企業

2018 06.24

チャンバラ合戦忍者合戦水合戦

マザー牧場でチームビルディング?広大な芝生でフォトジェニックに合戦!

元親
マザー牧場でチームビルディング?広大な芝生でフォトジェニックに合戦!

皆様こんにちわ! 牛乳大好き、気炎万丈@元親でございまする!!

今回はマザー牧場でのチャンバラ合戦を社員旅行に導入した、株式会社マトリックスさまの事例を取りあげさせていただきますぞ。

本当に良き戦でござったので、ぜひご参考ください。

※ここからは現代語でご説明いたす!

チャンバラ合戦-戦IKUSA-のお問い合わせはこちら

 

マザー牧場のスケールの大きな戦いで社員旅行が盛り上がる

合戦場所を決めることは幹事さまがぶつかる最初のステップですよね。「チャンバラ合戦もできる場所が限られているのでは?」とお考えの方も多いと思います。もちろん、参加者人数との兼ね合いはありますが、ご相談次第では宿泊場所や研修場から近い場所での開催は可能です。

株式会社マトリックスさまが選んだ会場は、「マザー牧場」。広大な敷地面積を誇るマザー牧場の中でも、牛の牧場、キャンプ場横の広場は木立に囲まれたプライベート感のある空間です。規模の大きな企業様のイベントにも十分に対応できる広さがあり、合戦場にはもってこいでした。

幹事さんも安心の段取り「チャンバラ合戦–戦IKUSA-」を取り入れる

当日のイベントの段取りと司会進行は、運営スタッフにお任せで、幹事さんも安心してチャンバラ合戦にご参加いただけます。マトリックスの乱はどのように展開されていったのか、当日の様子をご覧いただきましょう。

開会式

株式会社マトリックス様は、チームを4チームにわけ各チームのリーダーとして大将を決めていました。各軍大将から意気込みを語ってもらってから、運営スタッフがルールの説明を行います。

準備運動

チャンバラ合戦は体を激しく動かします。そのため、必要に応じて戦の前に準備体操も組み込んでいます。準備運動も楽しく、2人1組となり行いました。

全滅戦

チャンバラ合戦には、3つの基本合戦形式がございます。その中で一番目に行ったのが、「全滅戦」。2軍以上に分かれて多数決で勝ち負けを決める一番オーソドックスな戦です。敵軍を全滅させるか時間内に多く倒したチームが勝利となります。

チームワークが求められる合戦形式です。軍議で戦略を練って、いざ、出陣!

大将によるエキシビション

お次の合戦は、各軍大将だけで戦うエキシビジョンでした。こちらは特別ルールです。4軍の各軍大将の戦いをみんなで観戦します。黄軍大将と赤軍大将が同盟を組むなど企業様の雰囲気がよく出る面白い合戦となりました。このように、企業さまによっては特別ルールを作って戦うことも可能です。まずは、ご相談ください。

大将戦

次の合戦は、チャンバラ合戦の基本合戦形式の一つ、大将戦です。敵軍の大将の命を落としたら勝ちとなるルールです(他に何人残っていても意味無し)。そのため、自軍の大将をしっかりと守り、敵大将を攻める必要があります。戦術とチームワークが勝負の決め手となります。団結を生みやすい合戦形式です。

バトルロイヤル

基本合戦形式の最後の合戦です。その名も「バトルロイヤル戦」です。これまでの仲間と袂を分かち全員が敵となり戦います。合戦の締めに行えば盛り上がり間違いなし。個人No1を決める戦いです。企業内、最強の侍を決める戦いということで、マトリックスさまもかなり盛り上がっていました。

閉会式

多くの合戦を経た人たちは本当に笑顔になります。みなさん楽しんでいただけたようでした。この後、合戦の結果を発表する「表彰式」を宴会の中で行ったようです。「表彰式」を合戦直後に行う企業さまもございます。そちらもご相談次第で、変更できますので気兼ねなくご相談ください。

チャンバラ合戦-戦IKUSA-のお問い合わせはこちら

社員旅行を行うメリットとは?

このように多くの企業が導入している「社員旅行」ですが、旅費のほとんどは会社負担、企画・開催には時間と労力がかかります。ではなぜ多くのコストを払ってでも、多くの企業が社員旅行を行うのでしょうか?

主な社員旅行の目的は以下のようなものがあります。

1 社員同士のコミュニケーションの活性化のため

同じ社内で働いていても、部署が変わると知らない人や、メールのやりとりのみになっている人たちがたくさんいます。そんな方々も、社員旅行の機会に顔を合わせ、コミュニケーションを取ることができることで、互いに仕事がしやすくなります。

また、社員旅行を通して他の部署の仕事内容などを知る機会にもなり、自社の社会的役割や商品・サービスについて深く知る機会になることもあります。

2 離職率を下げるため

今や大卒の新入社員の約3割が3年以内に離職するとされる時代です。離職率が高いほど採用や教育にコストがかかり、また社内にノウハウが蓄積できないため、離職率を下げることは経営において大事な課題です。社員旅行を、組織力や社員同士の絆を高める機会として利用したり、旅行中のさまざまな企画を通し職場や自社商品への愛着を高めたりと、会社への忠誠心の向上をはかり、離職率を下げることを目的とします。

3 リフレッシュのため

社員旅行の目的地と言えば温泉が定番のイメージですが、実際行く場所はさまざまです。普段と違う環境で羽を伸ばし、互いに仕事を忘れて交流する中で気分が一新され、帰ってきてからも仕事に精が出るといった効果が期待できます。

4 人材育成のため

昔は慰安旅行が主でしたが、最近は研修目的の社員旅行も増えています。研修と言ってもいわゆる座学だけではなく、工場見学や専門家によるセミナー、ゲーム形式の研修プラン、時には運動会などが組み込まれることも多いです。これらは、知見を広げることによって社内の生産性やモチベーションを高める効果が期待できます。

こうした社員旅行の企画や旅行中のさまざまな活動は、団体活動を学んだりリーダーシップを経験させたりする貴重な機会となるのです。

このように「社員旅行」はただ楽しむことが目的ではなく、社内環境や仕事の質を向上させる目的とした手段にもなるのです。これがすべて叶えば理想的ですよね。

チャンバラ合戦-戦IKUSA-で理想的な社員旅行を。

まとめ

社員旅行を取り巻く状況は、実施数は伸びているものの、参加者の満足度は企画内容によってさまざまです。社員が参加したいと思えたり、参加者が満足して仕事へ好影響が生まれたりと、社員旅行の質を決めるのは、幹事の腕の見せどころ。

今回の内容が、行きたくない社員旅行を行きたいと思わせるものに変えていくきっかけになれば幸いです。

この記事を書いた人

元親気炎万丈!元親
twitter
四国の雄、長宗我部元親の化身。海を愛する合戦武将隊随一の戦馬鹿、元親。
朝から晩まで合戦と宴のことしか考えない男は戦と聞けば何処へでも!
MCや脚本を得意とし、戦場に立てば大人から子供まで誰にでも好かれる、「男が惚れる男」、それが元親。

RECOMMENDおすすめ記事

RECOMMENDおすすめサービス

PAGE TOP