企業

2018 07.17

チャンバラ合戦

日本初!ダンボール城でチームビルディング!?トレンダーズ×チャンバラ合戦!

蘭丸
日本初!ダンボール城でチームビルディング!?トレンダーズ×チャンバラ合戦!

皆さまご機嫌麗しゅう! 信長さまの天下のため、日本全国を駆け巡る最強小姓。合戦武将隊信長偏愛!蘭丸にございます。

社員旅行の幹事さんにとって、悩みの種はイベント。近年はチームビルディングにも役立つ体験型の社員旅行も人気ですが、そんな都合の良いイベントはなかなか見つかりませんよね。そこでおすすめなのがチャンバラ合戦。

本日はトレンダーズ株式会社様の社員合宿でのチャンバラ合戦の様子をお伝えします。しかもこの日は、段ボールを使用し、自分たちで城をつくるという戦いを展開しました。

このいくさのメリットともにお伝えしていきます。

 チャンバラ合戦-戦 IKUSA-公式サイトはこちら

トレンダーズ株式会社とは

トレンダーズ株式会社様は、インフルエンサー・メディアなどの独自ネットワークを強みとし、生活者の多様化、細分化に対応した「次世代型マイクロマーケティングカンパニー」を提供する企業なのです。

なんだか聞いただけでもワクワクしてしまいますね。

今回はそんな素敵すぎる企業様の社員合宿に出陣してきました!

 

トレンダーズ株式会社公式サイトはこちら

チャンバラ合戦とは

チャンバラ合戦は、腕に付いたカラーボールの命を柔らかい刀で落とし合う簡単で楽しいアクティビティ。

合戦の間には軍議が挟まり、その軍議に沿って次のいくさ。そしてその反省を踏まえてまた軍議……というPDCAサイクルを行うことができ、まさに社員旅行や研修のチームビルディングに最適なアクティビティなのです。

しかも今回は、お城の城壁となる段ボールを用意。よりチームビルディングの要素が高まりました。

戦国プロデュース公式サイトはこちら

段ボール城とは?合戦の様子をご紹介!

それではいよいよ、トレンダーズ株式会社の皆さまの戦いを見ていきましょう。

今回の目玉はなんと言ってもこの段ボール。各軍同じ数のダンボールが渡され、これを好きなように組み立ててお城に見立てます。ルールは、人が2人以上通れる入り口を3つ作ること。各軍、どのようなお城が有利か、真剣に軍議を進めていました。

もちろん段ボール城があることで、軍議だけでなくいくさも白熱! 敵を引きずり出して白兵戦に持ち込むか、敵の城に攻め込むか……はたまた、あえて城の中におびき寄せるか。各軍の特色の出る戦い方で、戦況はめまぐるしく変わっていきます。

現代の攻城戦、まさにここにあり!

写真を見ていただくとわかる通り、トレンダーズ株式会社のお侍は、女性がかなり多かったのですが、皆さま男性以上の力を見せていただきました!

「女性の私でも楽しめた」「スタッフさんがイケメン」などのお声もいただき、評価は上々。女性にも楽しんでいただけるアクティビティであることを証明しました。

チャンバラ合戦に、段ボール城を用いるメリット

それではここで、チャンバラ合戦に段ボール城を用いたことで期待されるメリットをご紹介していきましょう。

メリット1. 高いチームビルディング効果が期待できる

通常のチャンバラ合戦でも、軍議から合戦の流れで十分なチームビルディングが期待できますが、そこに段ボール城を導入することで、より高い戦略性が要求され、話し合いの幅が広がります。

話し合うだけでなく、協力して城を組み立てる作業もあり、即席での役割分担が重要となるため、まさに一時的な組織が結成されます。これにより、チームとしての一体感はより高まることでしょう。

メリット2. 戦いがより白熱する

障害物があることで、合戦自体がより白熱します。特に大将を討ち取りあう大将戦はかなりスリリング。通常のいくさより攻め込みにくく、なかなか勝敗が決まらないため、より激しい戦いになります。

メリット3. とにかく手軽に戦える

段ボールの準備はもちろん戦スタッフにおまかせでOK。手軽に段ボール城を導入できます。しかも段ボールなのでとってもエコロジー。環境にも配慮されています。

メリット4. もちろん安心安全

素材はもちろん100%段ボールなので安全です。中には何も詰めず、箱同士を接着しないので非常に軽い素材です。もし崩れてきたり、ぶつかったりしてもけがをする心配はありません。

ただし、通常のチャンバラと同じく、全力ダッシュやタックルは禁止。もしそれでお城が崩れて相手の命が落ちても無効ですよ。

 

チャンバラ合戦-戦 IKUSA-公式サイトはこちら チャンバラ合戦-戦IKUSA-のお問い合わせはこちら

その他の実施例

段ボール城を取り入れたチャンバラ合戦を行った企業として、トレンダーズ株式会社様以外にも、アクセルマーク株式会社様があります。

こちらはさらに多くの段ボールを使用。段ボールの数や、重ねて良い段ボールの上限など、ルールを調整することで企業や企画にあった合戦を行うことができます。

段ボールだけでなく、参加者もかなり多く、こちらも白熱した大合戦となりました。

軍議も真剣そのものです。

まとめ

段ボール城を用いた合戦の様子を見てきました。

通常のチャンバラ合戦ももちろん大盛り上がり確実。そしてチームビルディングもばっちりなのですが、段ボール城を導入することでその効果はさらにアップします。ただの段ボールが本当の城壁に見えてくるから不思議。童心に帰って楽しむことができます。

子ども心を取り戻しつつ、本格的なチームビルディングが体感できるダンボール城チャンバラ合戦を、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

それでは、次の合戦でお会いいたしましょう

この記事を書いた人

蘭丸信長偏愛!蘭丸
twitter
燃え盛る本能寺から信長様を背負ってやってきた!?
「信長様の天下」のため、今日もチャンバラ合戦を盛り上げる。
愛すべき狂気の小姓、蘭丸。

RECOMMENDおすすめ記事

RECOMMENDおすすめサービス

PAGE TOP