意識向上なども丁寧に研修しているのが特徴です。
実践的なスキルを身に着けられる研修を行っているため、新人研修やリーダー層の研修におすすめできます。

研修会社を選ぶポイント

研修会社を選ぶポイント

国内には様々な研修会社が存在していますが、「どれを選んでも同じ」というわけではありません。企業に合った研修会社を選ばなければ、効果が期待できない可能性があります。
研修会社を選ぶ際には、どのようなポイントを理解しておけば良いのでしょうか。

講師の経歴や実績

研修会社を選ぶにあたり、チェックすべきポイントといえるのが「講師の経歴や実績」です。
一口に「研修会社の講師」といっても、過去の経歴や実績は様々。悪質な会社の場合、「そもそも研修を行えるほどの経歴も実績もない」といった人間が講師となることもあります。
企業の課題に寄り添えるような講師であるかをしっかりと確認してから、研修会社を選択しなければなりません。
特に「これまでの研修経験」「法人向けの研修などで成功に導いた実績」などは、絶対にチェックしておくべきポイントといえます。

研修メニュー

研修会社を選ぶ際には「研修メニュー」を確認しましょう。
研修会社によって設けている研修メニューは大きく異なります。企業が希望する研修を行っている会社に依頼しないと、無駄なコストをかけることとなってしまうため注意しなければなりません。
また、同じ研修メニューであっても、研修会社によって方向性や実施方法などが異なります。「具体的にどのように研修を行うのか」「この研修メニューでは何を学ぶのか」といった点を確認し、納得したうえで選ぶことが大切です。

コスト

研修会社を選ぶにあたり、チェックしておくべきポイントであるのが「コスト」です。
本ページで触れたとおり、研修会社を依頼する場合はコストがかかります。どのような研修を行うかによって具体的な費用は異なるものの、一般的に数十万円~数百万円のコストが発生するため、企業の予算と照らし合わせて検討しなければなりません。
また、研修会社を選ぶ場合は、複数の会社でコストを比較することも大切です。例えば、それぞれに同じ研修メニューを依頼した場合、どこの会社が安価であるかを調べることで、悪質な業者を見抜きやすくなります。
安心して研修を依頼するためにも、必ずコスト面をチェックし、企業にマッチする研修会社を探しましょう。

研修は専門会社を選ぶのがおすすめ

研修は専門会社を選ぶのがおすすめ

研修は専門会社に依頼することがおすすめです。
自社で研修を行うケースも少なくありませんが、通常業務に追われながら研修の準備を進めることは負担が大きいもの。従業員の負担が増えるだけではなく、企業の売り上げの低迷にもつながるため注意しなければなりません。
特に、研修を検討して間もない企業や、研修が初めての企業は、むやみに自社で対応するよりも、プロフェッショナルである研修会社に依頼したほうが費用対効果も高いといえます。
研修を検討している企業は、本ページの内容を把握し、自社に合った専門会社を探してみてください。

お問い合わせはこちら

資料ダウンロードはこちら

この記事を書いた人

犬千代
SEOライターとしてWeb業界に入り、今年で業界4年目のライター兼「ikusa.jp」編集長。
リアルアクティビティ事業とデジタルマーケティング事業を展開する株式会社IKUSAにて、イベント運営、事例記事・ノウハウ系記事の執筆に尽力。
研修・社内イベント・周年イベントなどの現場に触れながら、日々実感しているチームビルディングやコミュニケーションの大切さを記事に書き連ねている。

RECOMMENDおすすめ記事

PAGE TOP