企業

2018 06.24

チャンバラ合戦忍者合戦

江戸ワンダーランド(日光江戸村)へ社員旅行!そこで開催できるチームビルディングイベントとは!?

元親
江戸ワンダーランド(日光江戸村)へ社員旅行!そこで開催できるチームビルディングイベントとは!?

社員旅行の幹事に任命されたけれど、どこに行けば良いのかも、何をしたら良いのかもわからない。費用も決められているし、質の低いものにもできない。かといって無難なルートを選ぶわけにもいかないし……。とにかく幹事さんにとって、社員旅行のコースを決めるのは大変なもの。

さらに、近頃の社員旅行に求められるのが「チームビルディング」。ただでさえコース決めに困っているのに、そんな面倒そうなことまで求められたらもうどうしようもない! 今回は、そんな悩める幹事さんのために、楽しみながらチームビルディングもできる、関東での社員旅行おすすめコースを、ぴったりのアクティビティとともにご紹介します。

 

江戸ワンダーランドでチームビルディングができるチャンバラ合戦!-戦 IKUSA-

近頃、江戸ワンダーランドに社員旅行にやってきた方々が楽しんでいるのがチャンバラ合戦-戦 IKUSA-。これこそまさに、チームビルディングにぴったりのアクティビティなのです。

戦い方はとても簡単。スポンジ製の「刀」を持ち、腕についたカラーボールの「命」を落とし合うというもの。それを何軍かに分かれて行います。ちなみに戦の合間には「軍議」が行われ、各々で意見を出し合いながら作戦をたて、戦うことになります。完全なるチーム戦なので、まさにチームビルディング向け。

その満足度は95%!

みんなで作戦をたて、実際に戦って勝利を目指すという、これまでにない熱く楽しいチームビルディングとなるのです。

 

チャンバラ合戦-戦 IKUSA-公式サイトはこちら

 

実際の合戦の様子がこちら

とはいっても、説明だけではイマイチしっくりきませんよね。
そこで、実際に江戸ワンダーランドでチャンバラ合戦-戦 IKUSA-を行った株式会社アンテリオ様の合戦の様子をご紹介します。

ばっちりコスプレで決めてきた参加者の皆さま。チームビルディングだからと肩ひじを張らず、思いっきり楽しめるのがチャンバラ合戦 -戦 IKUSA-の特徴!

おーっ! と大きな声をあげるのが戦の合図。一体感が高まること間違いなし。

戦の様子。軍議のとおりに動ける人もいれば、忘れて盛り上がってしまう人も(笑)

大人が思いっきりチャンバラを楽しむ機会自体があまりないので、楽しめることは間違いなし。そんななかで一人一人の動きがチームの勝敗に直結する戦いが行われます。

軍議はチームごとに円になって行います。戦い方がわからなくてもご安心を。各軍に一人「軍師」がつき、侍となった皆さまに戦い方を伝授したり、軍議を盛り上げたりしてサポートします。

いかがでしたか? 楽しそうでしょう!

日光東照宮から江戸ワンダーランドのコースの途中にチャンバラを挟めば、実際に戦国時代で戦ったと徳川家康に思いをはせながら戦うことも可能。侍になって楽しんでいるうちに、自然と上司や部下、先輩後輩の垣根を越えてより親密になり、チームの勝利へ向かうことがチームビルディングになるのです。

 

チャンバラ合戦-戦IKUSA-の資料ダウンロードはこちら

 

最後は温泉&宴会

チャンバラで汗をかいたら後は温泉宿へ。温泉に入り、料理を味わいながら当日の出来事を振り返りながら話ができればチームビルディングもばっちり。しかも、旅行後に疲れを残さないという完ぺきな社員旅行になるでしょう。

 

チャンバラ合戦-戦IKUSA-のお問い合わせはこちら

 

まとめ

いかがでしたか? なにかと後ろ向きになりがちな社員旅行を素晴らしいものにするために、日光エリアでチャンバラ合戦-戦 IKUSA-を含むコースはおすすめです。

戦国時代の侍たちは、一致団結して勝利のために戦っていました。日光東照宮や江戸ワンダーランドを巡り、チャンバラで戦うこの社員旅行コースは侍になりきって社員一丸を目指せる機会です。楽しい上にチームビルディングにも効果があれば、きっと幹事さんの株も上がること間違いなしですよ。

社員旅行でお悩みの幹事さん、ぜひこのような社員旅行を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

チャンバラ合戦-戦IKUSA-のお問い合わせはこちら

 

参考サイト:

【おすすめ】社員旅行の人気スポットを大公開!〜2017秋編あり〜|職場旅行.com

この記事を書いた人

元親気炎万丈!元親
twitter
四国の雄、長宗我部元親の化身。海を愛する合戦武将隊随一の戦馬鹿、元親。
朝から晩まで合戦と宴のことしか考えない男は戦と聞けば何処へでも!
MCや脚本を得意とし、戦場に立てば大人から子供まで誰にでも好かれる、「男が惚れる男」、それが元親。

RECOMMENDおすすめ記事

RECOMMENDおすすめサービス

PAGE TOP